« 考えて、前進する | トップページ | ま、こんなものでしょう »


February 21, 2007

「素直なチーム」か?

北京五輪アジア予選壮行試合 U-22日本代表vsU-22USA代表 0-0 

昨年はさまざまな事情もあり、選手をとっかえひっかえして戦っていた反町U-22ですが、二次予選の始まる今年になってようやく、「ベストメンバー」を組めることになったようです。その、やや新しいチームを組んでのはじめての戦いが、この試合になるわけです。

メンバーを見ると、ほとんどの選手がもうJクラブでもバリバリの中心選手で、攻撃陣にも魅力的な選手がそろっており、誰を起用するか迷うほどです。メンバーの特徴としては、本田圭、水野、家長など、サイドの選手に名手が多く、逆にいわゆる「レジスタ」というか、低目からゲームを作る選手や、アンカーボランチ(バイタルエリアを主戦場とし、守備に長けたボランチ)のタイプがやや少ないように感じました。あとはもちろん実績のあるFWも、多くはないですね。

さて、vsUSA戦では、反町監督は3-4-3という布陣を送り出しました。李が帰化したことによって3トップを組みやすくなったためか、USAが4-4-2だから、2トップとのマッチアップで3バック、4バックのサイドバックを押し下げるために3トップ、という「相手に対応した」計算でこの布陣を選んだのか、ちょっとわからないところですね。

--李--平山--カレン-
-------------
本田圭-本田拓-梶山-水野
-------------
--水本-伊野波-青山--
-------------
-----松井------

いきなりオープニングシュートは平山。DF青山から李を狙ったロングフィードのこぼれをダイレクトで、今年になって「絞った」という体のキレを感じさせる、低く抑えたいいシュートでした。

3トップの3人は、お互いの距離感もよく、ロングボールをよくものにして、そこから前線で細かい崩しで何度かチャンスを作っていくこともできていました。3人に梶山がよくからんで、パスから平山が抜け出して惜しいシュート(GKがはじき出す)などもありました。集まってからの練習でやったという「ゴール前での5メートル、10メートルでの動きの質」に関しては、確かに向上した部分もあったと言えるでしょう。

反町監督: バイタルにボールが入ったときに、5メートル、10メートルの質を上げていくことがアジア大会ではうまくできなかったので、今日トレーニングしました。

ただ、試合前会見で反町監督が「昨年はできていた」と語ったサイドアタックですが、この試合ではいまひとつ機能していなかったという感が強いですね。せっかく水野、本田圭という攻撃的なサイドの選手を起用しているのに、彼らを生かす攻撃が少なかった。DFラインからのロングボールを3トップに渡して、後は3人で、というようなプレーが多かった。しだいにUSAも3トップの動きに慣れ、日本のMF陣の押し上げも遅いので、ロングボールを入れてもキープできなくなっていきます。

やはりこの4人の中盤、+この3トップだと、マイボール時のパス回しにどうしても難がありますね。DFラインでまわしていてもボランチが顔を出さない。サイドが2人、3人に寄せられて苦しんでいても、パスコースを作る選手がいない。真ん中でワンクッション、ボールを持てる選手もいない。そうなるとどうしても、中盤で持ってからサイドへ、という形はできなくて、いきなり3トップへのロングボールが多めになってしまっていましたね。


ペースを奪われることと、奪い返すこと

それでも前半は、五分以上の攻撃ができていたと思うのですが、後半になってUSAが前への圧力を強めるとペースを握られます。ガツガツとフィジカルコンタクトして来て、ちょっとボールコントロールがぶれたところを奪われていってしまう。日本の選手としては、やはりもう少し早いパス回しをしていかないと、ボールを保持することもままなりませんね。後半開始からしばらくはUSAの時間が続きました。

反町監督はカレンに代えて増田(鹿島)を投入。カレンの疲労もあったでしょうし、「組み合わせを試しておく」という意図もあったでしょう(この試合の選手交代は、そういう「同タイプ」交代が多かったですね)。と同時に、やはり「3トップと中盤のつなぎ」のてこ入れをしようとしたのではないでしょうか。しかし、それはあまり機能したようには見えませんでした。

その後、本田圭に代えて家長を投入。家長は高い位置で強引にドリブル突破を図ります。これこそが攻撃的サイドを起用する意味であって、そうすることで敵が警戒し、簡単にはあがって来れなくなる。そのあと水野も自分で突っかけるドリブルからすばらしい切り返し、ポストを叩く惜しいシュート!USAに疲労もあったでしょうが、この時間帯は先手を取って、日本が攻撃に出ることができていました。

