January 14, 2005

ニュースいろいろ

marseilleご存知のように中田浩二選手がマルセイユの練習に参加しているのですが、店頭で見たスポーツ新聞では大々的に、まるで移籍が決定的であるかのように書いてありましたね。よほど話題が少ないのでしょうか(笑)。

ガゼッタさんは1月13日の日記で、「ロングフィードを期待しているのか?」という趣旨で書かれていて、こちらでは、フランス語に堪能、フランスリ-グでの試合にも詳しい発汗さんが、「ボランチではないか」と考察をされていますね。

私は単純に「左足の使える選手を求めている」のじゃないかなと思います。欧州の監督はかなりかたくなに「左側には左足の選手」と決めているような人がいますよね。中田浩二選手は、左アウトサイド、左CB、ボランチの左側、もしや4バックなら(ないだろうけど・笑)左サイドバックなど、さまざまなポジションで起用できると思っているのではないでしょうか(もちろんその左足の正確さ、1vs1の基本の高さなどは前提にして、ですけどね)。

マルセイユの公式サイトのほうでも、練習風景の写真入で紹介されているようで、これはかなり期待されていることは間違いないような気がします。

実際に決定するかどうかはまだまだわからないと思いますが、後ろのほうの選手の移籍は戸田以来ですし、もしや左CBで起用されるとなるとディフェンダーの移籍第1号ですよね。楽しみに続報を待ちたいと思います。送り出す鹿島のほうは複雑でしょうけど・・・。

muraiBNさて、以前にご紹介した「村井をこのまま行かせていいのか」ですが、主催者の一人Friskさんのほうから、村井へのメッセージを渡しに行ったご報告があがってきています。こういう活動も、それをきちんと受け入れ、話をしてくれるクラブ関係者の方も、ともにすばらしいですね。すべてが上手く回っていくことを祈っています。

それと、第4回フットボールカンファレンスの宇都宮徹壱さんのレポートが出ていますね。やはり審判問題のセッションが印象が強かったようで、その部分が中心です。宇都宮さんの冷静な筆致の感想に基本的には同意なのですが、ただ、判定に関する議論は「審判のほとんどがまだ一種のアマチュアである」という点がこれまでは障害になってきたのではないかと思います。その点をどう打破していくか、いずれまた考えてみたいと思います。

もうひとつ、北朝鮮が海南島で合宿を開始したようですね。

さらに北朝鮮チームが、日本メディアの動向に強い警戒心を示し「写真撮影は仕方ないが、選手やコーチへの取材は絶対に受けない」とする役員のコメントを紹介した。

うーむ、いわゆる「ヴェールに包まれている」という奴ですか。メディアのほうは早速手ごわさをアピールしているようですが、こういう報告もあります。

北朝鮮なんて「フツー」だぜ!

とのことなので(笑)、もちろん油断はいけませんが、過度に恐れすぎることもないでしょう。きちんと準備をして、アジアカップの時の日本の「落ち着き」を再現できれば、

 小柄でスピーディーな攻撃陣は脅威になりうるが、なにせ攻撃がワンパターンなのだ。守備もイージーなクリアミスが目立った。(中略)

だが、逆にこの「ヨン様」のラインが断たれると、攻撃はワンパターン化する。UAE戦では後半13分に先制され「ヨン様」に疲れが出始めると、やみくもに相手の深いDFラインにスピードで突っ込み、自滅した。

この日は、1次予選の得点王ホン・ヨンジョが欠場したが、基本的には小柄で一本調子のチームであることには違いはないだろう。

というチームらしいですし、きっちりと勝ち点3をあげることができると思います。選手、監督にはオフも短くなり大変だと思いますが、ここが第1の正念場ですから、ぜひしっかりと準備をして欲しいですね。

それではまた。

01:25 AM [ニュース] | 固定リンク | コメント | トラックバック(0)|

December 19, 2004

悔しい&心配なニュース

V6010003なんと、韓国は3-1でドイツに勝ってしまったようです。ちょっと、いやかなり、いやとても悔しいですね(写真は日本vsドイツ戦のドイツサポが国旗を広げているところ)。

コンディションや組織の充実度、モチベーションそのほか、いろいろな要因があるでしょうから、一概には比べられませんが、やっぱり永遠のライバルにいい結果を残されると、うれしくはないですね。

うわさによると、ドイツはこんな具合だったようですね?

-----クローゼ----クラニー------
---------バラック----------
シュバインシュタイガー------シュナイダー
---------エルンスト---------
ラーム--ヴェアンス--フリードリヒ--ヒンケル
---------カーン-----------

クラニーやラームやヒンケルといった、UEFAカップのために日本戦を欠場したシュツットガルト組も、出場しているようですね。時間がたって、日本戦に来ていたメンバーの時差ぼけは解消してきているかもしれませんが、日本戦を終えて深夜に韓国入り、中二日で試合、ということで、メインメンバーのコンディションは低下しているに違いありません。それが大きく影響しているのでしょう。きっとそうだ。そうに決まっています。

ただ、前回も書きましたが、日本戦でもドイツは初代表3人、19歳のポドルスキーや20歳のメルテザッカーを起用した上に3トップを「試す」という「明日のために」モードだったのであって、けして完成度の高いチームだったわけではありませんね。クリンスマン監督になって4試合消化しただけの、まだまだこれから、発展途上のチームでした。そういう意味では、未完成のドイツに対して、韓国がこのような結果を出すのは不思議ではありません。ありませんが、イヤな気分ですね(笑)。

韓国はこんな感じでしょうか?(数字は年齢)

-----------イ・ドング(25)-----------       
キム・ドンヒョン(24)-------------チャ・ドゥリ(24)      
----------キム・ドヒョン(22)-----------
キム・ドンジン(22)------------パク・キュソン(23)
----------キム・サンシク(28)----------
-パク・チェホン(26)-キム・ジンギュ(19)-パク・ドンヒョク(25)-
-----------イ・ウンジェ(31)-----------

こちらも日本と同じく海外組はほとんど呼んでいないのですね。国内組、若手が多いチームのようです。試合展開は、

金東進(キム・ドンジン/ソウル)が先制ゴール、李東国(イ・ドングク/光州)が勝ち越しゴール、チョ・ジェジン(清水)が駄目押しゴールを決め、バラックのFKで反撃したドイツを3-1で下した。

というものだったようです。うーん、見てみたいですね~ホントに。ちなみにドイツ代表クリンスマン監督は、

 3日前に戦った日本との比較については「ジーコとボンフレールがそれぞれやっていることだし、それについてのコメントは避けたい」と心配り(?)をしていた。

とのことで、これはプロの監督同士では当たり前のコメントですね。しかし、ますます「うかうかしていられない」感が強まってきました。日本も危機感を持って、さらにさらに向上していきたいですね。

ところで、もう一つイヤなニュースが飛び込んできました。小野が冬季中断中に足首の古傷の手術をするだろう、というのです。北朝鮮戦出場は微妙だろう、とのこと。いまや日本代表の要ともいえる小野の怪我、とてもとても心配ですね。

私は2月の北朝鮮戦はあまり不安視していないのですが(ホームですし)、代表うんぬん以前に、小野にはプレーヤーとして、一人の人として、怪我を早く治して欲しい気持ちでいっぱいです。

月曜から楽しくない記事でイヤですね。うーん。それではまた。

11:41 PM [ニュース] | 固定リンク | コメント | トラックバック(0)|