March 03, 2007

なでしこプレーオフ迫る

ひな祭りの日ですね。だから、というわけではないですが、今回はなでしこジャパンに関するお知らせです。

なでしこジャパンは、今年中国で開かれる女子ワールドカップに出場するため、メキシコ代表とホーム&アウェイで大陸間プレーオフを戦います。その決戦の第一弾(ホーム)が、いよいよ間近、3月10日(土)に迫ってきました。厳しい戦いになるでしょうが、ぜひともワールドカップへの切符を勝ち取って欲しいですね。

それへ向けてのイベントがあるそうなので、こちらで告知のお手伝いをいたします。

***************


元なでしこジャパン川上直子さんが登場!(フットボール道場)

ゲスト 川上直子さん(元なでしこジャパン) 江橋よしのりさん(サッカーライター)

3月7日(水) 開 場・・・・19時00分 開 演・・・・19時30分 

会場 DISCO PANTS

****************

プレーオフは3月10日(土) 14時 国立霞ヶ丘競技場

なんといっても記憶に鮮やかなのは、同じ国立で強国北朝鮮を下してアテネ五輪への出場を決めた試合ですね!あの時は国立に31324人が集い、その前でなでしこジャパンが素晴らしい、「これが日本のサッカーだ!」といいたくなる戦いを見せてくれて、出場権を勝ち取ったのでした。あの時のように、また国立を埋め、その力で女子代表の背中を力強く押したいものですね。私も事情が許す限り、国立へ参集したいと思っています。

それではまた。

01:05 AM [なでしこジャパン] | 固定リンク | コメント | トラックバック(1)|

August 21, 2004

なでしこ敗退

なでしこジャパンは、アメリカ相手に1-2で負けてしまいましたね。

やはりアメリカはひとり一人の能力が高かったですね。しかし、以前はかなわなかった日本ですが、それに臆さず向かっていき、五分に近いところまで戦えるようになっていたのですから、この2年の進歩はすばらしいです。

アメリカは、体が強いだけじゃなくて、倒れそうになった後のプレーする意志がすごかったですね。普通なら取れているボールが、何度も持ち直されて、アメリカボールになってしまう。1失点目もそれによるものですね。なでしこたちには、これを体に刻んで、Lリーグでも忘れないで欲しいですね。

2失点目は、ボックスはオフサイドじゃないけど、ワンバックはボールが蹴られた瞬間にはオフサイドポジションにいた。その後のプレーは「オフサイドポジションにいたことで利益を得たプレー」であると思うので、あれは本当はオフサイドなのではないでしょうかね。まあ判定は、大局的に見ればこちらにもあちらにも平等に「下手さの被害」を与えているはずだし、「オフサイドポジションにいたことで利益を得たプレー」かどうかは審判が判断することなので、文句は言わないけれど。

前半はちょっと守備的過ぎたけど、失点してからはなでしこらしいプレーも随所に見られました。攻撃では、時として押している瞬間もあるくらい?日本の選手のテクニックは、けして負けていない。それを生かして組織的に戦うサッカーは、十分に「世界ランク2位」に通用していました。だからこそ、惜しい、悔しい、残念ですね。

でも、メダルという目標は果たせなかったけど、五輪初勝利、初決勝トーナメント、という歴史は刻んできた。そしてなにより、なでしこジャパンがこれまでにないほど、世間の注目を集めた。これはすごいことですよ。選手たちは、自分たちの力で大きなことを成し遂げました。

Lリーグが、これまで以上に盛り上がりますように。そこでまた力を蓄えて、次のなでしこジャパンでは、もっと強くなった姿を見せてくれるでしょう。

現在のJFAのトップページは、涙ぐむなでしこジャパンですね。今は涙が止まらないかもしれないけど、胸を張って日本に帰ってきてください。

お疲れさま、そしてありがとう。

それではまた。

10:16 PM [なでしこジャパン] | 固定リンク | コメント | トラックバック(2)|

August 15, 2004

次だ、次 2!

惜っしい~!!!!!

