« どちらが時間がかかるのか | トップページ | 思い出雲(笑) »


November 18, 2004

消化試合ですから

会社では会議中で見れず、そのまま徹夜(笑)、帰ってきてようやく試合を見ました。結果を知っていたからかもしれませんが「まあ、こんなものでしょう」というところですね。

実戦でコンビネーションを作っていくこのチームが、実戦でほとんど組んだことがない選手たちの組み合わせで戦ったのですから、スムーズに行かなくても当然です。宇都宮さんも、同様の指摘をしていますね。まあ、アジアカップでやっていた3-5-2ならまだましだったかもしれませんが、ここへ来ていきなりスタートから4バックですしね。選手たちも戸惑いが大きかったように見えました。

また、功労者召集の件で妙に注目されましたが、あくまでも消化試合ということで、選手のモチベーションの保ち方も難しいものがあったでしょう。逆に、騒がれたことで、サブの選手たちが「アピールしなきゃ!」と気が入りすぎた可能性もあります。たまにしかアピールの機会がないですからね。

さらには、リーグ戦終盤というのはコンディション的にそうとうきつい時期でもあります。前監督時代も、アジアカップ制覇後、韓国相手にピリッとしない試合をしてしまったことがありましたよね。

もともと私は、ジーコ監督の方針下では、サブ組にとって「現レギュラー組とのコンビネーション」を向上させるのでなければ、「テスト」としての意義もあまりない、と考えていました。だって、今日の試合で藤田と小笠原の、あるいは中田浩二と三浦淳の連携がやや向上したからと言って、それが最終予選で実現する可能性はどれほどあるでしょうか?実現したとして、今日得たコンビネーション(そもそも得られたのかどうか)が、そこに役立つ可能性は?

サブの、あるいは新戦力の「テスト」ならば、現在できているチームとフィットするかどうか、という観点で図られなくてはならないはずです。しかし、今回の試合は諸事情により、そうはならない。ただ個人の能力をどう発揮するか、という部分が大きくなってしまうでしょう。しかも、それを十分に見せるための練習期間(話し合いの時間)もしっかり与えられたわけではない。

今日の収穫と言えば、宮本と松田が、そして鈴木(たぶんレギュラー候補)と大久保がコンビネーションをつくれたことくらいでしょうか。三都主の久々のサイドハーフ起用が、ひさびさに(初めて?)機能したこともありますか。それ以外は、普段サブの選手たちが出場経験を積めたという、そのことだけでしょう。いや、別に現行方針を責めているのではなく(笑)、1次予選の消化試合というのは、「そんなもの」だと私は思う、と言うことです。

試合の方は、序盤はやっぱりシンガポールが妙にラインを上げて、プレスを狙ってきてくれたおかげで裏へのパスが狙いどころになり、よく崩せていたのですが、途中からマークの意識がはっきりしだして、日本は苦しんだ、というところでしょうか。あの「妙にラインを上げる」「妙にゾーンで守る」「意外とプレスを頑張る」というのは、宇都宮さんもレポートされているように、彼らにとって10年後にワールドカップ出場を目指すための、地道な努力なのですね。シンガポールとしては、着実に進歩している自分たちを感じられたことでしょう。国としてのサッカーの「若さ」が感じられて、ちょっとうらやましいです(笑)。

今時間がないので細かいことはまた後日書きますが、あと目立ったのはマツの上がりくらいですか(笑)。しかし、1次予選全勝は文句のない状態ではあります。最終予選へ向けて、いろいろとある課題を一つ一つ解決して行って欲しいですね。

それではまた。

04:53 PM [ジーコジャパン・1次予選] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21259/1997306

この記事へのトラックバック一覧です: 消化試合ですから:

» ジーコ監督のやり方  from Drinking Again
11/18の試合 W杯アジア1次予選:日本 1-0 シンガポール 勝ったというだけで、中身は全くなかった。選手任せで約束事もなくバラバラ、…おそらく、「どうせ、 続きを読む

