« July 2010 | トップページ | September 2010 »

August 14, 2010

書評: 木崎伸也 「世界は日本サッカーをどう報じたか」

そもそもなぜ、我われは「世界はどう報じたか」を気にしなければならないのだろうか?

いきなりこの疑問からスタートしてみよう。本書のかなり早いあたりにその答えは示される。

勝った、負けたと一喜一憂するだけに留まっていたら、日本サッカーは伸びていかない。何も変わらないのである。

日本のサッカーは発展途上の途中で、まだ美学と呼べるようなサッカーのスタイルは残念ながら確立されていない。日本のスポーツ報道にも、同じく成長していくことが求められる。
だからまだ今は、外からの視点が必要だ(43ページ)

「美学」である。

この言葉は、「はじめに」の中にも出現する。

柔道の「一本で勝つ」という文化を見れば分かるように、日本は勝ちにこだわると同時に、どのように勝つかという美学やスタイルにも思いを巡らせることができる国のはずだ。

ならばサッカーにも、美学を求めるべきではないか。

ここに私は、「サッカーファン」と「サポーター」の抜きがたい差をみるのである。


今大会のオランダをどう捉えるか


第1章のタイトルはそのものズバリ「なぜ、世界の報道を見るか?」というものだが、その冒頭に、74年ワールドカップのオランダのエピソードが出てくる。クライフを擁したこの時のオランダが、敗退はしたが世界中から讃えられたことで、木崎氏は以下のように言う。

つまるところ、サッカーの世界一を決めるワールドカップというのは、結果だけがすべての大会ではない。その歴史に名を刻むには、どう勝って、どう引き分けて、どう負けて、何を見せられたか、ということも問われるのだ。

これは、こういうテーマのときに非常によく出てくるテーゼである。しかし、はたしてそれは真実なのか。

非常によく符合する報道がある。

クライフ氏、母国オランダを痛烈に批判

 元オランダ代表の伝説的選手、ヨハン・クライフ氏が13日付スペイン紙エル・ペリオディコのコラムで、南アW杯での母国代表を強く非難した。「オランダのスタイルは醜く低俗。スペインを動揺させるために、汚いプレーを展開した」と9枚のイエローカードに表れた相手の長所を消すためだけのラフプレーを疑問視した。

今大会のオランダは、かつてのイメージのオランダではなかった。

先制していてもリスクを取って攻撃し続ける、ある種「勝敗よりもスタイルにこだわる」ようなチームではなくなっていた。日本戦でもみられたように、先制すれば引いて守ってカウンターを狙い、スペイン戦では守備を重視しつつファウルすれすれのチャージでスペインのパス回しを分断しようとする。強いには強いが、かつてのオランダの持っていた「スタイル」や「美学」からは離れてしまったようなチームだった。

特に決勝戦での戦いを、「美学の権化」クライフが酷評するのも当然だろう。

しかし、クライフ以外のオランダ国民はどうだったか。

オランダ“優勝運河パレード”計画 F16戦闘機も出動だ

優勝したみたい ロッベン「オランダファンは世界で一番だ」

スポーツ新聞の報道だから割り引いてみるにしても、どうやらそれなりに歓迎されていたようである。木崎氏の言う「美学」があるはずのオランダ国民でも、W杯決勝で「負けた」準優勝、それもクライフの酷評するようなラフプレイ連発の結果の準優勝が、かなり嬉しかったようなのである。

これはどうしたことだろう。

「W杯は結果だけがすべての大会ではない」というテーゼは、正しいのだろうか?


当事者か、それ以外か。

結論から言えば、正しくもあり、正しくもない、だろう。そして、その差を分けるのは、一つには当事者か、否か、ということではないだろうか。

かつてのオランダのスタイルや、スペインのそれが評判がよく、愛されていたというのは、当のオランダやスペインの国民にもそうだが、それに数倍する数の、当事者ではない「ファン」の間で、ではないだろうか。

「W杯の歴史に名を刻めるかどうか」というのは、当事国の国民だけではなく、その大会を見つめた世界中の多くの人々の記憶に残る、という意味だろう。「当事者以外」にとっては、それはエンターテイメント性の高い、「美学」のあるサッカーのほうが見て楽しいだろう。当然のことだ。

