« もちろん、まだ走るんだ | トップページ | 考えて、前進する »


February 19, 2007

書評「オシムが語る」

昨年後半から今年にかけて、オシム監督関連の出版ブームが凄かったですね。本屋に行けばオシム本だけで一つの棚ができるほど。おそらくはドイツワールドカップの失望から、もう一つはオシム監督が「言葉」を縦横に操る監督であるために、文章で描きやすかったという理由もあるでしょうね。しかし、数多いだけに玉石混淆、オシム監督の名前を出しただけの「いかがなものか」な本もあるように思います。その中では、本書は「オシムの言葉」「イビチャ・オシムの真実」と並ぶ、良書と言うことができるでしょう。

「オシムの言葉」は今では定番、過不足なくオシム監督を描き出している名著ですが、先に紹介した「イビチャ・オシムの真実」はより深く、オシム監督のルーツに迫ることができる本でした。そして本書は、「サッカー以外」についてもオシム監督が言葉豊かに語っているという点で、それらと違い、また新しいオシム像を描き出す興味深い一冊となっています。

「パスタなんか料理じゃない」「インターネット嫌いの理由」といった柔らかい(?)ところから、サッカーと資本主義、スポーツ・ジャーナリズム、サッカーとナショナリズムに関する深い議論、そして「国境は宗教よりも危険なものだ」「私が実践しているのはアナーキズムだ」「実を言えば、私は無心論者だ」などといった、ある意味センセーショナルな発言、さらにはクリントン、チェ・ゲバラ、チトー、ゴルバチョフ、ベルルスコーニ、マンデラ等の政治家に対する率直な批判、あるいはイスラム教や、9・11テロに関する、大胆な意見の表明などなど・・・。

これほどまでに多岐にわたる内容について、サッカーの監督が深く語っているインタビューを私は見たことがありません。それも、やはりあの戦争を経験したオシムだからこそ語れる、深い透徹した目線で。環境の違い、年代の違い、国の違いもあり、私個人とは意見が違うことも多いのですが、でありながら、いやだからこそ実に興味深い、考えさせられる内容です。

例えば、本書には全体として、前回書いた「人生に存在する<二つの側面>について理解して欲しい」という態度が貫かれています。オシムの立場からすると一方に肩入れしてもおかしくない、ミハイロビッチの問題にも、その逆の側面であるシュティマッツの例をあげています。巻末の木村さんのインタビューでも触れられていますが、ここまで人生の両面をしっかり見ようという態度には、私は感銘を受けました。

それにしてもオシム監督は今の日本社会について、どう見ているのでしょうか。サッカーだけではない、彼のそういう考えを、もっと読みたいという気にさせる、そういう本でした。

オシムファンで、もっとオシム監督の考え、話をいろいろ聞いてみたいという方にお薦めです。

それではまた。

11:57 PM [書籍・雑誌] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21259/13991011

この記事へのトラックバック一覧です: 書評「オシムが語る」: