« 日本にもボスマン判決の波が! | トップページ | マルセイユへの旅 »


January 25, 2005

中田(浩)選手移籍続報

中田浩二選手の移籍に関しては、新たな記事が出てきました。

鹿島側は中田(浩)選手に、「残留か、ゼロ円移籍か」の決断を求めているとのこと。ゼロ円移籍ということは、これはおそらく鹿島としてはほぼ「縁が切れる」くらいのことなのでしょうね。それもあって、中田(浩)選手は、

育ててくれたのも鹿島。ただ行きたいという強い気持ちは変わらない。

と、非常に悩んでいるようです。

先日のエントリーに書いた「国際ルールでは、契約期間が切れると無償で移籍できる」ということですが、これは武藤さんが記事でかかれたように、ボスマン判決という「EU内で通用するもの」が出発点であったと思います。これが全世界的に適用されているかどうかは、先日書いた時には私は知識がありませんでした(その後武藤さんは訂正記事を書かれています。すばやい対応、見習いたいです)。

実際にはどうか、調べて見るとFIFAのこのページに行きつきました。ここでは「無償で移籍できる」とは書いていないのですが、

契約期間が切れている場合は、その選手の所属するサッカー協会は移籍証明書を発行すること(大意)

などとなっていて、契約の切れた選手を拘束できる条項はなく、どうやらやはりFIFAのルールでは、「契約の切れた選手は無償で移籍できる」ものではないかと思われます。私も英語が得意ではないので、間違っているかもしれませんが…(もし誤りであったらご指摘願います)。

さて、もう一つ気になるのが、一部のスポーツ新聞などで

契約の切れている選手は、欧州の移籍期間が終わっても移籍できる

と書かれていることです。ご存知のように中田(浩)選手の契約は1月31日まで、そこを過ぎるとフリーになるのですが、欧州の冬の移籍期間が同じく1月31日までで閉まってしまうので、そう簡単にフリー移籍はできないものだと私は思っていました(いくらなんでも、欧州との時差の、空白の何時間かで移籍はしないでしょう)。例えば6月まで待って、そこで契約とか、ですね。

「契約の切れている選手は、欧州の移籍期間が終わっても移籍できる」…これは本当なのかどうか?先のFIFAの条文を読んでも、どうにも理解ができません。もし本当なら、2月1日以降にマルセイユと中田(浩)選手は焦らずに契約をすればいい、ということになりますね。…本当なのでしょうか?

そう考えると先の、鹿島が中田(浩)に求めている「残留か、ゼロ円移籍か」という条件が意味を持ってくるように思えます。もしかすると、

1)日本もFIFA―ボスマンルールに従わなくてはならない。(仮)
2)2月1日以降も、契約の切れている選手は移籍できる。(仮)
本当かどうか分からないので(仮)としています。

という二つの条件から、「手続き面で中田(浩)選手を引き止めるのは無理」という状況ができあがっていて、問題は中田(浩)選手の気持ち一つ、になっているという事の顕われなのかもしれません。あくまでも、もしかすると、ですが。

いずれにせよ、もうすべては中田浩二選手の「気持ち」にかかっているということでしょうね。私は、海外移籍をかならずしも奨励する物ではありません。日本選手が、出場機会を得られずベンチを暖めることが多い状況は、向こうで評価を得ることの難しさを示しています。海外への挑戦は、もちろん意義はあるが、選手が失ってしまうものも多いと思うからです。

しかし、逆にこれは千載一遇のチャンスであることも確かですね。トルシェ監督はマルセイユにずっといるとは限らないわけですが(笑)、いる間は他の監督よりも現時点で中田(浩)をよく知っており、おそらく試合に出場させる可能性もより高いであろうと考えられます。これからも移籍の話は来ると思いますが、こういう機会はそうそうないでしょう。

しかし、お世話になったクラブに移籍金を残せないということも、中田浩二選手としては心苦しいでしょうね。あとは彼にとって、サッカー人生をどう考えるかという事でしょうか。どちらを選ぶにしても、悔いのないようにして欲しいものですね。

それではまた。

07:13 PM [サッカー] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21259/2692196

この記事へのトラックバック一覧です: 中田(浩)選手移籍続報:

» ていうかマルセイユが悪い from SOCCER LOVERS
中田浩の代理人に苦言 鈴木チェアマン「3者の妥協点を調整するのがエージェントだが、今回は若干の問題がある。どちらかが大損するようではいけない」と苦言を呈した。そ... 続きを読む

受信: Jan 25, 2005 9:14:14 PM

» 背水の陣 from ジェフリスダイアリー
■KET SEE BLOGさんのところで中田浩二移籍問題について続報。マルセイユは交渉を譲歩する見込みがない(そりゃそうだ、あと1週間待てば無料で手にはいるのだ... 続きを読む

受信: Jan 26, 2005 10:00:19 AM

» 中田浩二選手、マルセイユへ移籍。 from Demilog
個人的に大のお気に入りキャラ(でも一緒に仕事はしたくないよー)であるフィリップ・トゥルシエ監督がフランス1の人気クラブ、マルセイユに就任して以来時々試合をチェッ... 続きを読む

受信: Jan 26, 2005 11:55:12 PM

» [football]鹿島アントラーズの「フランク・ランパード」中田浩二、マルセイユ移籍! from B.J Diary ならぬ B.P Diary
「フランク・ランパード」は、プレーじゃなく顔の種類が・・・ということで!鹿島アントラーズFC会員の我家ですが、私はアントラーズに思い入れは、あんまりありませ〜ん... 続きを読む

受信: Jan 27, 2005 5:30:55 PM

» 中田浩二の選択。 from +++ A to Z +++
 鹿島アントラーズの中田浩二が鹿島と契約更新をせず、マルセイユの無償移籍と いう選択を執った。理由は「これが最後のチャンスだと思った」。  これから海外... 続きを読む

受信: Jan 27, 2005 6:02:49 PM

» マルセイユは“マルエツ”と“西友”が合併した訳ぢゃありもはん。 from 彼是日記
中田浩二のマルセイユ移籍決定!! 鹿島側は当初、低額の移籍金などをめぐり 移籍を認めない方針だったが、慰留を断念した。 中田浩の鹿島との契約は31... 続きを読む

受信: Jan 27, 2005 6:16:23 PM

» [J LEAGUE]中田浩二が移籍金なしでマルセイユへ from FOOTBALL MANIA
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/headlines/20050127-00020792-jij-sp... 続きを読む

受信: Jan 27, 2005 9:48:49 PM

» 平山の「移籍金ゼロ」移籍についての一考察  またはJリーグのボスマン判決を使った逆襲 from doroguba~football column~
■平山のヘラクレスからFC東京への移籍がちょっとおもしろい展開を見せてます諸事情によりCLセルティック戦を見れてないので、今回は代わりにこちらの話題を。平山自身についてはどうでもいいのですが、今回のヘラクレスからFC東京への移籍がちょっとおもしろい展開をみせているみたいですので、それについて。まぁまとめと言いますか、邪推とでも言いますか。スミット会長 よく考えると、彼は金曜(8日)午後に日本に帰って、月曜(11日)の午後に新しいクラブを決めた。それは東京と平山が、裏で移籍話を進めていたから...... 続きを読む

受信: Sep 14, 2006 3:49:06 PM

コメント

コメントはBBSの方へお願いします。