« サッカーの見方、考え方 | トップページ | 代表発表前夜 »


April 26, 2006

「オフ・ザ・ボール」というメッセージ

前回のエントリーには、いくつか賛同のご意見をいただいてとてもうれしいです。さて、あれを書いた後、なにか書き忘れたことがあったと思っていたのですが、最近また掲示板の議論を見ていて、はたと思い至りました。それがオシム監督のサッカーを描写する時によく使われる「走るサッカー」という部分です。

この場合の「走る」は当然、ボールのないところでもチーム全員が「走る」ということですから、いわゆる「オフ・ザ・ボールの動き」ということになります。前回書いた、「コミュニケーション・ゲーム」としてのサッカーを愛する私は、この「オフ・ザ・ボールの動き」の整備された、あるいは豊富なサッカーも、同じように好きなのです。それはなぜでしょうか。

コミュニケーション・ゲームとしてのサッカーにおける「メッセージ」は、一般には「ボールホルダーからパスの受け手へ」というものだと考えられているでしょう。パスを出す選手のアイデア、技術と言ったものがそこでは中心になる。昔よく言われた「使う側と使われる側」という言葉も、そのメッセージの流れを重視していることによって出てくるものだと思われます。

しかし、いいオフ・ザ・ボールの動きがあると、それも強烈な「メッセージ」だと私には思えるのです。

「ここへ出してくれ!」「ここのスペースを空けるから、そこを使ってくれ!」・・・観戦している私にも、そういうメッセージが届きます。フォローやサポートの動きも、「俺がここにいるから、お前は安心して上がってくれ!」というメッセージのように見えてくる。それはとても語彙の豊富な、発話者の多いコミュニケーション・ゲームを見ていると思えるのです。そしてそこに「全員参加ゲーム」としての美しさ、楽しさを私は見ます。

対して、オフ・ザ・ボールの動きの少ない、パスが足元、足元につながるサッカーでは、回りの選手がボール・ホルダーの次のプレイを「待って」しまうことがあります。これは私にはどうにも「単線」のコミュニケーション、一人一人がスピーチをするのだけど、あまり「対話」のないそれに見えてしまうのです。そこに優れたテクニックがあっても、ボールをもらってから一人一人が「さあ、何をしようか」というようなサッカーだと、私は退屈に感じてしまいます。

もちろん、上記二つの類例は極端に書いたものであって、どちらもそれぞれの要素を含んでいるのは当然です。オフ・ザ・ボールの動きも、ボール・ホルダーのオン・ザ・ボールのテクニックを信頼できないと思いきりのいいそれにならないし、テクニックの優れたミッドフィールダーも、受け手のオフ・ザ・ボールの動きがなければキラーパスを通すことはできません。どちらか一方だけのサッカーというものは存在しないし、そのどちらも重要であることは論を待たないでしょう。

先日レストランで友人と一緒に、Jリーグ第9節、清水エスパルスvs浦和レッズの試合を観戦しました。個人技に優れる浦和に対して、清水エスパルスはコンパクトに組織的に守り、そこからの攻撃も決してタテ一辺倒ではなく、フォローに来た同僚にショートパスをつないで前に出て行こうとします。むしろロングボールの少なさに、一緒に観戦した友人が「そこは大きくクリヤーだろう!」と叫ぶほどでした(笑)。

それは昨シーズンのはじめごろ、長谷川健太監督が就任して早くから見せていたサッカーの発展形であり、今年の元旦の天皇杯決勝で見せていたそれの、より向上した姿でした。ちょっと「いい内容」のサッカーで、私や一緒に観戦した友人の多くの好みのサッカーでもありました。浦和もよい反撃を展開し、ジャッジが荒れたのが残念でしたが、けっこういい試合を見たな、という気分にさせてくれるものでした。

この清水のサッカーも、中盤の選手のオン・ザ・ボールのスキルがなかなかに高いことによって、当初意図していたことがカタチになってきたと言えます。テクニックのある選手が、労をいとわずに走り回るから、周囲の選手と協力していいサッカーを展開していける。こういうサッカーがJでもさらに結果を出せると、バラエティに富んだリーグになって行けそうで楽しみですね。

現時点での課題はもちろん、このような「全員発話のコミュニケーション」は選手の消耗、疲労が激しいこと。ただ、このサッカーの場合は「一人一人が上手く休むこと」とかよりも、全員で試合をこなしていくうちに、味方の時間帯を大事に、長くすること、どうしても来る敵の時間帯に集中を高めることなどを学んでいく方がよいのではないかと、個人的には思います。

この日の試合は清水が勝ち、天皇杯からの成長ぶりを見せましたが、内容的には紙一重と言えるものでした。どちらのサッカー観が上でも下でもない。どちらにも長所もあれば、欠点もある。さまざまなサッカー観があり、いろいろなサッカーファンがいて、いろいろなサッカーがあるからサッカーは面白い。私は最近つくづくそう思います。なにしろ、世界で一番たくさんプレイされているスポーツですもんね。

さあ、今日もサッカーの「幅」を楽しもう。

それではまた。

05:56 PM [サッカー] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21259/9774528

この記事へのトラックバック一覧です: 「オフ・ザ・ボール」というメッセージ:

» ジーコ日本代表論 「1対1」を仕掛ける意識と「アクション」「リアクション」の関係! from doroguba~football column~
人気blogランキングへ 今売りのnumber652号は日本代表特集!ジーコや中村俊輔、田中誠、サントスのインタビューがおもしろかったんですが、気がついた点をいくつか。「もちろんだ。事実、FWにゴールをアシストするMFにも課題はある。たとえばゴール前での最後の攻防だが、1対1で仕掛けない選手が日本には多すぎる。たとえばジェラードやランパードといった一流のMFは自分で攻めていくことを恐れない。仮にその結果、後ろに大きなスペースができることになってもだ。だが、日本の場合、バランスや果たすべき...... 続きを読む

受信: Apr 28, 2006 7:15:34 PM

» 「組織」対「個」の勝負は・・・(川崎 2-2 清水) from N研究員の研究ノート
不覚にも途中で寝てしまった前節のリベンジのため、雨の中等々力競技場へ。 といえば聞こえはいいものの、雨降らなかったら行こうと思っていたのが、お昼頃まで雨が降ってなかったので当日券を買ったすぐ後に降りだしただけなのですが・・・しかし、スタジアムに向かう道は雨だったものの、2階の屋根つきの席を何とか確保。意外に快適に観戦できました。 さて、試合ですが、席に向かう途中、コーナーキックからいきなり先制。丁度ゴール裏から見てたけど、誰かはわからず。後ろからだったからDFかな?と思っていたら、案の定斉藤でし... 続きを読む

受信: Apr 29, 2006 11:50:33 PM

コメント

コメントはBBSの方へお願いします。