序盤は確かにちょっと押されていましたよ。油断、とまではいかないけれど、ほんのちょっとだけ試合の入り方がうまくいかなかったかもしれない。ナイジェリアの予想以上の速さ、強さに戸惑ったこともあるかもしれない。

さらには、ナイジェリアは意外と個人能力勝負じゃなくて、後ろから次々と忠実にフリーランしてくる。ボールホルダーの速さを警戒して、一瞬間を空けてディフェンスしてしまうと、追い越してくる敵に簡単にパスを出されてしまう。それやこれやがあいまって、序盤は後手後手に回ってしまいました。

しかし、10分過ぎから日本もペースを取り戻します。前戦でも見られた、2人、3人と連動し、体を張っていくしっかりとしたプレス、そこから技術を生かしてすばやく展開、小林の個人技からの突破、クロス、次第にゲームの主導権を握るようになります。ところがチームの(文字通り)中心にいた宮本が敵のスパイクでふともも裏をえぐられ、途中で交代を余儀なくされます。

しかし、流れは大きくは変わらず、荒川のフェイントから澤がニアに、スローインからの川上のクロスに再び澤がフリーでヘッド(GK正面)など、得点はないものの、日本ペースで前半を終えました。

後半は開始から、おそらくロッカールームで入り方を意思統一した日本が積極的に攻め立てます。前半はあまり攻めあがらなかった右サイドバック川上が高い位置に出るようになり、そこからチャンスメーク。右から左から、サイド攻撃で何度もチャンスを迎えます。

そういう時にえてして意識のエアポケットができやすいもの。ナイジェリアから見て右サイド、序盤と同じように走りながらスルーパスをヌクウォチャが受け、スピードにのったドリブルから対面の柳田をかわしてペナルティーエリア内にパス、するすると上がってきたオコロがシュート!被先制

けして個人技だけのゴリゴリドリブルじゃない。そういう攻撃はスウェーデンのほうが多かった。数人が連動してスペースへ走りながらパスをつないでいく、パスも走りこんだ選手にぴたりと合わせる。日本の選手もそのほかの時間は周りが見えているんだけど、このときのプレーの連鎖のスピードには一瞬ついていけなくなった。走りこむオコロはフリーだった。日本の意識が攻撃に向いていたからかもしれない。

日本は攻めるしかない。直後、小林弥生アウト、スーパーサブ丸山イン。3トップに。

23分:カウンターから川上がクロス、クリアーを澤がミドルシュート!GKがセーブ。
35分:FKから澤がヘディングでシュート!GKこぼして下子鶴がつめるもクリアされる。

攻めるしかないのだが、何か攻撃のリズムが合わない。山岸アウト山本イン。ディフェンスを減らして攻撃的選手を投入。総攻撃の構え。山本、ロナウジーニョばりのドリブルを見せてくれ!

43分:右サイドから荒川DFをかわしてクロス、大谷フリーでヘディング!惜しくも外れる。
46分:右サイドからのクロスをエリア内で大谷、荒川とつないで、澤が強烈ミドルシュート!

山本は一回ロナウジーニョドリブルみたいなのを見せますが、全体に引き気味となったナイジェリアの守備網をこじ開けられません。チーム全体が中央へ、中央へ、という攻めになり、ナイジェリアの人垣に阻まれる状態に。確かにナイジェリア守備陣の足元は強くなさそうでしたから、そういう攻撃は「あり」だと思いますが、リードされた後の後半では敵も守りを固めます。そこへ突っ込んでいっても効果は薄い。

選手交代も、宮本の不運な交代もあり、間違いではないでしょうが、結果的に攻撃を単調にしてしまいました。また交替した選手は、入ってからしばらくはナイジェリアの足の長さに戸惑う時間があり、機能するまでに時間がかかりました。しかし、それにしても日本も決定的チャンスを前後半通じて、実に多く作っています。しっかりとしたプレスから、すばやい攻撃という「自分たちのサッカー」もできていました。

だからこそ、「惜っしい~!!!!!」ですよね。決定力不足という言葉を使いたくありませんが、今日は敵のキーパーのバネがすばらしかったですね。後は反省点としては、試合の入り方、攻めているときの一瞬の守備の集中、そして最後の攻撃が中央にかたより単調になってしまったこと。いずれも経験で解決できることでもあります。今日の失敗をいい教訓として、次に生かそうではないですか。

そうです、このチーム、次があるのです。負けはしましたが、グループリーグで勝ち点3。中国vsメキシコが引き分けたため、準々決勝へ行けるのです。次はドイツかアメリカでしょうか。中国から8点取ったドイツも、アメリカも、すばらしい相手です。今日の教訓を生かせる機会を与えられたことを神に感謝して、しっかりと準備、ぶつかっていきましょう。

大事なのは、次だ、次!

それではまた。

追記:宮本、無理はしないで、でもガンバレ!