そして日本は長いこと、W杯の「当事者」になれないで来たのである。だから、そういう見方が根づいてしまった、のではないか。

しかし、W杯に出場する「当事者」となってみれば、「W杯ではまず何よりも結果を」となる。「サポーター」とはそういうものだろう。チームに対する「当事者」なのだ。もちろん、中長期的に見て内容を求めるサポもいるだろうが、それにしても眼の前に試合があれば「まず結果を」となるのが「サポーター」=「当事者」だろう。今回のオランダ国民の歓喜も、当事者ゆえのもの、なのだと私には思える。

「当事者にとってはまず結果を。外から見ているファンにとってはエンターテイメント性を」

これが結論なのではないだろうか。

さて、ここで反証が出てくる。「かつてのオランダはどうだったか?」「スペインは?」「ブラジルはどうか?」


結果以外を問う資格


ご存知のようにブラジルも、敗れはしても82年の「黄金のカルテット」が絶賛され、94年のように優勝はしても守備的なチームは批判されるようなお国柄である。かの国の国民も「W杯は結果だけがすべての大会ではない」と思っているだろう。

だが我々は彼らと同じことを考えるべきだろうか?

例えば今大会、スイスは非常に堅い守備をベースに、堅守速攻で勝ち上がってきた。パラグアイもその系譜に入るだろう。彼ら、欧州、南米の中堅の国々は、W杯予選でそれぞれ超ビッグチームと伍して戦っていかなくてはならないために、そういうスタイルが染み付いている。さて、彼らのサッカーに対して我われは「W杯は結果だけがすべての大会ではない」と非難しなくてはならないのだろうか?

そんなことはまったくあるまい。

私は、「W杯は結果だけがすべての大会ではない」と考えるには、資格がいると思う。

「W杯に参加することは当たり前」「W杯でGLを突破することも当たり前」「その上で、決勝トーナメントで勝利することが相当程度期待される」ような国、サッカー大国、サッカー強国と呼ばれるような国。つまり「結果」を出したことがあり、それが当然のように要求されるチームであって初めて、結果「だけ」ではないと言いえるのだと思う。

日本はブラジルでも、オランダでも、スペインでもない。スイスや、パラグアイのレベルに、今大会でようやく肩を並べたか、まだ早いか、という段階だろう。そのような国が「美学」を口にし、勝つことよりも、観戦してくれる「当事者以外」を魅了する、退屈ではないサッカーを目指す。木崎氏はそういうことを要求しているのだ。

はたしてそれはロジカルなことだろうか?


「美学」なんかいらない


本書の出発点は「岡田日本は結果を残したが、内容的には今後の指針とすべきなのかどうか?」という問題設定だろう。そしてその「内容」の部分を、多くの海外のサッカー関係者の意見を通じて洗い出していこうとするものだ。その狙い自体は理解できるし、興味をそそられる部分もある。また実際に海外の識者の発言そのものの中には、なかなか示唆に富むものもある。

しかし、それらの発言をまとめ、読み解いていく木崎氏のスタンドポイントが、上記のような「日本は美学を持つべきだ」からスタートしているため、私にはどうにも違和感のあるものになっている。終章には、次のような一説がある。

「枠内シュート率」の高さをさらに生かすためにも、サッカー大国が決してやらないような“禁じ手”ではなく、もっと勇気を持って攻撃的に行くべきだった。

まあ本書は新書版でもあり、一般の読者にわかりやすくするためではあろうが、これでは、世の中には「サッカー大国」と「弱者」の2者しかいないような書き方ではないか。

しかし、欧州や南米の中堅レベルの国に、基本的に守備を固めてカウンターという戦い方をするところが多いということを無視しているのは、やはりおかしいだろう。日本がスイスやパラグアイに比べて突出して強いというわけではないのだから、彼らのようなやり方を採用することも、“禁じ手”などではないはずだ(それを今後も採用すべきかどうかの議論は、ここでは深入りしないが)。

本書であげられた「日本代表の問題点」の中には、国内外の多様な意見をベースにした意義のある提言もあると思うのだが、肝心の岡田日本に対する評価のところで、上記のように分析が精度を欠いているために、全体としてはちょっと残念なできになっていると思う。

ただ・・・。


何という皮肉!


本書中の白眉は、166、167ページに現れる、(日本通のオランダ人記者だという)テオ・ライゼナールとヒディンクの提言である。彼らはなんとも興味深いことに、本書の存在意義を真っ向から否定するのだ。しかし、木崎氏は本書の存在意義を否定されていることには触れず、そこから得られる教訓を「パラグアイ戦で後一歩が足りなかった理由」としてあげている。ここで言われている「足りなかった理由」は、私にはなかなかうなずかされることだった。この部分だけでも、本書を一読する意義はあると思う。

日本には、明治以来連綿と「海外により進んだものがあるので、その視点から日本を批判する」というスタイルの評論家の存在がある。「坂の上の雲」スタイルとでも言おうか。日本が諸外国に追いつき、追い越せと走り続けたこの100年間の、精神的バックボーンに彼らはなってきた。サッカーは、経済や文化の諸ジャンルから遅れて、この20年ほど急速に発展してきたため、ちょうどまさに今、そういう評論家たちが跋扈している状態にある、と私は思っている。

金子達仁氏や、杉山茂樹氏らは、「海外の進んだサッカーのエッセンスを紹介する」というスタイルで、日本のサッカー界においてそういう役割を担ってきた。90年代(後半)、00年代を通じて、彼らの存在はそれなりに時代の要請だったのだろうと、私は思う。坂の上を目指して進む日本サッカーには、周りで「坂の上はあっちだ」とはやし立てる存在も、必要だったのだろう。そのわかりやすさは、サッカー界以外からも認められた。

しかし、本書中でいみじくもテオ・ライゼナールとヒディンクの提言が、日本はもはやそれから脱却すべき時だということを、高々と告げている。いみじくも、いみじくも!である。木崎氏は、金子達仁氏のスポーツライター塾の卒業生である。その彼が、自身の著書の中で、「そういう存在はもういらない」「そういうものを必要としていては、日本は強くなれない」という結論を出してしまうとは、なんと皮肉なことだろう!

本書は、おそらく著者自身も気づいていないこの皮肉な結論部分において、かなり、かなり価値のある一冊となっていると思う。それにしても木崎氏は、金子氏から受け継いだこの「坂の上の雲」スタイルを今後も続けていくのだろうか?それとも、テオ・ライゼナールやヒディンクの提言に従って、また別のスタイルを模索するのだろうか?余計なおせっかいではあるが、気になるところである。

それではまた。

09:04 PM [メディア] | 固定リンク | トラックバック (1) |

August 07, 2010

re:宇都宮徹壱さんのこと

ミカミカンタ氏が自身のBLOGで「宇都宮徹壱さんのこと」というエントリーを書かれた。これに対しTwitter上では賛否両論が出て、小さくない波紋を投げかけている。今回はこのエントリーと、そこから考えさせられたことについて書いてみたい。

ちなみに、ご存知の方もあるかもしれないが、私は宇都宮さんとやや面識がある。SoccerCastにも何度か出演いただき、勝手ながら友誼を感じさせていただいている。が、今回はあえてその部分を封印し、ここからは「宇都宮氏」として書いていきたいと思う。

さて、ミカミさんのエントリーに対する私のTwitterのTL上の反応は、「わかりにくい」というものが過半であった(この書き方には問題もあると思うが*1)。これは私にはやや意外であった。私には非常によく響き、考えさせられるものだったからだ。ただ、再読してみると、確かに全体を通して一つの主張が描き出されているとは言いにくいものではあった

エントリーは大きく分けて3つの部分から構成されている。最初は、ミカミ氏と宇都宮さんの関係の話題、次に「JマスコットINTV企画」の話題、そして最後が「岡田監督に謝れ」の話題である。この3つ、特に後半の2つの関係が、ややバラバラに見えるのが、先に書いた「わかりにくさ」の原因だろう。ただ、その両者はミカミ氏の次の一文で貫かれていると思う。