受信: Nov 21, 2004 8:39:25 PM

» ARTHUR ANTUNES COIMBRA  from SOLVALOU FOOTBALL
僕が日本代表を観たのはオフトが監督に就任してアジアカップやW杯1次予選を闘っていた時で。代表選手なんてカズやラモスをなんとなくテレビで知っている程度、サッカーの... 続きを読む

受信: Nov 22, 2004 3:40:02 AM

コメント

相変わらず冷静な意見で納得します。みんないきなりこの試合でサブの選手を叩いてますけど、レギュラーを出したアウェーの試合と点差は同じですよね?ということは「これがジーコジャパンだ」ということなんじゃないですかね。レギュラーだって、1年かけて、アジアカップを全部費やして何とか成熟したわけで、急に組まされて機能するわけないですよね。

投稿者: BOUND (Nov 20, 2004 3:22:14 PM)

ボクも同意見です。3月のシンガポール戦と内容も点差も全然同じでしたね。「ジーコジャパンは強くなった」って言われるけど、それって本当に一部の選手だけのことじゃないの?こうやって選手が入れ替わると、それが全然継承されないんじゃないの?トルシエの時の、オリンピック2次予選の最後の消化試合は、サブを出して6-0ですよ。途中交代でもさんざんテストをしながら。どうしてああいうことができないんでしょうね?

投稿者: バルディール (Nov 22, 2004 11:47:43 PM)

BOUNDさんコメントありがとうございます。

>レギュラーを出したアウェーの試合と点差は同じですよね?

ああそれ、気がつきませんでした(苦笑)。まあホームとアウェイの差、いつもやってるレギュラーと急造のサブが主体のチームの差、ということで、とんとん(笑)というところでしょうか。

バルディールさんコメントありがとうございます。

そうですね。実はこういう試合ほど、「戦術浸透度」が有効な試合もないんですね。選手全員がオートマティックにぽんぽんとパスを繋げると、敵はついて来れなくなる。五輪代表のタイ戦なんかはそうでしたね。今の代表はこうやって、一人一人が任されて「勝つ」ことに特化したチームですから、1-0でも勝てればそれでいい、と思わなくてはいけないんでしょうね。

投稿者: ケット・シー (Nov 24, 2004 4:53:13 PM)

はじめまして

個人的には"A代表レベル"ではトルシェ時代も
サブ組を出すとかなりパッとしなかった思い出ばかりです
アジアンカップ2000のカタール戦やセネガル戦とか。
レギュラー出せやと理不尽な見方をしていた覚えが
あります(笑)
サンドゥニ・フランス戦でも中田の個人技以外は
何一つ通用していなかったし、戦術や
選手のレベルがそんなものなのかなと思っていました。

後半2年はトルシェさんもほとんどメンバー固定に
入ってましたよね
右サイドは最後まで固まらず結果ベルギー戦のチョンボ
につながるわけですけど・・・。
彼らがベストだと頭に決めたメンバーだったんでしょう


さて本題ですがトラックバック先にある
from SOLVALOU FOOTBALL
http://solvaloufoot.jugem.jp/?eid=107
この文章はかなり興味深く共感するところが多いです。
これを読んで皆さんはどう思われますか?

投稿者: NOVEMBER (Nov 24, 2004 8:23:43 PM)

NOVEMBERさん、トラックバック先の文章ですが、トルシェが嫌いだってことはわかりましたが、思いだけでは共感はできません。誰に読ませたい文章なんでしょうか。トルシェが嫌いな人に伝えるなら、これで良いと思いますが、そうでない人には伝わらない文章です。伝えたい人、読み手をもっと意識して書くトレーニングが必要です。

投稿者: くまおま (Nov 25, 2004 3:19:51 AM)

NOVEMBERさんコメントありがとうございます。

おっしゃるとおり、アジアカップカタール戦や、セネガル戦の内容は良くなかったですね。
ところで、同じようにメンバーを入れ替えたコンフェデ杯ブラジル戦や、セネガル戦後の、やはり新戦力を試したナイジェリア戦なんかは、私はけっこう評価しています。
そういう意味では、