11:30 AM [なでしこジャパン] | 固定リンク | コメント | トラックバック(4)|

August 12, 2004

これが日本のサッカーだね

アジアカップ総括の途中ですが(笑)、あまりにうれしいものを見てしまったので、別の話題を。

Mattyanさん制作のバナーです

日本女子代表が五輪の舞台で、強豪スウェーデンを1-0で下した。日本の先発メンバーは↓こんな感じ。

---11大谷---9 荒川----
-------10澤-------
----------------
-16 小林--8 宮本-- 6 酒井-
----------------
12山岸-13下小鶴-3磯崎-5川上
----------------
------1 山郷-------

序盤はスウェーデンにやや押され気味だったが、5分ころのFKをトリックプレーで、敵の壁に入っていた大谷に流し、大谷が厳しい体制からもシュートを放ったあたりから流れが変わる。

日本女子代表は動きが素晴らしい。速く、強く、テクニックもあるスウェーデン攻撃陣に対し、常に二人、三人と連動して囲い込み、体をぶつけ、押し合いながらもボールに足を出していく。ぶったおされながら味方につなごうと足を出す。そうして奪ったボールをシンプルに、スペースへ運んでいく。それができるということは、ボールを奪った瞬間に二人、三人と動き出しているということだ。

荒川の体を張ったキープ力、酒井、宮本の気の利いたプレイ、澤のゲームメーク、そこから展開されて個人技を存分に発揮する小林弥生(なぜかフルネームで呼んでしまう・笑)、川上、常に自分で勝負を仕掛けていく2トップ。特に川上は雨あられと(大げさか)素晴らしいクロスをゴール前に送る。17分の小林の2度のクロス、31分の右サイドへ進出した荒川からの中央へのグラウンダーのパスを大谷が落として澤がシュート、41分の川上のクロスがフリーの澤へどんぴしゃ、42分の小林から澤へのロングスルーパスからGKと一対一などなど、連動した攻撃から多彩な超決定機を量産する。

前半は個人の力で勝るスウェーデンを、完全に「組織プラス個人」の力で上回った、素晴らしい試合内容だった。

後半になると、息を吹き返したスウェーデンに押され気味になる。前方へのフィードやセットプレーからのロングボールが、体を当てるとファウルを取られることを学習したスウェーデンがやり方を変え、敵に渡るようになってしまう。11分には小林に代えて安藤。普段は澤のポジションで起用されるキープ力、攻撃力のある選手だが、小林のポジションは慣れていなかったか。スウェーデンが日本の左サイドを狙い始めたこともあり、守備に追われなかなか持ち味を発揮できない。

全体に中盤での球際の競り合いでは日本もガツガツと行くのだが、奪った瞬間にどうするか一瞬考えてしまい、そこをまた奪われる、という流れに。そうした奪われたボールを、個人のスピード、あたり強さ、テクニックを生かして前へ前へ運ぶスウェーデンの攻撃に、何度かピンチを作られる。しかし、最後のところで体を張って守る日本。後半15分には、荒川が澤に預けると、敵を背負った澤からいいリターンパスが走りこんだ荒川へ、荒川のループシュートはわずかに外れる。21分荒川アウト、スーパーサブ丸山イン。

その後もスウェーデンの攻撃は続くが、日本も攻撃への意識は捨てず、プレスが機能し始めて攻撃の起点もできてくる。36分には右サイド深くで大谷がまた抜き、ペナルティエリア内に侵入するが、ラストパス?シュート?は、GKが押さえる。40分安藤アウト、柳田イン。終了間際には、敵陣サイド深くでじっくりボールキープ、時間をつぶすこともできる女子代表。スウェーデンも必死の攻撃をしかけるが、オークビストのシュートがキーパーの真正面をついたところで、試合終了!

日本女子代表は、オリンピックの舞台で歴史的な初勝利を、ワールドカップ準優勝の強豪スウェーデンから上げた。真っ向からプレスを掛け合い、攻撃的姿勢を貫いてあげた勝利である。奪ったボールを、奪った地点を発射台として、複数の選手が連動して動き、ダイレクトに敵ゴールへ向かう。「15秒攻撃」などと名づけられる前から(笑)、日本が目指してきた、日本のサッカーがここにある。

スウェーデンを研究して、「勝つためにできることはすべてやった」上田監督も、それをしっかりと、クールに、しかし熱くやりとげた選手たちも、素晴らしい!
よくやった!初勝利、おめでとう!
じっくりと休んで、次のナイジェリア戦に備えてください。
目指すはメダルだよ!

