« クリンスマン監督談話 | トップページ | あけましておめでとうございます »


December 31, 2004

よいお年を

V6010012いよいよ明日はもう新年、天皇杯決勝ですね。皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、今年も年末恒例(?)の、「2004超激論バトル!朝まで日本サッカー応援宣言!」なる番組があったようです。例年出演者の皆さんの意見に納得できないことも多く(笑)、見たことがないのですが、今年もそんな感じでしょうか。一応ハードディスクに勝手に録画されているんですが、「サッカーのある幸せ」「気ままに代表ブランク」「Looseblog」さんのすばらしくまとまった感想を読んだほうがためになるかな(笑)。

もう一つ、年末に驚くべきニュースが飛び込んできました。

先日、あのレアル・マドリーが強化部長にアリーゴ・サッキ氏を迎えただけでも驚いたのですが、今度はバンデルレイ・ルシェンブルゴ氏(ブラジル)の新監督就任が正式に決まったとのこと。ゾーン・プレスを創始した戦術家サッキ氏と、ブラジル代表を率いた「ブラジルきっての戦術派監督」が、あの「戦術よりもスーパースター」というレアル・マドリーでどのようなサッカーを見せるのか。

ロベルト・カルロスはさっそく歓迎のコメントをよせています。

ルシェンブルゴが監督なら本当のサッカーができる。

それはスゴイ(笑)。果たして大きな方針の転換があるのか。これは興味深いことになりましたね。

ところで、今年はこれが最後の更新になりますので、年末のご挨拶をさせていただきたいと思います。

みなさま、今年は本当にお世話になりました。
サッカー的にも、全国的にも、世界的にも、なんとも大変な一年でしたね。
個人的には、みなさまとこうして知り合えるなど、収穫の多い一年でした。
来年は世界的に平和な、災害のない一年になること、そしてみなさまにとってよい年になることをお祈りします。

よいお年をお迎えください。それではまた。

02:15 PM [ご挨拶] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21259/2425734

この記事へのトラックバック一覧です: よいお年を:

» サントス監督ルクシェンブルゴは、レアル・マドリへ from ブラジル・サンパウロから世界へ、そして渋谷
今朝(30日)のスポーツ面で驚いたのは、 つい先日、 サントスの監督として、ブラ 続きを読む

受信: Jan 1, 2005 5:57:19 AM

コメント

コメントはBBSの方へお願いします。