« 岡田日本の3年間を振り返る(1) | トップページ | 岡田日本の3年間を振り返る(3) »


October 21, 2010

岡田日本の3年間を振り返る(2)

しかし、中期岡田日本のサッカーコンセプトそのものに、私がもろ手を挙げて賛成できたわけではない。

一つには、「クローズ」の持つ特質が、日本人選手の特徴の一部とマッチしないと思えたからだ。あまりにも狭いところでパスを回しすぎる、という点が、である。私は先の「ボールも人も動くサッカー」の例としてメキシコやドイツを上げたが、よくそういうサッカーの例としてあげられるスペインに触れなかったのも、そのせいなのだ。

スペインも、非常に狭いところでパスを回すが、そのメリットとしては「奪われても選手が密集しているために、奪い返しやすい」ということがあるだろう。「クローズ」の狙いもそこにある。そして、その頃の日本代表もまた、高いところから人数をかけてボールを奪おうとしているチームであった。その狙い自体は間違っていないとは思う。

しかし、一つ問題がある。日本人選手の特徴として、アジリティ、持久力、テクニックに加えてもう一つよく言われているのが、「クローズドスキルは高いがオープンスキルに欠ける」ということだ。クローズドスキルは相手のいないときの技術、オープンスキルは相手がいる、試合の中での技術である。オープンスキルに欠ける選手が、密集の中でパスを回そうとするとどうなるか。

スペインのようなやり方でありながら、あまりに何度もボールを失うようだと、いずれ密集して守備をしようとする陣形を突破されてしまう。そうなると、密集の外側には広大なスペースを与えてしまっているわけで、すぐさま日本のピンチに直結する。また、「世界が指摘する岡田ジャパンの決定的戦術ミス」の中でも指摘されているように、プレスに行くなら、それ以外のゾーンでのバランスも非常に重要なのだが、このころの日本ではそこも整備されていなかった。当時のサッカーに賛同できなかったもう一つの理由は、その守備面でのチグハグさ、プレスと周りの連動のなさだった。

岡田日本は、そういうチームでアウェーの親善試合オランダ戦に臨んだ。結果3-0で敗北したのだが、その時の教訓が「激しいプレスは90分持たない」ということだったと、各所で言われていた。しかし私は上記のように、当時の「クローズ」の持つそれ以外の問題も大きいと思っていた。そして、そうした問題は、その後の親善試合などを通しても、改善の兆しは見られなかった。


中期岡田日本~借り物のズボンで

当時の岡田日本のサッカーが「ボールも人も動くサッカー」だったか、という問いに答えるのは難しい。確かにボールも人もそれなりに動いていたが、あまりにも狭いゾーンでパスを回しすぎる、プレスの時の他のゾーンのバランスが取れていない、という(私から見て)欠点を抱えていたからだ。そして私には、それらの欠点は「岡田監督が、その頃実践しようとしたようなサッカーを過去に実現したことがない」ことから生じていたものだと思えるのだ。

「世界が指摘する岡田ジャパンの決定的戦術ミス」の中でもう一つ触れられているのが、「FWが前線からプレスをかけるのならば、チーム全体が連動してラインを押し上げなければならない」ということだ。これは当然のことだろう。一人二人で奪いに行っても、他が連動していなければ、かわされてしまった時に大きなスペースができてしまう。それをなくすためには、中盤とFWとの距離感、かわされた時のカバー、「セカンドプレス(造語)」、パスコースの遮断、パスの受け手のマーク、そして最終ラインの押し上げなどが必要になる。

それらができていないため、例えば親善試合ガーナ戦ではロングボールから2失点している。これを受けて岡田監督は、闘莉王や中澤にカバーリングを早く、しっかりするように指示したようだが、そういう問題なのだろうかと私は首をひねった。プレス時の中盤でのバランスが崩れていること、またその際のラインの上下動のディシプリンが出来上がっていないことの方がより大きな問題ではないのか。

そしてそれは、岡田監督が「当時実践しようとしていたようなサッカーを、それまで実現したことがない」ことによる、メソッド不足によるものだったのではないのか。この頃代表チームのメンバーが非常に固定されたのも、また起用された新顔がなかなかフィットできなかったのも、それが原因ではないのか。親善試合セルビア戦後の、栗原のコメントがそれを裏付けているように、私には思えるのである。


2010前半~中期岡田日本の終焉

岡田日本は、いくつかの問題をはらみながらも、「日本人が考えた、日本人選手の特徴を生かせるサッカーを、日本人監督で」W杯にぶつける準備を整えていった。前回も書いたとおり、私は、そのこと自体は歓迎していた。心配は岡田監督がそこで目指したサッカーで過去に結果を出したことがないことだが、それはもはや言っても詮方ないこと。日本サッカー協会の行う壮大な(?)実験を、見守る他ないだろうと思っていた。

