« totoとサッカーファンライフ | トップページ | 最終予選組み分け決定! »


December 01, 2004

サッカー三昧

今日は福岡-柏の入れ替え戦、そして新潟-ジーコジャパンドリームチームの中越地震復興チャリティーマッチ、明日はもうチャンピオンシップと、サッカーイベントが盛りだくさんでついていくのがたいへんです(笑)。

まずは入れ替え戦ですが、これはTV中継がなく、ネット中継で観戦しようとしました。ところが、なんとも繋がりが悪く、やっと繋がったと思ったら画面が凍っては時々動く、いわゆる紙芝居状態になってしまって、試合展開がまったくわかりませんでした。アクセス数が予想を大幅に上回ったのでしょうか?入れ替え戦も、やはり多くの人の関心を集めるものですから、TVでの中継をして欲しかったなあと思います。

しかし、音声で聞いただけですが、福岡サポーターの大音量の応援は凄かったですね。胸に迫るものを感じました。私としてはどちらを応援するということもできない、「両方昇格(残留)して欲しい」という複雑な気持ちですが、しかし福岡サポのあの「魂」は、きっと届いているように思えます。次は拍での試合、両チームとも悔いのないよう、力を出し切って欲しいですね。

それから中越地震復興チャリティーマッチ。こちらはNHK総合で中継がありました。カズやゴンを筆頭にする功労選手たちがそろうジーコジャパンドリームチームと、アルビレックス新潟の試合。ジーコ監督は大方の予想通り、功労選手たちをスタートから起用し、徐々に若手へと切り替えていく選手交代を行いました。

駒野、大黒、阿部、村井、といった選手たちが加わって、「ジーコジャパン定着へのアピール」みたいな注目もより集まったわけですが、まあこのような試合でそれをうんぬんし過ぎるのも野暮というものでしょう(笑)。新潟の観客のみなさんが、この試合を楽しんでいただけることが一番です。ジーコをはじめとして選手たちは、被災地への訪問も行っていましたね。これは本当にいいことだと思います。

そして、つくづく思ったのは、「ジーコってこういうことが似合うなあ」ということでした。これはくさしているのではなく(笑)、本当に素直な気持ちですね。交代で下がっていくカズと抱き合って挨拶している時には、ちょっとじんと来ましたよ(カズと城の交代のシ-ンにもうるうる来たのですが・笑)。そういう意味では、ジーコはすでに(日本代表監督就任前から)「日本サッカーの重要な一員」なのですね。

サッカーを文化として扱い、それを社会と有意義にかかわらせていく。こういう活動には、ジーコはまさに適任だなあと感じました。そしておそらく、ジーコの頭の中では、「日本代表」もそれに近い存在なのでしょうね。またすこし、ジーコのことが理解できてきたような気がします。

さて明日はいよいよ「最後の」チャンピオンシップ1戦目ですね。これも見所のある試合となりそうです。楽しみですね。

それではまた。

04:28 PM [サッカー] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21259/2122650

この記事へのトラックバック一覧です: サッカー三昧:

» 「入れ替え戦」観戦記 from 野間大池公園Diary
■しのつく雨の博多の森 お昼からの福岡地方は降水確率100%。夕暮れのような薄暗い上空。早くも、13時のゲーム開始前にはカクテル光線に明かりが灯る。 博多の森の... 続きを読む

受信: Dec 5, 2004 1:09:07 AM

» 真剣勝負とガラマッチ from 奥武蔵草莽だいありー
左目で新潟vジーコ&功労者、右目で福岡v柏を見て疲れてきた木靴ですごきげんよう。 入れ替え戦のほうが先に始まり、ショウタイムで見たら一番ガラ空きだったんで見て... 続きを読む

受信: Dec 5, 2004 9:03:40 AM

コメント

コメントはBBSの方へお願いします。