その後李アウト、苔口イン。本田拓アウト、谷口イン。その他にも平山のクロスバーを叩く惜しいシュートもあって、これは明日の新聞の見出しはまた「決定力不足」かな、というところですね。ただ、バーやポストもあり、また前半の枠内ミドルなどはGKを褒めた方が良いようないいシュートでした。そういう意味では、再スタート1試合目、敵はアジアレベルよりも強いUSAということもあり、攻撃面では少しはやりたいこともできた、特に練習したことは、とは言えます(下図は最後の布陣)。

--増田-森島-苔口--
-------------
家長--谷口--梶山-水野
-------------
--水本-伊野波-青山--
-------------
-----松井------


一夜漬けじゃないはず

試合終了後の監督インタビューでは、今回はここまで守備を練習していなかったとのこと。そのためサイドで数的不利になって攻められた、というようなことも言っていました。それに加えて、チーム全体でのチャレンジ&カバーとか、どこで奪いに行くか、などの戦術意識の統一ができていないようにも見えました。人数はそろっているのに、平山を除く全員が自陣のディフェンディング・サードに入る必要はない。誰かがアプローチに行かないと。

直前練習でやったことはできて、ちょっと置いておいたことができなくなった。実に素直なチームと言うべきなのでしょうか?

そういう意味では、「チーム全体に浸透しているはずのDF戦術の基本」が、やや揺らいでいるようなのが気になりますね。このメンバーが集まったのは初めてかもしれませんが、ピッチ上のメンバーは何度かは合わせたことのある面子のはず(李を除く)。まあ、反町さんも「課題が出たほうがいい」と言っているので、むしろよかったと思っておくことにしましょう。

それにしても、個人的にはやはりもう少し攻守の切り替えの速さを見たいし、ビルドアップの効いたサイドアタックも見たい。それは昨年できたはず、ということであれば、次の予選の試合(2/28vs香港戦)ではしっかりと、修正して見せて欲しいですね。もちろん、選手たちもみなその点,、特にビルドアップが課題と認識しているようです。わかっていれば、向上もしやすいはず。あと1週間、いい強化をして、香港戦に臨んで欲しいですね。

それではまた。

11:39 PM [北京五輪代表] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21259/14002069

この記事へのトラックバック一覧です: 「素直なチーム」か?:

» [サッカー] U-22日本、アメリカとスコアレスドロー : football weekly from 昨日の風はどんなのだっけ?
「素直なチーム」か? : KET SEE BLOG なんか語りにくいというか、語り出すと奥歯に物が挟まった言い方にどうしてもなる試合でしたね、それ以上の感想は特になしですが、反町さんに山本さんの影が見えるというのは、改めて少し分かります。 関連:平山、カレン、李の3トッ... 続きを読む

受信: Feb 22, 2007 1:30:09 AM

» ゴルフの歴史 from アプローチショット
・北欧起源の「コルフ」という、「打った球を柱に当てるスポーツが、スコットランドに伝わった」とする説 ・オランダの「フットコルフェン」から来ている説 ・中国の元の時代の書物「丸経」に記載されている捶丸(ついわん)という競技を起源とする説(捶丸については、中国の学者が五代十国の時代にまで遡るという説を出している。) ... 続きを読む

受信: Feb 22, 2007 7:11:23 PM

» 五輪代表戦。 from ☆雪の国から〜オレンジ観察〜☆
久しぶりに代表戦(A代表含めて)を見ました。 自分は試合に関しては、まずまずだったかなと・・・。 まず平山に関してですけど、ここ数試合の中では一番良かったかな ただ、それだけの話で。昔に比べて特別成長したとかそういう印象はなかった。 解説の金田さんが、ア...... 続きを読む

受信: Feb 22, 2007 8:03:57 PM

» 反町氏の限界 from 大池だより 
■素材を生かしきれない。 KKウィングは14,007人。U−22アメリカ代表との対戦。 お昼は温かな小春日和のようなお天気であったが、流石に夜になるにつれて冷え込んだ。   平山 ↑    ←李→       ←カレン               ↓ 本田圭 ... 続きを読む

受信: Feb 23, 2007 2:47:55 PM