宇都宮さん、あなたはすでにファンやサポーターではないのです。
そしてそれの代表者でも代弁者でも決してない。

ここがミカミ氏の最も言いたかったことだと私は推測する。つまりこの文章は、宇都宮氏の「立ち位置」「スタンス」についてがテーマなのである(と私は思う…以下この「私が思う」は省略するので、脳内で補足して読んでください)。そしてこれは、私が常日頃から宇都宮氏について考えていたことと非常にシンクロし、私にビンと響いたのである。

私が宇都宮氏について考えていたこととは、どんなことか。

山岡士郎としての宇都宮徹壱

以前Twitterで、宇都宮さんが「サッカーライター周辺は絵にならないので、ドラマやマンガになりにくい」という趣旨のことをつぶやかれたことがあった(以下のつぶやきその他は私の記憶をもとに再構成させていただいている)。私はそれに反応し、「対立があるところにドラマは作りやすい。例えば以下のような主人公はどうか」とリプライさせていただいた。

業界の権威である御大サッカーライターに反抗し、サッカー協会にも臆さず批判をぶつけ、新しいメディアであるネットをもっと受け入れるようにJリーグ広報と対立し、ビッグクラブに背を向けマイナーなクラブを愛し、そしてサポやファンと分け隔てなく交流しているような、そんなはぐれ者サッカーライター

これは、モチーフとしては「美味しんぼ」の山岡士郎そのまんまである。「リーガだ、CLだってありがたがるサッカー通ってのはこっけいだねえ!」とケンカを売る山岡の姿が目に浮かぶようではないか(笑)。しかして、これをつぶいた直後、「それってなんて宇都宮さん?」とリプライを頂いた。そう、宇都宮氏を知る者なら誰もが納得すると思うのだが、私も上記の主人公のキャラを考えるにあたり、氏を念頭に置いていたのだ。

宇都宮氏はご存知のように、けしてメジャーとは言えない国のクラブを追っかけたり、日本でもビッグクラブではなく、Jリーグを目指して立ちあげたてのJFLクラブを巡ったり、という活動を続けてきたライターである。それはおそらく、彼の生まれ持っての性向、志向によるものが大きいだろう。どうしても弱きもの、小さきものへと目線を向け、愛してしまう、そういう気質。

そしてそれはおそらく必然的に、宇都宮氏がサポーターへの目線を持ち、交流をすることへつながっていった、のだと思う。

ここで今書いた「サポーター」に、一つ補足をしておかなくてはならない。それは、代表サポの中でも、「日本サッカー協会に対して厳しい目を向けるサポーター」たちへの目線、交流ということだ。

私自身、宇都宮氏と初めて面識を持ったのは、ドイツW杯後の「川淵会長解任デモ」に関して取材をしていただいた時だった。これも、宇都宮氏の中にある「権威(協会)と対立する弱者」への肩入れ、という部分が多少なりともあったのではないだろうか。

さて、上記のようにサポーターと交流を持っている宇都宮氏だが、さらにそれが加速されたのは、mixiに代表されるソーシャルネットワークの隆盛によるものだった。

ソーシャルメディア時代の新しいサッカーライター像


Mixi_logo_pc_large001_2mixi、その後に登場したTwitterなどはソーシャルネットワークと呼ばれ、様々な人と人がネットを介してつながることを可能にした。そして、それは企業にも注目され、マーケティングにも利用され始めた。企業と消費者が直接つながり、対話をする。それも日常的に。するとそこには、一般の広報活動などではなかなかできない「絆」が生まれてくるのである。そういうソーシャルメディア・マーケティングは、今広告業界で最も注目を集めるトピックの一つとなっている。

宇都宮氏は、mixiでも、Twitterでも、我われ一般のサポとわけ隔てをせずにつきあってくださって来た。それは言うまでもなく、サッカーライターとしてのマーケティングのためなどという邪な(笑)狙いではなく、先にも書いた生来の志向のためだろう。しかし結果として、そういうソーシャルメディア内では、サポと宇都宮氏の絆が生まれ、育ち、強固になっていった。

それは、サポと向き合う時の宇都宮氏の、真摯で公平な態度、そして温かい人柄によるものだった。私自身、Soccer Castに出演していただいたことを抜きにしても、宇都宮さんには非常にシンパシーを感じている。ソーシャルメディア・マーケティングを模索する企業に、その成功例として宇都宮氏を紹介したいぐらいである(笑)。

