« 思い出雲(笑) | トップページ | サッカー三昧 »


November 30, 2004

totoとサッカーファンライフ

totoの売り上げが減少し、危機的な状況にあるようです。これについては、以前J-KETのほうで活発な議論が行われていて、さまざまな意見に触れることができ、私の理解も深まりました。低迷の原因としては、当時も言われていたように、やはり「あたりにくさ」が大きな部分を占めると思われ、今回はそれを視野に入れた改革を考えているようですね。

今年9月の中央教育審議会のスポーツ・青少年分科会は、当たりやすいくじの販売などを了承し、文部科学省令で100万通り以上となっている組み合わせ総数も改正される見通し。13試合の結果をあてる現行方式は約160万通りの組み合わせだが、センターは243通りとなる5試合まで対象試合数を減らすなど当選確率が上がる新くじの導入を検討している。

243通りってのは当たり易過ぎるのでは・・・(笑)?それはともかく、その他に当時J-KETで議論されていた問題点としては、

P1)プロサッカーそのものの体力
P2)日程のわかりにくさ←代表戦、2ステージ制、J1とJ2が混在していること、などに起因。
P3)売り場数の少なさ、買い方の手間(スタジアムでは売れないのか?)
P4)予想の難しさ←試合数の多さ、J1とJ2の混在に起因
P5)金曜までに買わなければならないこと
P6)予想屋のレベルの低さ

などといったところがあるようです。一つ一つ見てみましょう。

A1)プロサッカーそのものの体力

これは、アルビレックス新潟その他の盛り上がりや、来期からの通年リーグ制、浦和の優勝(笑)、などなどによって、次第しだいに改善されてきているようにも思います。Jリーグの観客数も毎年増えていますよね。楽観のし過ぎはいけませんが、J参加希望クラブの増加などを見ても、よい方向へ向いてきていると感じます。

A2)日程のわかりにくさ←代表戦、2ステージ制、J1とJ2が混在していること、などに起因。

来年は通年リーグになりますね。それで改善される部分もあるでしょうし、またくじ対象試合数の減少が行われるなら、J1対象ならJ1だけ、J2対象ならJ2だけのスケジュールを気にすればよくなります。

ただ、それですべてが改善されるのではなく、重要なのは「その認知を徹底して図る」ということだと思います。totoの低迷が叫ばれだしてから、totoを「盛り上げよう」という対策、具体的にはTVCFなどはいくらかありました。しかし私は、一番大事なのは元気を出すことではなく、「今回のtotoは明日締め切り!」というような「告知」を、徹底して、購入締め切りの前には必ず行うことだと考えていました。もちろんTVCFでなくてもかまいません(TVは一番お金がかかるのです)。それよりも新聞の突き出し(小スペース広告)、あるいはラジオの時報、ネットのバナー広告、などなどに必ず告知を出すこと、そして「告知を見たら買いに行く」という習慣をつけてもらうことが必要だと思います。

また、もちろんシーズン当初に通年のスケジュールを網羅した小冊子(システム手帳に組み込めるものとか)を配ったり、携帯からのスケジュールへのアクセスを容易にしたり(登録すると締め切り前日にディスプレイに告知が届く、とか)といったことも有効でしょう。

さらには、P5「金曜までに買わなければならないこと」もこれに関係してきます。金曜までは、仕事のある人はなかなか今週のtotoのスケジュールをチェックできません。それも、土曜、Jリーグキックオフの例えば1時間前まで買えるようにしたりすることで(システム上難しいかもしれませんが)、かなり改善されるはずだと思います。

A3)売り場数の少なさ、買い方の手間(スタジアムでは売れないのか?)

コンビニでの販売も、「会員のみ」というとっつきにくさで起爆剤にはなりえませんでした。以前議論されていたスタジアム販売も実現していますが、「来週(よりも先)の予想をする」という点が気が長すぎる(笑)のか、またスタジアムに来たら「totoよりも応援」となるのか(それは当然でもあります)、これも大きな改善にはつながらなかったようです。この点も、できればキックオフ1時間前まで買えるようにしておくと(さらに予想試合数の減少も可能ならば)、「目の前の試合の予想をする」ということにもなり、かなり「身近」なものとできますね。「連れ立ってきたサポ仲間と、わいわいがやがや予想しながら買う」ということがサッカーファンの楽しみになるためには、そういう「距離感の短縮」が重要なのではないかと思います。

