« では国立で! | トップページ | オシム監督に期待すること »


August 14, 2006

プロの代表監督なら当たり前のこと

Ttオシム監督が就任して、一試合めのトリニダート・トバゴ戦が終了しましたね。試合内容についてはまた後日に見てみることにして、今回はその過程ですでに出て来た、いくつかの興味深い談話について考えてみたいと思います。

それらの発言は、「ああ、やっぱりプロの代表監督はこうなのだな」と思わされるものでした。そして、それを聞くと、この監督なら、この4年間に犯した過ちは少なくとも繰り返さないだろう、もしかすると、この4年間に売り渡してしまったものも、取り戻せるかもしれない。私にはそう思え、うれしくなりました。

「プロの代表監督なら当たり前のこと」とは、「強化を商売よりも優先する」ことがまず第一です。それに付随して、いわゆる「スターシステム」を否定したり、マスメディアの際限のない要求に応えなかったり、ということがでてきます。また、強化の仕方についても、経験に基づいた合理的なものを求めていくはずです。具体的には、これまでの会見での発言から、少しずつ見ていきましょう。


■練習の重視、日程のコーディネート

メンバー発表会見

オシム: 代表チームと(他の日程が)バッティングしてしまったので、こういうことになってしまった。今後は、こういうことがないように願いたいものだ。

これは、トリニダート・トバゴ戦がA3とバッティングして必要な選手を呼べないことを問題視したものです。今回は就任の時期もあり、協会側としては仕方がないことではありましたが、今後はオシム監督の意思を重視して、不要な親善試合は組めなくなっていくでしょう。親善試合で収入を上げることよりも、強化のための練習を。この辺は「練習のための合宿」を重視していたトルシェ監督と共通する考え方ですね。

オシム: 本来ならばもっと早い時期にメンバーを発表して、もっと早くトレーニングを開始したいと思っていた。

プロの監督は、自分がトレーニングによってチームに影響を与え、それによって強化していくことができることを知っています。そのための「練習」とは、非常に重要なものなのです。オシム監督も、「練習のための合宿」を組みたいと要求しているとのこと。強化のための合理的な考え方と言えるでしょう。


■競争環境、「負けてもいい?」

試合前日会見

オシム: あらかじめスタメンを発表するのは、相手に失礼に当たる。大体は決まっているが、相手へのリスペクトを示すためにも、(ここで)スタメンは発表しない。

スタメンを訊く記者はそれで楽に記事を書こうとしています。フォーメーションを訊くこともそうですね。オシム監督はそういうことにサービスをしません。

それどころか、試合直前まで選手にもスタメンを伝えないやり方をとりました。これも、トルシェ監督が試合直前まで競争意識を持たせたやり方と同じですね。将来はわかりませんが、立ち上がりは選手間の競争によって、選手たちの力を引き出そうとする方法を採るようです。

オシム: 勝つことには、さまざまなことが含まれている。ただ(結果だけで)勝ってしまえば、そういうことが見えない。敗北は最良の教師である。だが、「だから負けたい」とは私は言えない。

プロの代表監督は、親善試合に対して様々なテーマを持って臨み、勝敗だけではなくそのテーマの達成を重視する、ということがあります。代表チームの「強化」とは、そういうことを通してなされるものだからです。内容の悪い勝利よりも、テーマがきちんと達成され内容がよければ、敗北の方がよいこともある。「明日のために今日を使う」こともあるのが、プロの監督です。


■そして、スターシステム

オシム: 私もキャプテンは大事だと思っている。だが、スポンサーの力やマスコミによってキャプテンが選ばれるわけではない。スポンサーやマスコミに都合のいい人がキャプテンになることを希望していることは多いが、時にその見栄えのいいキャプテンは役に立たないこともある。
 今は、この人がキャプテンだろう、という雰囲気が出てくることを期待している。キャプテンとは育てられるものではなく、持って生まれた特徴のある人。キャプテンとして生まれる、そういう人がキャプテンだ。

これも、どこかで聞いたことがあるセリフではないでしょうか(笑)。オシム監督も、「スターシステム」がいかに選手をスポイルするか、チームにとって、強化にとって邪魔であるかを知り抜いていますね。トルシェがあれほど嫌悪し、それから選手を守ろうとした「スターシステム」。この4年で川淵会長、ジーコ監督の下、チームにびっしりとまとわりついてしまったそれを、オシムは引き剥がそうとしています。