したがって、2010年初頭からの東アジア杯や、親善試合で思うような結果が出なくても、何もぶれる必要はないと考えていた。だいたい、例年1月や2月の(シーズン明けの)試合でいい内容だったことなどほぼ皆無であって、協会や監督がそうアナウンスすればいいだけである。その時期の(親善試合の結果からくる)解任論は、ナンセンスだと思っていたし、過度に悲観することもないはずだった。

ところがこの頃、岡田監督のしようとしているサッカーでは世界で勝てないとし、「岡田監督のままで守備的に路線変更を」という意見があった。結果的には、まさに岡田監督が大会直前に路線変更して結果が出たことで、そういう指摘が正しかったと言えるのだが、私はそうすべきではない、と思っていた。それでは、監督決定の時と同じ誤りを犯すことになる、と思ったからだ。しかし、私は間違っていた。


方針転換~「借り物」からの脱却

結局、岡田監督は大幅な路線変更を行った。これまで頑なにポストプレーヤーを置かなかったFWに、ある程度体をはってキープできる本田をワントップとして起用、「クローズ」路線のショートパスの連鎖は激減し、ビルドアップはほとんど放棄されたようになり、高い位置からのプレスはなくなり、アンカーに阿部を起用、自陣に9人が帰り、深く守ってクリアを繰り返す、というサッカーになった(パス成功率参加国中最低、クリア数最多)。

これによって結果が出たのだから、このサッカーをよし、とするのかどうか。今回のサッカー批評や、各所での議論は「あれは緊急避難であって、今後の指針とするべきではない」というものが多いように思う。その議論は置いておこう。

ただ、岡田監督である以上、あれが必然だったのだ、と今では思う。岡田監督が横浜Fマリノスを率いJリーグで2連覇した時に指導を受けた、ユ・サンチョルも次のように言う(Number760号)。

岡田監督の最大の長所は、「相手をしっかりと分析し、長所を消しつつ、組織的な守備を構築できること」だった。チーム内の約束事は本当に細かかった。(中略)そして本大会で見事によさを発揮し、結果を出した。

これには私もまったく同感なのである。つまり、南ア杯直前での変更とは、借り物のコンセプトを脱ぎ捨て、岡田監督が岡田監督らしさに立ち返った瞬間だったのだ。「得手、不得手」を再確認し、「らしく」なった岡田監督のチームは見違えるようになり、勝ち進んでいった。借り物コンセプト時代とは雲泥の差だった。

問題は岡田監督が「立ち返った」ことではない。それ以前の2年半、借り物のコンセプトで戦ったことの方なのだ。


「借り物」を生んだもの

私は、オシム監督が倒れた時点で次のように書いた。

岡田氏に就任を要請するならば、「岡田氏のやり方に日本を託すのだ」と考えなくてはなりません。「岡田氏のサッカーの方向性が、これからの日本サッカーの方向性として正しいのだ」というPLANを持って頼むのでなければ、おかしい。その場合は「オシム路線継承」ということではなく、「岡田サッカーを日本は目指す」という明確な目的意識を持たないと、再び日本は迷走していくと思います。

先のNumber誌でのユ・サンチョルの言葉には続きがある。私の書いたのも、これと言っていることは一緒である。

日本協会は当然、これらの長所を理解したうえで就任のオファーを出したのではないですか?

しかし、少なくともオファー当時の小野技術委員長の説明も、岡田監督自身の就任時の言葉も、「相手をしっかりと分析し、長所を消しつつ、組織的な守備を構築できること」という岡田監督の長所を生かしてW杯を勝ち上がる、というものではなかったことは確かだろう。いわばマニュフェスト違反なのだ。しかし、代表監督のミッションはマニュフェストを守ることではなく、結果の必要とされる戦いで結果を出すことであり、岡田監督はそれを成し遂げた。監督としては高く評価されるべきだろう。

しかし問題は、協会技術委員会のマネジメントの方なのだ。岡田監督という「ボールも人も動くサッカー」を実現したことがない監督に就任を要請しながら、それを実施するよう求め、2年余りを空費させてしまったことが問題なのだ。岡田監督にするなら、「これまで岡田監督が結果を出してきたサッカーを日本代表の方針として採用します。あれをやってください」と言い切るべきだったのだ。それをせずに、口先でごまかそうとするから・・・。

そのごまかしは何を生んだのか。

(以下次回)

それではまた。

11:50 AM [サッカー日本代表] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21259/49795993

この記事へのトラックバック一覧です: 岡田日本の3年間を振り返る(2):