そして最近、宇都宮氏は「徹マガ」というメールマガジンを発刊された。ポスト・ワールドカップに向けて、あらたなサッカーメディアを考えるため、ということであるようだ。これは非常に興味深い、意義深い試みであるように思う

宇都宮氏自身が「「徹マガ」はポスト・ワールドカップのムーブメントである」の中で書かれているように、これからのネット時代にサッカーメディアがどこに行くのか、非常に鋭く問われているからだ。成功を心より祈りたい。

このメールマガジンも、これまで宇都宮氏が築いてきた、サポとの強い「絆」があってこそ、より意義深いものになっていると私は感じた。サッカーライター界のビッグネームである金子達仁氏は、スターである中田英寿選手(*2)との交流と、それを記述した記事を通して名を上げていった。いわば、トップから下に降りる形での成功だった、と思う。これに対し、宇都宮氏はまったく逆に、下(と言うと語弊があるが)から出発し、サポと交流を密にし、そこでできた「絆」をベースにして、新しいサッカーライターの形を世に示そうとしている、と思えたのだ。

(誤解のないように書くと、徹マガの読者のみなさんには、宇都宮氏の取材力や文章、見識を純粋に評価して加入されている方も多いと思う。宇都宮氏が「絆」に頼ってサッカーライター業を行っている、と言っているわけではないので念のため。逆に、「絆」を感じている私たちも、「ライターとしての」宇都宮氏を敬愛しているからこそ、ということも申し添えておきたい)

「サッカーライター論」というものは未だにそれほど整備されていないと思うが、もし後世そのようなものが書かれるとしたら、後藤健生、金子達仁の登場に続く、次なるエポックともなるような一つの新しいサッカーライターの形が生まれた、のではないか。冒頭に書いた、最近私が宇都宮氏に関して考えていたこととは、そういうことだった。

それが、ミカミ氏の指摘に、ビンと響いた、のである。

ゴリアテとダビデ


さて私は、宇都宮氏のスポーツナビ上の記事「ベスト16」との向き合い方の中の、

確かに、岡田監督に謝った方がよい人が業界内に存在することについては、異論はない。それはすなわち、戦術面とは一切関係のないところで人格攻撃をしたり、対案もないまま「岡田以外だったら誰でもいい」と解任を声高に叫んだり、さらには「3戦全敗した方が日本のため」などという理不尽な主張を展開していた人々である。

の部分を読んで、快哉を叫んだことは正直に告白しておきたい。これがミカミ氏の言うように金子達仁氏や杉山茂樹氏のことを指しているのかどうかはわからないが、日本がW杯で勝利しそれを寿いでいる時に、何とも理不尽な主張を繰り返していた彼らのことは、私も非常に不快に思っていたからだ。しかも彼らは(なぜか)スポーツ新聞やNumberなどの大メディアからは受けがよく、絶え間なく仕事があるようで、どこかに必ず書く場を得ている、いわば「権威」に見えていたからなおさらだった。

「われわれの代表たる宇都宮さんが、理不尽な『権威』に一矢を報いてくれた」

これがその時の私の快哉の中身であっただろう。ソーシャルメディアで交流を持ち、あるいはSoccercastに出演していただいたりしたことで、私は宇都宮氏と自分たちサポを知らず知らず同一視、とまでは言わないまでも「こちら側」の人だと思ってしまっていた。「こちら側」の人が「あちら側」を批判している。私としてはそれがごく自然で、すんなりと受け入れられることだったのである。

しかし、ミカミ氏はそこを問題視しているのだと思う。それが、この言葉につながるのだろう。

宇都宮さん、あなたはすでにファンやサポーターではないのです。 そしてそれの代表者でも代弁者でも決してない。

上記の「われわれの代表たる宇都宮さん」は、私が勝手に思っていたことで、宇都宮氏自身が自らそう持って任じていたり、そう考えているとは私は思わない。が、ミカミ氏にはそう見えた、読めた、ということのようだ。私はこれに、うーむと考え込まされてしまった。

文筆人の「覚悟」と謝罪


ただ、この文章を「同業者を批判するな」と読んでしまっては間違うと思う。それを言うならミカミ氏自身、ブログのエントリーで宇都宮氏を「批判」しているではないか。そうではなく、