ついでながら書いておくと、できればスタジアムでの売り場はもうちょっと「ゆったり」と作れないかなあ。今はまさに単なる「toto売り場」なんですが、できればコーヒーや軽い飲み物を楽しみながら、わいわいやりつつ予想して買う、というカタチにできないものかなあ、と思うのですが。また同じことで、いわゆるサッカーバーはもちろん、ファーストフード店やカフェ、普通のバーなどでも買えるようにして、待ち合わせで手持ち無沙汰なときにはtoto予想とかできると、これも楽しそうですね。スターバックスにtotoマシーンを!(笑)

(そのためには、今のあの大変目立つ黄色に白黒というアイデンティティを、もうちょっとシックなものにしたほうが、バーやカフェの店頭などには置きやすいかもしれませんね)

P4)予想の難しさ←試合数の多さ、J1とJ2の混在に起因
P5)金曜までに買わなければならないこと
P6)予想屋のレベルの低さ

この三つは、一つながりにリンクさせて解消、ないし軽減できるのではないかと思います。対象試合数を減少させることで予想の難しさは軽減できそうです。そうすれば「予想屋」もそれほどレベルが高くなくても(笑)何とかなるかもしれません。また、土曜発売が可能になれば、金曜夕方発行の、そう!エル・ゴラッソがあるじゃないですか(笑)。直前にかなり充実したプレビューが載せられるサッカー専門紙がすでにあるわけで、あれを予想に使えるといいのになあ、と私はずっと思っています。

もちろん、ここで私の書いた一つ一つのテーマは、諸条件により無理である可能性もあるでしょう。ただ、例えば・・・

金曜の夜、友人と待ち合わせしたバーでエル・ゴラッソ片手にtotoを予想。マスターから購入した頃、友人と合流して、友人の予想を聞きながら、さらにサッカーの話で盛り上がって、次の日のスタジアムへ向かう。スタジアムで友人に影響されて(笑)、昨日とちょっと違った予想のくじも買ってしまう

・・・とか、そういう「サッカーファンライフはどんな風であるといいか」という視点もあったほうが、「totoをどう救うか!」とまなじりを決して気合を入れるよりも、より楽しいし、成功へも近いように、私には思えるのです。

それではまた。

03:37 AM [サッカー] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21259/2109199

この記事へのトラックバック一覧です: totoとサッカーファンライフ:

コメント

賭け事の側面からいうと、素人さんの参入が増えないとオッズ的におもしろくありません(笑)が、現状は「買うぞ」という強い意志を持っていないと買いそびれてしまいます。totoを通じてサッカー好きが増えるというのは理想的な展開ですが、賭け事ですから、競争相手たる他の種目(?)との比較も重要でしょう。ネット上の投票動向が前日分までしか反映されていない、しかもアップは午前10時ごろ、といった「お役所仕事」では裾野は広がらないでしょう。キャンペーン(連続購入者には抽選でキャッシュバック等)も的外れと思われます。貯めたポイントで抽選で当たる賞品のひとつが防寒用のジャケットですが、「発送は3月予定」というのもセンスの無いヒトが運営していることの証左と思います。

投稿者: マスターキートン (Nov 30, 2004 1:17:31 PM)

マスターキートンさんコメントありがとうございます。

>賭け事の側面からいうと、素人さんの参入が増えないとオッズ的におもしろくありません(笑)が、現状は「買うぞ」という強い意志を持っていないと買いそびれてしまいます。

そうですね。そういう意味でもカフェでの暇つぶし用にtotoマシーンがあるといいと思いません?

>ネット上の投票動向が前日分までしか反映されていない、しかもアップは午前10時ごろ、といった「お役所仕事」では裾野は広がらないでしょう。

なるほ~。こんな書き込みを立ち上げている割に(笑)、私も賭け事には門外漢で、その辺の他の競技(?)の常識がどうなっているのかを知らないのですが、もっともっとそういうライバルたちを研究して、近い、ないし上回るレベルの運営をしていって欲しいですね。

投稿者: ケット・シー (Dec 1, 2004 12:50:38 AM)

私はサッカーはもちろん好きですが、野球の方がガキの頃からよく見てるしやってるので、詳しいと自負しています。で、野球もtotoと同じようなのがあったとしても、多分買わないと思います。やっぱりケットさんの言うように、買える場所が限られているからです。本当に、ちょっと立ち寄ったカフェとかファーストフード店にあると、「買うつもりはなかったのについつい買ってしまった」という客が増えると思うんですよね。あと、これは全く現実的ではないんですが、駅のキヨスクでスポーツ新聞と一緒に購入とかできたらいいですよね。こんな書き込みしといてなんですが、totoのシステムを理解していないのですけど、ロト6みたいシステムですかね?だとしたら、乗る駅のキヨスクでスポーツ新聞とtoto用紙をもらって、電車の中で予想、で降りる駅で購入、みたいな感じで。これは野球版totoの方が想定しやすいですけど。海外とかはどうしてるとかそういう分析はしていないんですかね。乱文長文ですいません。

投稿者: レフティ (Dec 1, 2004 11:25:21 PM)

レフティさんコメントありがとうございます。

そうですね、駅の売店で売って、車中で予想、というのは、言い時間つぶしになりそうですね。まあそういう話になると究極は、「携帯で売ればいいのに」ということになるんですが、さすがにそこまでは無理か(笑)。いずれにしろ、おっしゃるとおり「つい買っちゃった」という形を増やしていけるかどうかの問題も大きいでしょうね。

運営側は海外の実態とかを調査しているでしょうが、その時にも「販売の状況」の把握ぐらいで「サッカーファンライフ」の実態にまで踏み込めているのかどうか?その辺も掘り下げてみて欲しいですよね。

投稿者: ケット・シー (Dec 2, 2004 4:19:19 PM)

ケットさん、こんにちは。僕はかなりの競馬ファンで
ギャンブル好きなのですが、totoは絶対やりません。
理由は「控除率が高すぎる」からです。
JRAも世界の競馬に比べれば胴元の取り分が大きいのですが、
totoは比較になりませんよね。
これだけ宣伝費をかけているのに、このような結果になるのは
広告の戦略も間違ってるとは思いますが、問題はもっと根本にある気がします。
まあ、利益の使い道が純粋なギャンブルとは違うので仕方ない面もあるのかもしれないですけど。

投稿者: alps (Dec 2, 2004 6:16:35 PM)

 totoはほぼ毎回買うようにしています。僕にとって一番の問題は販売店の減少です。去年までは僕の家の最寄り駅にあったtotoの販売店が今年になって無くなってしまいました。学校近くのtotoの販売店も無くなってしまったため非常に買いにくくなってしまいました。僕の知人も会社近くのJOMOがtotoの取り扱いをやめてしまったために買いにくくなった言っていました。コンビニ販売で取り扱い店自体は増えたかも知れませんが、数よりも駅前に必ず一つはあるようにするとかの努力があっても良いのではないかと思います。
 あたりにくさの問題は、所謂テラ銭を減らしてその分を4等に回すなどすれば、あたり易くもなるし、控除率に対する不満も解消されるのではないかと思います。
 ただtoto売る側にあまりやる気が感じられないのが一番の問題かも知れません。意見を送ろうかとも思ったのですが、そういう窓口もないみたいですし・・・

投稿者: papyrus (Dec 4, 2004 10:25:20 AM)

alpsさんコメントありがとうございます。

なるほど~、私は他のギャンブルをぜんぜんやらないのでわからないのですが、そういうポイントがあるのですね。「控除率が高すぎる」原因は、いわゆる助成金として使うことが前提だからでしょうか。そうすると、ギャンブルというよりも「寄付」である感がやはり強くなるのでしょうね。

papyrusさんコメントありがとうございます。

そうですね。アクセスしやすいところに売り場があることが重要ですよね。すでに買う意思がある人にとっても、あるいはそうでもない人にとっても、「見かけたら買う」ということがありますもんね。

> ただtoto売る側にあまりやる気が感じられないのが一番の問題かも知れません。意見を送ろうかとも思ったのですが、そういう窓口もないみたいですし・・・

ここでも問題は「お役所仕事」ということでしょうか(笑)。
今回の「改革」が、危機感から多少はやる気を出したものだといいのですが。

それではまた。

投稿者: ケット・シー (Dec 5, 2004 10:48:55 PM)

コメントはBBSの方へお願いします。