« 脱ぎ捨てる | トップページ | アジアカップに何を見るか »


July 22, 2007

オシムへの反論

私はオシム監督のことを現時点では支持しているし、その方針や手腕にも信頼を置いている。また、きわめて聡明な人物であるとも思っている。しかし、そういうオシム監督でも間違えることはある。100%常に正しい人というのは存在しない。私がオシム監督に絶対に賛成できない点について、今回は一つ反論しておきたいと思う。

具体的には、オシムの次の談話に関してである。

Q:昨年のワールドカップでのオーストラリア戦は衝撃的な負け方だったが、そのショックが今回の試合にどう影響するのか?

(オシム監督)「1年もの長い間、ショックが続いているということの方がショックですね。そういうショックを乗り越えて生き残ってください。
その時のショックは、ショックとして感じた方がご自分自身に責任があると思った方がいい。対戦相手の情報をきちんと入手していなかったということだから。昨年も今日も情報の種類は変わりない。どんな選手がどんなクラブでプレーしているかを知っていれば、昨年のワールドカップでも簡単な相手でないと分かったはず。昨年のワールドカップでもショックを受ける必要はなかったのです」

私はこの言葉に対して強い違和感を持つ。オシムがはっきりと「間違っている」数少ないポイントだと思う。というのは、この言葉は、日本人が「敗戦という結果」にショックを受けた、としてしか理解していないものだからだ。この点で、オシム監督は大きな誤解をしている。まったく誤った理解であると思う。

同じ負けるにしても、「負け方」というものがある。8分間で3点を失ったという事実だけではない。また、ボールを支配され、攻撃され続けた(シュート数6:20)という試合内容の問題だけでもない。それでもなお、日本チームのサッカーから伝わってくる「何か」があれば、日本人はあれほど失望はしなかったのだ。その点で、日本チームの戦いぶりが、その中に潜む「何か」が、日本全体をあれほど打ちのめしたのだ。

オシムはそこを理解していない。仕方がないかもしれない。オシムは日本人ではないのだから。日本にしばらく住んでいたとは言っても、ドーハでのあの中山雅史のスライディングゴールは見ていないのだ。フランスW杯で足を骨折しながらも走り続け、ゴールを上げた男のことは知らないのだ。2002年大会での、誰もが絶望に包まれそうになった瞬間の、鈴木隆行の伸ばしたつま先を見ていないのだ。それらを共有していないオシムが、私たちがドイツW杯で感じた絶望を理解できないのは、当然のことなのかもしれない。

Image016オシムが言うように、欧州の有名クラブで活躍する選手を多く擁するオーストラリアは、個人の能力では「格上」と見てよい存在だろう。メディアの狂躁的な煽り立てに乗らないサッカーファン、サポーターはそれを理解し、W杯での最大の山場は初戦にあると考えていた。そういう意味では、敗北はある程度「織り込み済み」だったファンも多いだろう。私個人的には、ヒディンク監督が指揮する肉弾戦には、日本の相性は悪いと思っていた(逆に、勝てるならクロアチア戦だとも思っていたのだが)。しかし、もう一度言うが、私たちを打ちのめしたのは「敗北」という「結果」でもなく、試合の「内容」でもなく、さらにその外にあるものなのだ。

某有名少年コミック誌のテーマは、「友情、努力、勝利」だという。少年向けらしいものではあるが、しかしそこには人生の心理の一片が含まれているようにも思う。少なくとも、私たちがスポーツを見て、そして求めるものがそこには表されているとはいえないだろうか?また、個人能力が(現時点では)劣る日本が、世界に伍して戦っていくために必要なものが、そこには表れていると言えないだろうか?「勝利」は水物だ。結果が常についてくるとは限らない。しかし、絶対に忘れてはならないものは、「友情」と「努力」ではないのだろうか?

オーストラリアは個人の能力では「格上」だろう。では日本がしなければならないことは何か。それはチーム全体が一つになって、そして少なくとも相手よりもずっとずっとハードワークをすることではないのか。自分を信じて、チームメートを信じて、勝利を信じて、最後の瞬間まで顔を上げて走り続けることではないのか。格上の相手がこちらをみっちり研究し、しっかりとプレスをかけて来たのだから、日本のよいところ、パスワークを見せられないのは仕方がない。内容の良い悪いは、横においておける。しかし。

しかし。


誇り

ジーコも自分の著書で明らかにしているように、この時の日本チームは一つになっていなかった。それはTVの画面からでも、あるいはスタジアムで生で観戦していても、伝わって来てしまうものなのだ。そして自国の国際審判にも「32カ国で一番戦っていなかった」と言われてしまう、その姿勢。個人能力で劣るチームが、ひとつにもならず、相手よりも走り回っていないのでは、勝てる道理がないではないか?

そして、オーストラリア戦の失点後、さらにチームはバラバラになってしまった。完全に崩壊していた。ボールを奪っても、全力で走り出す選手が見当たらなかった。最後まであきらめずに体を投げ出す選手が見当たらなかった。顔を上げて、戦う覇気を見せる選手がいなかった。この時のうつろな選手の顔、顔、顔。私たちを心底打ちのめしたのは、それなのだ。結果でもない、内容でもない、あの時選手たちの心が折れたのが聞こえたのだ。ただの敗北ではない、あの時日本サッカーは本当に「負けた」のだ。

これはオシムには分からないことだろう。だから冒頭のような発言をしてしまうのだろう。いや?もしかするとオシムにも分かっているのかもしれない。だからこそ、わざと問題を勝敗の結果だけに単純化し、「強い相手に負けただけじゃないか」と言っているのかもしれない。心に傷を負った人間には、何を言っても無駄だ。その傷に理解を示しても、それが癒されるわけではない。他者は客観的なことを指摘できるだけ。後は自ら立ち直るのを持つしかない。オシムはそうしていたのかもしれない。いや、さすがにそれはうがちすぎか(笑)。

この1年、オシム日本が粛々と強化を進めているのを好ましく見つつ、どうも日本代表のサポーターが性急になってきているのを私は感じていた。チーム立ち上げ1年にしかならないオシムに、いきなりアジアカップ優勝を「ノルマ」としようとする。一体これはどういうことかと思いながら、しかし私にも内心それは理解できなくはなかったのだ。日本のサポーターも心が折れてしまったのだ。あのドイツの代表は、胸を張ってサポートできない、誇りをもてない、そういう代表に見えてしまったからだ。心にぽっかり穴が空いてしまった。それを埋める何かを、とても切実に求めてしまうのだ。

心に傷を持った人間が、「荒れて」しまうこと。それまでとは人が変わったようになってしまうことは、残念だがしばしば見られることだ。私たちはこの1年、ずっとそれを抱えてきた。2006年以前と同じ気持ちでサポートできた人はどれだけいるのだろうか?何かわざと白けてしまったり、心理的に距離を置いたり、忘れようと努力してみたり、やけに人に突っかかってみたり。しかしそれはむしろ正常なことだと思う。「あの」後では。あの後の1年間がそうであるのは、あたりまえのことだろう。

私はこのアジアカップで、オーストラリアと対戦できたことを、本当に本当に感謝している。

私事になるが、私は昨日の試合を、1年ぶりに日本代表のユニフォームを着て観戦した。1年前と日本チームは同じだろうか?変わっていただろうか?一つになれていただろうか?相手よりも走っていただろうか?

「誇り」を持てる、私たちの、代表だっただろうか?

あの大きな円陣を見たとき、中澤が手を叩いて叫んでいる姿を見たとき、高原の得点後のほえる姿を見たとき、最後のPKの後の中澤を見たとき、私は少しだけ涙が出た。私は彼らにひとこと言いたいと思う。

「おかえりなさい」

それではまた。

04:18 PM [オシム日本] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21259/15843694

この記事へのトラックバック一覧です: オシムへの反論:

» [サッカー]あらためてオーストラリア戦 from 電気じかけの三日坊主
正直言って、90分で決めるべき試合だった。 とにかく守備は完璧だった。単純なマンマークではなく、常に複数の選手で囲みこんでの効果的なプレッシングで、早々とヴィドゥカをあきらめさせた事がこの試合の行方を決定づけたと思う。だからこそ、攻撃陣にはきちんと決めて欲... 続きを読む

受信: Jul 22, 2007 11:56:25 PM

» また泣いちゃった from LA DOLCE VITA
 オシムへの反論  私は「感動をありがとう!」とか言いだす種類のおバカさんなお茶 続きを読む

受信: Jul 23, 2007 8:53:59 PM

» 深読みオシムジャパン(19)オシムさんの両輪。 from ボールは回る、地球も回る。-深読みオシムジャパンと日々雑感-
この記事は、KETSEEBLOGさんへのコメントを転載したものです。いつも大変興味深く読ませていただいてます。「オシムへの反論」を読んで、初めてコメントを書いてます。この前のカタール戦後、オシムさんが大爆発しましたね。試合中、水のボトルにを片手に立ち続けたり、ヨ...... 続きを読む

受信: Jul 24, 2007 7:03:01 AM

» 日本代表のこの先のビジョンとは・・・? from 時事ネタを斬る
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070726-00000001-mai-spohttp://www.geocities.jp/flood_am/【サッカーのアジアカップは第14日の25日、準決勝が行われ、3連覇を目指した日本は当地のミーディン競技場でサウジアラビアに2―3で敗れ、決勝進出を逃した。日本は28日にインドネシア・パレンバンで行われ...... 続きを読む

受信: Jul 26, 2007 6:29:57 AM

» オシム発言の真意は・・・?/サッカー from ヨスケ魂
惨劇のドイツ後を生きるサッカーファンとして、何よりも欲しかった結果が得られなかった。サウジに敗れ、ベスト4で終わった事実はやはりショックだった。 それに追い討ちをかけるようなのが失点シーンの酷さだ。 ... 続きを読む

受信: Jul 30, 2007 9:53:23 AM

» [サッカー] 改めて「日本代表よ、おかえりなさい」 from 昨日の風はどんなのだっけ?
オシムへの反論 : KET SEE BLOG あらためてオーストラリア戦 : 電気じかけの三日坊主 ターニングポイント 日々是亜洲杯2007 : スポーツナビ という試合だったと、僕も昨日のオージー戦は振り返ります。細かい不満は言い出したらキリがない試合ではあったけど、とりあえずそ... 続きを読む

受信: Jul 30, 2007 11:21:39 PM

» 代表なんて見なけりゃいいじゃん from 眞鍋カヲリを夢見て
◆オシムの「問題」の根源  オシムのマスコミやファンへの対応が問題視されることが多い。 曰く、難解そうなことを言ってまともに答えない。 曰く、偉そうで上から目線なのが気に入らない。 曰く、外人だから日本人の心が分からない。  こう言いながらも、....... 続きを読む

受信: Aug 17, 2007 6:41:39 AM