その人間が、なぜ他の同業者に向かって「謝った方がよい」などと公の媒体を使って言えるのか、言ってしまうのか。

という部分にあるように、重要なのは「謝ったほうがよい」という言葉なのだろう。これについては、以下も参考になる。

(略)私は金子達仁さんや杉山茂樹さんに対して、自分の言説のことで「謝る必要はない」とも、逆に「謝った方がよい」とも言うつもりはありません。 それは人に言われずとも自分で判断することでしょうから。 そしてその結果も自分が負うのです。 そんなことはフリーランスの物書きとして文章を書いて食っている人間にとっては当然のことだし、皆さん、その覚悟があって仕事をやっているものでしょう。

つまり、「覚悟を決めて書いている文筆人が、自分の書いたものについて謝るか、謝らないかを決める、その責任はあくまでも彼自身のものだ」ということであり、「同じ文筆人であれば、ほかの文筆人の『覚悟』についてはそれぞれ不可侵のものとし、尊重すべきである」ということだと思う。

おそらく(これは私の解釈だが)、「こういう主張は理不尽だ」とか「人格攻撃はすべきではない」とか、「対案もない解任要求はおかしい」ということであれば、何も問題はないだろう。それはそれぞれのライターが反論を覚悟で書いているものだろうし、また再反論などもありえ、いくらでもディベートしあえることだ。しかし「謝罪」についてはそうではない。大げさに言えば「人として間違ったこと」をしたときにするのが謝罪であり、それをすべきか否かは、やはり本人の責任で判断することだ、というのがミカミ氏の主張だろう。

もちろんファンやサポーターが無責任に「謝罪せよ」というのはアリ、だと思う。我われは先に書いたような「覚悟」を持つ必要がないし、ライターの持つそれについて斟酌する必要もない。むしろ、ライターは我われ(読者)に最終的に「うける」「売れる」ことを目標(の一部)とし、そのために自分で「覚悟」を決めて、切磋琢磨していくものだ。謝らないことで読者が離れるならば、それもまた金子氏の責任、自分持ち、だということだ。

そして、ミカミ氏からみると、もうひとつのテーマの「JマスコットINTV企画」も含め、「宇都宮氏がそういうサッカーファン代表という意識でいるのではないか」「だからこそ『謝ったほうがよい』と書いたのではないか」という問題意識につながったのだろう。そしてその指摘に対し私は、先に書いたような「宇都宮徹壱論」を考えていたために、「あっ」と思わされたのだった。

青島と室井


もちろん先に書いたように、宇都宮さん自身が自らをサポーター代表ととらえてあの文章を書いたとは、私は思わない。また、宇都宮さん自身、ほかのサッカーライターに対して批判の文章をああいうメディアに書くにあたり、そうとうな「覚悟」を決めて書かれたということは、疑いないと思う。

したがって、ミカミ氏の「ほかの文筆人の『覚悟』を侵すべきではない」という主張には一理あるけれども、宇都宮さんがあれを書いた理由が「サポーター代表だと自分を思っているから」だろう、という部分は間違っていると思う(しまった宇都宮「さん」と書いてしまった。まあいいや)。

ただ私がと胸を突かれたのは、「私たち」の側の意識として、宇都宮さんを「こちら側」の人扱いして来すぎたのではなかったか、ということだった。だからあの文章を読んだ時に違和感がなかったのであり、私個人としては快哉を叫んでしまったのだと思う。

しかし、宇都宮さんは今年、「フットボールの犬―欧羅巴1999‐2009」でミズノスポーツライター賞を獲得された。これからますますメジャーになり、金子達仁氏や杉山茂樹氏ら、理不尽な権威である御大を打倒していってくれなくては困る存在である。2010年南アフリカ後の、これからまた激変するだろうサッカーライティング界をリードし、そして日本サッカー界そのものに良い変化を起こして行って欲しい存在である。そういう方に対し、私のスタンスはこのままでいいのだろうか?

いわば室井に対する青島の気持ちと言おうか。とまれ、ここに宇都宮さんのますますの活躍を祈念して、今回のエントリーを終わりたいと思う。

それではまた。

05:18 PM [メディア] | 固定リンク | トラックバック (1) |