« 大久保、胸を叩く | トップページ | ニュースいろいろ »


January 13, 2005

高校選手権のすばらしさと今後

logohighschool2いやあ、白熱した、気持ちの伝わってくるいいゲームでしたね!両校の選手、関係者の皆様お疲れさまでした。そして鹿児島実業、優勝おめでとう!(ちょっと遅れてしまいましたが)

鹿実岩下君、市船渡辺君の統率するDFラインが組織的によく守り、相手の攻撃の芽を中盤で摘む。ようやくそこを突破しても、数少ないチャンスは最後の瞬間に体を張って守る。両者守備がいいので、なかなかチャンスを作ることができません。

鹿実のほうが大きな展開、裏への意識やダイレクトプレーの意識が高く、押している時間が長かったですね。全体として、攻める鹿実、守る市船という構図だったでしょうか。市船は、準決勝でも感じた展開の小ささ、スピードの遅さ、要所で足元、足元へのパスになるところが、鹿実の速い、体を張ったプレスに引っかかってしまい、持ち味が出せない状態でした。

しかし、それでもしっかりと守り、結局両者ゆずらず0-0で延長へ。

延長でも、このハードスケジュールにもかかわらず、走り続ける、プレスをかけ続ける選手たち。すごいですね。

そして結局延長でも0-0のままタイムアップ、PK戦に突入します。鹿実GK片渕君が市船の3人目のキッカーを読みきって右へ飛んでセーブ、さらに市船の4人目がポストにキックを当ててしまい、鹿実の優勝が決まりました。PK船を何度も経験してきた今年の市船、その分研究されてしまったでしょうか。

なかなかビッグチャンス、シュートチャンスの少ない試合でしたが、これだけ楽しめたのはやはり両者の気持ちがびんびん伝わってくる試合振りからでしょう。

アナウンサーがしきりと「高校サッカーの素晴らしさ」を強調するんですが、そんなものいりませんよ(笑)。言葉で言われるよりも、見ていればわかるから。そういう試合でしたね。

さて、こちらに高校選手権の、川端暁彦さん(エル・ゴラッソ)の総括があります。こちらに書かれているとおり、高校生年代のタレントがJクラブのユースチームにシフトするようになって来たのが、今大会の小粒感につながってきているのでしょうね。

高校選手権は日本テレビが放映してくれて注目度も高かったですね。しかし、最近次第にJユースに押されてきていることが、ここ数年選手権の実況アナが試合中に何度も「仲間と出会えて青春を燃やせる高校サッカー部は素晴らしい」と強調する理由のひとつなのでしょう。

しかしやはり、Jリーグが創設されたことで、サッカー選手の大舞台、大目標が変わって来、「高校選手権が最終目標」ではない選手が増えてくるのは、これは時代の趨勢というものでしょう。優秀な選手であればあるほどそうなるはずで、そういう選手が高校サッカー部ではなくJユースを選ぶことが出てくるのも、「選択肢の広がり」としては素直な姿ではないかと思います。

そうなると、これまでのように有力高校に人材が集中するということはなくなりますから、全体としては注目が拡散する、高校選手権への注目度は相対的に低下していく、ということになりますね。これも自然なことだと思います。これからはそれほど過度な注目を集めることなく、「高校サッカー部にとっての晴れ舞台」として、選手権は存在していくようになるのでしょうね。

優勝した鹿実の松沢総監督がTVのインタビューに答えて、「高校サッカー仲間として、高校サッカーを盛り上げたい」とおっしゃっていました。この日の選手たちの、監督の姿に感動した身からすると大きく頷いてしまうのですが、冷静に考えると、高校選手権自体の注目度がかつてのようになることは、基本的には難しい。そしてそれはそれでもよいのだ、と私は思います。

それとは別に、トッププロを目指す選手はJユースに進路を取ったり、あるいはやはり有力校で切磋琢磨する道を選んだりと、これまでよりも幅の広い選択肢をもつことができる。それもよいことだと思います。そして、高校サッカー部の有力校は、それらのトップレベルを求める選手たちから、自分の実力を最大化できる進路として「選ばれる」存在にならなくてはならないわけですね。

でも、この日の決勝を見ていたら、こういう素晴らしい指導者の皆さんがこれだけの情熱を傾けておられるのだから、これからもそれはきっとできるに違いない、そう思いました。

ところで、ユースの育成の話に関しては第4回フットボールカンファレンスのほうでまたいろいろと講演があったようです。実際に講習を受けられた湘南蹴鞠屋さんがレポートをしてくださっています。エル・ゴラッソでも今後報告があるとのこと。楽しみですね。

それではまた。

02:14 AM [サッカー] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21259/2557576

この記事へのトラックバック一覧です: 高校選手権のすばらしさと今後:

コメント

コメントはBBSの方へお願いします。