それではまた。

追記:いまいち選手の名前と顔がまだ一致しない方はこちら、選手の詳しい楽しい紹介はこちらを。

それと、この試合はやっぱり湯浅さんも絶賛でした。あんな気持ちのいい試合を見せられちゃうとね、当然でしょう(笑)。

03:48 AM [なでしこジャパン] | 固定リンク | コメント | トラックバック(13)|

May 20, 2004

女子代表応援企画・ご報告

Mattyanさん制作のバナーです

みなさま本当にありがとうございます。

第一回目の中間報告の後、さらに賛同のトラックバックをいただきました。

ニハえもんBLOGさん

ハレトキブログさん

masserの部屋さん

備忘録(taquaiさん)

神聖ジーコ帝国さん

発汗さん

blog ★ ハリボー(橘 千蔭さん)

bananafishさん

Lリーグ・ダイジェストさんにはリンクを張っていただきました。

また、みなさまもご存知のとうこくりえさん(開運!?スポよた堂)からは、かわいいイラストつきでメッセージ&おこころざしをいただきました。

jojoen.GIF

yayoi.GIF

これも女子日本代表宛に送りますが、あんまりかわいいので(笑)許可を得てここに掲載させていただきます。

 

さて、J-KETでの対話から始まったこの企画、「焼肉おごりたいな」という数人の方の受け皿を作れれば、と動いただけなのですが、思いもよらぬ広がり方をして、多くの方から篤志をいただきました。

トラックバックしてくださった方、賛同しておこころざしを送ってくださった方、メッセージを下さった方、本当にありがとうございます。

ご報告です。

---------------------

72名の方が送ってくださいました。

合計金額、423,521円になりました。

---------------------

私の予想を大幅に上回る集まりでした。本当に、彼女たちの戦いがサッカーファンの胸を打ったということですよね。皆様方に感謝の100乗を送りますm(_ _)m

一応、選手一人当たり1万円は焼肉食べてもらいたいと思っていたので(笑)、それを越えた部分は、焼肉券以外の商品券にして、JFAに送ろうと思っています。

選手たちへのメッセージをいただいた方は、もちろん、それも同封して送ります。また、「サッカー女子日本代表を応援する会」と、皆様の「都道府県名と苗字だけ」を記した連名で送り主、としたいと思います(特に匿名を希望されていた方は除きます)。

*「できればマスコミと連携を取って、注目されるカタチで渡した方がいいのでは」という助言もいただいたのですが、私自身そうやって注目されるのは苦手ですので、申し訳ありませんが、地味に(笑)メッセージとともに送付するだけにさせていただきたいと思います。ご了承いただければ幸いです。

**「収支報告」---支出のほうは、私書箱代7875円(3か月分)がかかっています。これはもともとケット・シー持ち出しで、と思っていましたので問題ないです。ただ、焼肉代とは別途で、「この500円は経費に」と指示された方がいらっしゃいましたので、その500円だけ私書箱代に当てさせていただきたいと思います(これを読まれても、私書箱代をあらためて送ろうとか思わないでくださいね♪私はみなさまのお手伝いができて本当に幸せなのですから)

***また、送ってくださった方の中に、「ケット・シー宛」にもメッセージをいただいだ方も多いのですけれども、なにしろこの数ですので、みなさまに返信することはちょっとできない状態です。本当に申し訳ありません。

諸々の事情から送るのは週明けになりそうですので、何か御意見、ご質問等ありましたら、メールでも、こちらのコメント欄、あるいはJ-KETにでも、何なりとお寄せください。

(一応予選通過のお祝いということでここで区切りをつけますが、特に締め切りを設けるようなものではないと思いますので、私書箱の有効期限3ヶ月の間は、今後も継続して受け付けています。「ちっ、出遅れたぜ!」という方も、まだまだ大丈夫です・笑)

------------------
〒105-0004
東京都港区新橋5丁目25番1号
「サッカー女子日本代表を応援する会」
------------------

最後に、賛同しておこころざしを送ってくださった方、メッセージを下さった方、トラックバックしてくださった方、本当にありがとうございました。また、慣れないことで取りまとめなど、手際が良くない部分があったことをお詫び申し上げます。

それではまた。

12:07 PM [なでしこジャパン] | 固定リンク | コメント | トラックバック(11)|

May 07, 2004

女子代表応援企画・続き

Mattyanさん制作のバナーです

「サッカー女子日本代表を応援する焼肉券プレゼント」企画に対して、多くの賛同のトラックバックをいただいております。

野間大池公園DIARY(そーたさん)

湘南蹴鞠屋さん

サッカーのある幸せ(エルゲラさん)

奥武蔵草莽だいありー(ライアン木靴さん)

Flower Parkさん

蹴唯雑音さん

Club Barbarossa blog(mayさん)

気ままに代表ブランク(ブランクさんバステンさん

それすらも日々の糧EX(おがんさん)

日々是精進セピア(Mattyanさん)

Salon de cocoa(cocoaさん)

棲家雑記(まるおさん)

パンパでガウチョ(kyorecobaさん)

Blanche-Neige(みっこさん)

また、募金も(GWをはさんで実質まだ3日ですが)予想以上にどんどん集まっています。

送ってくださった方、リンクしてくださった方、本当にありがとうございます。

これだけ多くの方に賛同していただけるのも、ひとえに彼女たちの戦いがサッカーファンの胸を打つ”熱さ”を持っていたと言うことですよね。
焼肉をおなかいっぱい食べて、アテネでもがんばって欲しいです。

もう一回告知です。

------------------

〒105-0004

東京都港区新橋5丁目25番1号

「サッカー女子日本代表を応援する会」

------------------

「自分も女子代表に焼肉たくさん食べてもらいたい!」という方、
こちらに定額小為替、あるいは現金書留でお送りくださいますと、
とりまとめてJFAへ送らせて頂きたいと思います。
(定額小為替のほうが手数料が安いです)

今回は「一口いくら」という形は設けません。
いくらからでもけっこうです。
小額でも、とりまとめますと大きな応援の力になると思います。

こういうことには不慣れですが、精一杯努めますのでよろしくお願いします。

 

また、タミール・ドラゴンさんから、女子ホッケーへの募金の情報をいただきました。

------------------

女子ホッケー支援募金、っていうのも始まってます。
せっかく五輪出場権を獲得したのに、強化資金が足りない協会自ら口座を開いたそうです。
UFJ、東京三菱、みずほに専用口座があり、郵便局でもOKのようです。
詳細は、03-3481-2330まで。(日経本紙、4月29日)

------------------

競技は違っても、同じ日本代表。
よい強化をして、活躍をして欲しいですね。
こちらにも振り込んでこようっと♪

それではまた。

02:06 AM [なでしこジャパン] | 固定リンク | コメント | トラックバック(2)|

April 28, 2004

女子日本代表に焼肉を♪

アテネへの戦いはまだ終わらない~目指せアベック出場!
日本女子代表
祝!! 女子日本代表、五輪出場

素晴らしい戦いでアテネへの切符を勝ち取り、私たちに大きなおおきな感動をくれた、サッカー女子日本代表。
彼女たちに、焼肉を腹いっぱい分プレゼントしたい。
そういうムーブメント(?)が上記スレッドで盛り上がりました。

それならそれを実際に実現できないか、ということで、およばずながら&差し出がましいのですが、私ケット・シーがそれを取りまとめさせていただこうと思い立ちました。

Mattyanさん制作のバナーです

「サッカー女子日本代表を応援する焼肉券プレゼント」企画。

みなさまから募金を募り、叙々苑のお食事券としてJFAに届けようと思っています。

------------------

〒105-0004

東京都港区新橋5丁目25番1号

「サッカー女子日本代表を応援する会」

------------------

「自分も女子代表に焼肉たくさん食べてもらいたい!」という方、
こちらに定額小為替、あるいは現金書留でお送りください。
(定額小為替のほうが手数料が安いです)
今回は「一口いくら」という形は設けません。
いくらからでもけっこうです。

またもしご自分で叙々苑に出向くことができる方がいらっしゃいましたら、↑のお食事券を購入して送っていただいても大丈夫です。

期限は、「いつまで」という性格のものではないと思うので、いつでもけっこうです。
ただ、一応出場決定のお祝いということで、5月中旬に一回とりまとめ、送ろうと思っています。
もちろん、その後でも受け付けています。

私たちがもらった感動を、何らかの形で彼女たちに届けたい。
こういう活動があってもいいですよね?

こういうことには不慣れですが、精一杯努めますのでよろしくお願いします。

# この活動へリンクしてくださる方、もちろんリンクフリーです。
# バナーは上のほうにあるものをお使いください。

それではまた。

11:54 AM [なでしこジャパン] | 固定リンク | コメント | トラックバック(21)|