« サッカー三昧 | トップページ | 最後のチャンピオンシップ(1) »


December 09, 2004

最終予選組み分け決定!

ついに最終予選の組み合わせが発表になりましたね!日本、イラン、バーレーン、北朝鮮、という組み合わせです。

イランは、言うまでもなく最大のライバルとなるでしょう。1次予選グループ1を5勝1敗で勝ち抜いてきました。ヨルダン、カタール、ラオスを倒し、22得点4失点。攻撃力はありますが、意外と失点している印象ですね。ただ、アジアカップで対戦しているということは、手の内がわかっているということでもあります。

バーレーンも、アジアカップで対戦済みの相手です。あの時は4-3で勝ちましたね。1次予選ではグループ6、シリア、タジキスタン、キルギスを抑え、4勝2分。15得点4失点というところです。バーレーンは日本の苦手なタイプ、相性のいいウズベキスタンの方がよかったのでは、という声もありますが、ウズベキスタンもイラクを押さえて5勝1分けで突破してきているのですから、両者で特に差があるとはいえないでしょう。

最後に、なんとも情報の少ない北朝鮮。ただ、1次予選ではUAE、タイ、イエメンのグループ5に属し、3勝2分け1敗で突破して来ている、2位のUAEとの勝ち点の差は1だった、ということを考えると、アジアカップで対戦したタイと同じか、少し上くらいの実力というところではないでしょうか。情報が少ない、どんなサッカーをするかわからないのは不気味ですが、恐れすぎる必要はないと思います。

北朝鮮ではピッチ外の問題も気になるところですね。サポーターは応援にいけるのだろうか?北朝鮮側は「規則を守れば問題ない」と言っているとのことですが・・・。

対戦日程は以下のようになります。

2月 9日 vs北朝鮮(ホーム)

3月25日 vsイラン(アウェイ)
中東から日本へ移動
3月30日 vsバーレーン(ホーム)

6月 3日 vs バーレーン(アウェイ)
中東から北朝鮮へ移動
6月 8日 vs北朝鮮(アウェイ)

8月17日 vsイラン(ホーム)

world3月と6月の、中4日で中東と東アジアを行き来しなくてはならない日程がやや不安ですね。かなりな強行軍となりそうです。

また、何度か話題にしているように、これらの試合はFIFAのいわゆる国際Aマッチデーに行われるのですが、そのなかでもフレンドリーマッチデーとオフィシャルマッチデーの問題がありますね。オフィシャルマッチデーだと5日前から拘束できるのですが、フレンドリーマッチデーだとそれが48時間前からとなってしまいます。今年の2月に苦戦したのは、その原因が大きかったですね。

2005年のFIFAのカレンダーはこちら。これで見ると、2月9日がやはりフレンドリーマッチデーです。Jリーグ組は国内でかなりの合宿が組めると思いますが、海外組は、また直前の合流となってしまう可能性もあります。協会は、彼らが早期合流してもらえるように交渉すること、チームとしてはそれがかなわなかったときのために準備をしておくことが大事になってきますね。

3月と6月の連戦は、オフィシャルマッチデーです。ただ、3月は欧州リーグでも19日、20日の週末に試合が入っていることがあり、ちょっと準備期間が短めですね。しかし、3月25日がイランとのアウェーですから、海外組は日本に帰るより距離的にも近く、直接入ればいいわけです。彼らのコンディションがよければ、チュニジア-ルーマニア遠征、東欧遠征、イングランド遠征のようなパフォーマンスが期待できるかもしれません。

6月は各国リーグが休みに入りますから、試合前の準備期間がじっくりと取れそうです。移動がどうも気になりますが、このあたりで出場を決めておきたいものです。

書いていてだんだんドキドキしてきて、「翼をください」のCDを引っ張り出してきて聞いてしまいました(笑)。あれからもう7年、来年で8年経つんですね。あの頃は毎週気が気じゃなく、何も手につきませんでした。しかし、今回の予選は、今年の厳しい経験を経て落ち着きの出てきた日本代表なら、しっかりと勝ち抜いていけるでしょう。それを信じて、応援していきたいですね。

それではまた。

11:04 PM [ジーコジャパン・最終予選] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21259/2212236

この記事へのトラックバック一覧です: 最終予選組み分け決定!:

コメント

コメントはBBSの方へお願いします。