「オシムの言葉」(木村元彦著)より

勇人が記者に囲まれているのを見ると、私は頭が痛くなる。若い選手が少しよいプレーをしたらメディアは書き立てる。でも、少し調子が落ちて来たらいっさい書かない。するとその選手は一気に駄目になっていく。彼の人生にはトラウマが残るが、メディアは責任を取らない。

これはジェフの佐藤勇人選手についての言葉ですが、代表ではメディアはもっともっと巨大なスターシステムを構築しています。キャプテンを知りたがり、スタメンを知りたがり、10番を、司令塔を祭り上げたがるでしょう。はやくキャプテンを、司令塔を固定してもらって、次のCM契約の話をしたがっているでしょう。

イエメン戦の召集選手が発表になると、いきなり佐藤兄弟を大きく取り上げようとしています(これでイエメン戦に兄弟ゴールとかあったらどうなることか・笑)。しかし、オシム監督はその弊害を知り抜いている人ですから、心配は要らないように思います。ただ、ここ8年間で日本代表監督に就いた二人のプロの監督が、同じように「スターシステム」を警戒していることを、協会とメディアはもっと真摯に受け止めるべきでしょう。

オシム監督は、日本代表チームを「日本化」することを考えているようです。しかしその前に、日本代表チームの周辺が「商売」によって歪んでしまっていたのを、「正常化」させようとしてくれているように思います。これは、川淵会長としては歓迎できないことではないでしょうか?いずれ川淵氏はオシム監督とこの点で対立し、どこかで言うことを聞かせようとするのではないかと予測します。そして頑固者のオシムがそれを拒否したときには・・・。

私は、サポーターは「正常化される」日本代表の環境、それをなそうとしてくれているオシム監督を、守らなければならない、と感じています。それが、この4年間に対する償いなのだ、と。そのためにも、強化よりも「スターシステム」を推進する協会の現体制に、「NO!」と言うことが必要です。少なくとも、改革を行おうとするオシム監督をしっかりと協会がサポートするように、継続して声をあげ続けていきたいものです。

それではまた。

02:23 AM [オシム日本] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21259/11425135

この記事へのトラックバック一覧です: プロの代表監督なら当たり前のこと:

» 国際親善試合 日本代表vsトリニダード・トバゴ代表 from Urawa Stadium -Football Blog-
日時:2006年8月9日 19:20  天候:雨 結果:2-0 得点者:アレックス17、22 会場:国立競技場 出場メンバー: 【日本代表】 GK:1 川口能活 DF:7 田中隼磨、2 坪井慶介(61' 16 栗原勇蔵)、4 田中マルクス闘莉王、5 駒野友一 MF:13 長谷部誠(74' 18 中村直志)、15 鈴木啓太、14 山瀬功治(56' 8 小林大悟)、3アレックス(86' 17 坂田大輔) FW:10 田中達也、9 我那覇和樹(66' 11佐藤寿人) ... 続きを読む

受信: Aug 15, 2006 12:38:19 AM

» イエメン戦の日本代表選出 from Football! Football!! Football!!!
感想としては、宮本選手が漏れたことですね。これは個人的には好印象です。これで、2 続きを読む

受信: Aug 15, 2006 1:36:53 PM

» アジアカップ予選・vsイエメン戦:日本代表発表 from ミューズとソフィア
AFCアジアカップ2007予選(対 イエメン代表)8月16日@新潟スタジアムGK:川口能活(磐田)、山岸範宏(浦和)DF:三都主アレサンドロ・坪井... 続きを読む

受信: Aug 15, 2006 11:39:40 PM

» 「考えて走るサッカー」オシム・ジャパンは必ず成功する from 万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記
 勝手な仮説を立ててみる。中田英がW杯敗戦直後に引退表明した原因はオシムにあったのではないか。好きなようにやらせるジーコの指揮下では、中田英はリーダーとして、自由に振る舞えた。ジーコの次の日本代表監督がイビツァ・オシム氏(65)になることを、中田は独特の....... 続きを読む

受信: Aug 25, 2006 2:05:08 PM

コメント

コメントはBBSの方へお願いします。