« ちぐはぐさの理由? | トップページ | 粛々と、そして悠々と »


March 20, 2007

もちろん、門は開いている

2007年最初の親善試合、3月24日のペルー戦に臨む日本代表が発表になりました

またも驚きの18人、2回(?)に分割しての代表発表です。これと同様のことがあったのは、初戦トリニダート・トバゴ戦に重なってA3の試合があった時で、そのスケジュールの不備に、オシム監督がある意味<抗議>の意味をこめて13人しか発表しなかったのではないか、と思いましたが、今回はなぜこんなことをしたのでしょうか?

さらに驚くのは、なんとFWが高原(フランクフルト)一人しか選ばれていないこと。合宿に呼んだ6人のFWはどうしたの?と聞きたくなりますね。我那覇は怪我だそうですからわかりますが、他の選手は?これに対しての、オシム監督のコメントがまた泣かせます。

オシム監督: また、今まで呼ばれているのに今回呼ばれなかった選手に関しては、ここ数試合の調子を見てのイエローカードだと思って欲しい。
ただしレッドカードのように呼ばれなくなるわけではない。今以上に考えて、いいパフォーマンスを発揮し戻ってきてほしいというメッセージだ。

FWがJリーグからは一人も、一人も呼ばれていないということは、これ以上ない強烈なメッセージでしょう。この水曜日(21日)にはナビスコカップがあります。このコメントを聞いて、FW陣をはじめ選手たちはさらに発奮するでしょう。ものすごく単純に考えると、ここで得点した選手がそのまま選ばれる、という可能性さえ感じさせます。まだ第1節のナビスコカップが、急にエキサイティングなものに変わってしまいましたね。

また、年頭の合宿には参加しなかったGK西川(大分トリニータ)、MF二川(ガンバ大阪)が復帰しています。ガンバのゼロックス杯以降の好調振りからみても、二川の選出は妥当でしょう。個人的には橋本、藤本を含め、とても好きな選手なので、今回の招集は凄く楽しみです。

FW陣のほかに残念なのはMF今野(FC東京)とGK山岸(浦和レッズ)、MF田中隼磨(横浜Fマリノス)でしょうか。特に今野や隼磨は試合に出ていながら選出外となったことで、オシム監督のメッセージの対象の真ん中と言えますね。必ず帰って来るべき選手だと思うので、ここでまたぜひ発奮して欲しいですね。


海外組の招集とチーム作り

また、かねてからの言葉通り、MF中村俊輔(セルティック)とFW高原(フランクフルト)も呼ばれています。これまでオシム監督は、「無理して呼んで、クラブでレギュラーをはずされては意味がない」と海外組の招集には慎重でした。が、国際Aマッチデーであり、各国リーグがしっかり中断されるこの機会に、レギュラーの座を(おそらくは)奪われないだろう二人を呼ぶ、という決断を下したようです。理にかなった判断だと思います。

また、そのほかの海外組の中田浩二(バーゼル)、松井(ルマン)、稲本(ガラタサライ)らは今回は見送りということのようですね(レギュラーを取りきれていない選手はもちろんですが)。これも、「一度に多くの選手を入れ替え過ぎては、チーム作りの継続性を得られない」という観点からは、合理的だと思います。

チーム作りにはある程度の時間がかかる。そのため、まずは国内組でチームのベースを作る。そして、合わせる時間の少ない海外組は、そこへ少数トッピングするような形とする。そのような、私のして欲しかった強化の形が、ここに来て実現しそうになってきています。うまく機能させて欲しいですね。


「いつでも帰ってきなさい。門は閉じられていない」

さて、この招集を見てつくづく思うのは、「オシム監督はけして門を閉じない」ということですね。これまでオシム日本に一度呼ばれ、その後招集されなくなった選手は何人かいます。それはおそらく、Jリーグでのパフォーマンスは十分だが、オシム監督が代表で要求することが出来ていない、という判断でしょう。特に二川、小林大悟、山瀬、中村直志など、攻撃的MFにそういう選手が多く、おそらくは「走る」ことの量と質で、まだ十分ではない、と判断されたのだと思います。

しかし、今回好調のガンバから二川が代表に復帰しました。一度下った判断も、いつでもクラブのパフォーマンスで覆すことができる、ということですね。そしてオシム監督は非常にJリーグの視察を精力的にする監督ですし(この日はなでしこ含め3試合!)、それを選考にも反映させるということは、今回また非常に明確に示されました。これからも、いつでも、誰でも呼ばれる可能性はあり、また外される可能性もあるわけです。「代表に指定席はない」ということでもあるのでしょう。

もちろん、このようなやり方にもメリットとデメリットがあります。「健全な競争」とよく言われますが、それはよいことばかりではないと思います。しかし少なくとも、「代表に指定席はない」「門は閉じられない」ということは、選手にとって常に希望と緊張感を与えてくれることでしょう。それが選手に、そしてJリーグに、好影響を与えてくれることを期待したいと思います。

ペルー戦がつくづく楽しみになってきましたね。おっとその前のナビスコカップも。

それではまた。

12:26 AM [オシム日本] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21259/14320880

この記事へのトラックバック一覧です: もちろん、門は開いている: