« クラブW杯は「ワールドカップ」なのか? | トップページ | ちょっといい一里塚(サウジ戦回顧) »


December 20, 2006

書評 「敗因と」

年の瀬も押し詰まり、ワールドカップイヤー2006年も終わりが近づいているが、あの6月の惨敗の整理がついた人はどのくらいいるだろうか?

誰もがその「敗因」について考え、語り、しかしその本当のところは、チームの内部を覗くことができない我々にはうかがい知ることができないままだ。待ち望まれたJFAドイツW杯テクニカルレポートの日本代表分析も、おそろしく消化不良なものだった。そんな中、この年末にそろそろあの「敗因」について振り返ろうという向きには、本書は格好のテキストとなりうるだろう。

金子達仁、戸塚啓、木崎伸也の三名が、50人以上の関係者に取材、2006年ドイツワールドカップでの日本の「敗因」を描き出そうとする。タイトルが「敗因と 」となっているのは、その後の「 」の部分は読者が各自で考えよ、ということか。

さすがに多くの関係者、識者の話を聞いただけあって、読み応えはある。私は「最近、金子達仁氏の書くものが以前よりもずいぶんまっとうになってきているのではないか」という感を受けていたのだが、「それはこのように取材をし、サッカーの『現場』に近い空気に触れ続けていたからではないか」と本書を読んで思ったくらいだ。

取材対象は実に多岐におよんでいる。ジーコ、ヒディンク、日本代表の選手、鈴木國弘通訳、オーストラリア代表の選手、ブランキーニ(中田の代理人)、レオナルド、リティ、クロアチア代表選手、ゲルシャコビッチ(元ロシア代表コーチ)、ドイツ人記者、ボンの日本食レストランの主人、ブラジル代表の選手、小島伸幸、城、小倉、前園らアトランタ組の選手・・・。これだけの話を聞いているのだから、重要な証言も含まれている。実際読んでいて「おっ」とか「やはり」と思わされる発言も少なくなかった。どの部分が「おっ」なのかはネタバレになるので伏せておこう。

三人はそれらの取材から、「ドイツでの日本代表の内部がどうなっていたのか」を解き明かそうとしていくのだが、案の定その一部はNumber誌お得意のセンセーショナルな「内幕モノ」になっている。特に「ある選手は・・・と語る」が多用される第3章や第6章はその傾向が強い。もちろん選手がお互いや監督を批判しているような言葉を、発言者名を特定して書くのははばかられるのだろう。だがそれにしても、もっと冷静な、あまり脚色しない書き方もあったのではないか、と思わされるところもある。ぽん、と事実だけをそこに放り出しておいても、十分だろう、この内容なら。

それ以外の部分では、多方面へ取材した成果が出て、2006年ワールドカップでの日本代表を描いたものとしては、一定の評価を与えられるものになっていると思う。また、一つの見方に対して反対の意見を持つものの言葉も取り上げているのは、ある程度の公平さを感じさせる。全体として美文調が過ぎるところは好みが分かれるだろうが(私は一部に辟易とした)、それが故に最後まで一気に読ませるとも言える。ヒディンク監督の談話の中身などは、サッカーの話としても非常に明快で、一読しておく価値は十分にあるだろう。

中で触れられる「敗因」はもちろん一つではない。コンディションの問題。戦術面の問題。戦術を選手が討議して、結論が出なかったという問題。モチベーション・コントロール。采配。23人の人選を含む、チーム・マネジメント。選手の技術。ゲーム運びの未成熟さ。暑さの中で2試合したこと。チームがひとつになっていなかったこと。「戦う姿勢」がなかったこと・・・。どの「敗因」が最も重大なのか、金子氏も言うとおり、それは読む側それぞれによって違ってかまわないことだ。本書はそれに対して、回答ではなく、考える材料を与えていると受け止めるのが正しいのかもしれない。

最後の章では、金子達仁氏の考える「 」の部分が語られている。それはある一つの問いに答える形で説き起こされる。そこで示される金子氏の解答は、間違ってはいないと思うが、私はもっと掘り下げることが出来ると感じる。金子氏の問題提起は、「私たちが2002年のアイルランドチームと、アイルランドサポの姿にあれほど心打たれたのはなぜか」「そして今回、そのような戦いぶりを日本チームが示すことができず、また私たちもアイルランドサポのようになれなかったのはなぜか」という問いと同質だ。それは、これからの日本が、サッカー界だけではない日本全体が、問い続けていかなくてはならない問題なのだと思う。その点に関する私の考えはまたいずれ(笑)。

一言でいうと: そろそろドイツでの日本の敗因を考えたいと思う方には、それなりにお薦めできる。

今回から、気になる本の書評などを始めてみることにしました。書きなれていないのでつたないと思いますが、それぞれの本の魅力なり、読後感などが伝わるといいのですが・・・。

それではまた。

01:44 PM [書籍・雑誌] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21259/13135404

この記事へのトラックバック一覧です: 書評 「敗因と」:

» 「敗因と」 from ◆ Football Kingdom ◆
今日、噂の?この本を購入しました。最後まで一気に読んでしまいました。非常に面白くお薦めです。ドイツW杯での日本代表について、金子 達仁、戸塚 啓、木崎 伸也の三氏が50人近い人にインタビューをして書いた本です。2002年W杯のドキュメンタリー映画「六月の歌を忘れない」に近いテイストです。 簡単に内容の説明をしますと・・・タイトル通り、ドイツW杯での1分2敗の敗因について、国内組vs海外組、スタメン組vs控え組、(�... 続きを読む

受信: Dec 20, 2006 9:37:39 PM

» 敗因と/金子 達仁・戸塚 啓・木崎 伸也 from 書評ぽーたる
内容(「MARC」データベースより) ドイツW杯、日本代表は内部崩壊していた! あの時日本代表内部に何が起こっていたのか? そして日本サッカーに未来はあるのか? 3人のスポーツライターが関係者を徹底取材し、真相に迫った書き下ろしノンフィクション。 この本のおす....... 続きを読む

受信: Dec 26, 2006 3:42:12 PM