« 明日につながるサッカー | トップページ | 目を向ける高さ »


December 19, 2004

悔しい&心配なニュース

V6010003なんと、韓国は3-1でドイツに勝ってしまったようです。ちょっと、いやかなり、いやとても悔しいですね(写真は日本vsドイツ戦のドイツサポが国旗を広げているところ)。

コンディションや組織の充実度、モチベーションそのほか、いろいろな要因があるでしょうから、一概には比べられませんが、やっぱり永遠のライバルにいい結果を残されると、うれしくはないですね。

うわさによると、ドイツはこんな具合だったようですね?

-----クローゼ----クラニー------
---------バラック----------
シュバインシュタイガー------シュナイダー
---------エルンスト---------
ラーム--ヴェアンス--フリードリヒ--ヒンケル
---------カーン-----------

クラニーやラームやヒンケルといった、UEFAカップのために日本戦を欠場したシュツットガルト組も、出場しているようですね。時間がたって、日本戦に来ていたメンバーの時差ぼけは解消してきているかもしれませんが、日本戦を終えて深夜に韓国入り、中二日で試合、ということで、メインメンバーのコンディションは低下しているに違いありません。それが大きく影響しているのでしょう。きっとそうだ。そうに決まっています。

ただ、前回も書きましたが、日本戦でもドイツは初代表3人、19歳のポドルスキーや20歳のメルテザッカーを起用した上に3トップを「試す」という「明日のために」モードだったのであって、けして完成度の高いチームだったわけではありませんね。クリンスマン監督になって4試合消化しただけの、まだまだこれから、発展途上のチームでした。そういう意味では、未完成のドイツに対して、韓国がこのような結果を出すのは不思議ではありません。ありませんが、イヤな気分ですね(笑)。

韓国はこんな感じでしょうか?(数字は年齢)

-----------イ・ドング(25)-----------       
キム・ドンヒョン(24)-------------チャ・ドゥリ(24)      
----------キム・ドヒョン(22)-----------
キム・ドンジン(22)------------パク・キュソン(23)
----------キム・サンシク(28)----------
-パク・チェホン(26)-キム・ジンギュ(19)-パク・ドンヒョク(25)-
-----------イ・ウンジェ(31)-----------

こちらも日本と同じく海外組はほとんど呼んでいないのですね。国内組、若手が多いチームのようです。試合展開は、

金東進(キム・ドンジン/ソウル)が先制ゴール、李東国(イ・ドングク/光州)が勝ち越しゴール、チョ・ジェジン(清水)が駄目押しゴールを決め、バラックのFKで反撃したドイツを3-1で下した。

というものだったようです。うーん、見てみたいですね~ホントに。ちなみにドイツ代表クリンスマン監督は、

 3日前に戦った日本との比較については「ジーコとボンフレールがそれぞれやっていることだし、それについてのコメントは避けたい」と心配り(?)をしていた。

とのことで、これはプロの監督同士では当たり前のコメントですね。しかし、ますます「うかうかしていられない」感が強まってきました。日本も危機感を持って、さらにさらに向上していきたいですね。

ところで、もう一つイヤなニュースが飛び込んできました。小野が冬季中断中に足首の古傷の手術をするだろう、というのです。北朝鮮戦出場は微妙だろう、とのこと。いまや日本代表の要ともいえる小野の怪我、とてもとても心配ですね。

私は2月の北朝鮮戦はあまり不安視していないのですが(ホームですし)、代表うんぬん以前に、小野にはプレーヤーとして、一人の人として、怪我を早く治して欲しい気持ちでいっぱいです。

月曜から楽しくない記事でイヤですね。うーん。それではまた。

11:41 PM [ニュース] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21259/2319568

この記事へのトラックバック一覧です: 悔しい&心配なニュース:

コメント

コメントはBBSの方へお願いします。