>後半2年はトルシェさんもほとんどメンバー固定に
>入ってましたよね

これはちょっと疑問ですね。FWはもちろん、左サイド、右サイド、中盤の構成、DFの組み合わせ、ずいぶんといろいろのオプションを最後まで模索していた、と私には思えますけどね。

>彼らがベストだと頭に決めたメンバーだったんでしょう

トルシェの頭の中に「ベストメンバー」というのはなかったと思いますけどねえ・・・。W杯の23人は、あくまでもあの対戦相手で、あのGLを勝ち抜くための23人であって、別のミッションであればまったく別のメンバーを選んでいたと思いますよ。まあ、今となっては昔語りですけどね(笑)。

投稿者: ケット・シー (Nov 25, 2004 4:21:25 AM)

solbalou footballの管理人です。どうも。

>NOVEMBERさんへ
コメントどうもありがとうございます。A代表の監督としてトルシェを見ると前半はかなり厳しかったと僕も思います。あと、少なくともW杯グループリーグを突破するということを目標に監督していたし、それ以上の目標設定をあの時の日本代表が持つことはなかったと思いますので、あれが彼にとってのベストメンバーだったと思っています。まぁ想像ですけど(笑)。

>くまおまさんへ
厳しいコメントどうもありがとうございます(笑)。自分は文章が上手いとは思っていませんのでもちろん精進していこうと考えています。言い訳になりますが別々に書いた3つの文章を合体させていましたので、もう少し練り直すべきだったと思います。僕は日本代表に興味のある人みんなに向けて書いたつもりでした。そして言いたかったことは代表選手達の、サポーターの自己主張が今こそ必要だと思う、ということでした。少しでも伝わるように以後気をつけます。

>ケット・シーさんへ
ぶしつけなトラックバックで申し訳ありませんでした。どうもジーコジャパンをサポートする時、苦虫を噛み潰しているような印象があり、そのことに関してトラックバックさせていただきました。主旨がぼやけてしまっていましたが単刀直入に直接疑問をコメントにて書きます。

>>98年の就任時点でトルシェが日本代表にもたらそうとしていたコンセプトは、先進的に過ぎるものだと思っていました。
>>当時の日本代表の実力から離れた高度なコンセプトを実現するには、練習のための合宿がやはり必要でした。
>>「トルシェに引き上げられた日本代表」

など、トルシェ前代表監督が行っていたことが高度で、ジーコ現題表監督が行っていることがあまり高度ではない、代表は後退しているのではないか?という主旨のケット・シーさんの文章を目にすることがあります。このことに関して

1.フラット3は高度なのか(数年来流行っている4-2-3-1と相性も良くないとの印象もあります)?
2.高度ならなぜW杯やチャンピオンズリーグやユーロで見ることが未だにないのか?
3.なぜ自己主張していいのにフラット3の申し子的な宮本が高いライン設定を望まないのか?

と僕が疑問に思っていることを質問します。BBSとは違う形で質問してみたかったのですが上手くいかなくて申し訳ないです。多くの人が閲覧しているこの場所でブログをいかしてこういったことを聞いてみたいと考えていました。僕はジーコのやっていることは多くの選手に共有されていないのは残念ですが自分たちでしっかり判断してサッカーをするというしごくセオリー通りのことを代表に持ち込んでいるので、それはフラット3を身体に身につけてオフサイドの主張をする練習を繰り返すより意味があるのではないかと考えています。ジーコへの不満とトルシェ時代への回顧が多くの場所で一緒くたに語られていることが多い気がするのでまずフラット3についてあらためて質問してみました。失礼します。

投稿者: solvaloufoot (Nov 26, 2004 2:24:43 AM)

はじめまして。レバンテといいます。他の質問はケットさんが答えてくれると思いますが、一つだけ、答えたいところがありますので失礼。

>2.高度ならなぜW杯やチャンピオンズリーグやユーロで見ることが未だにないのか?

今年のEURO、ポルトガルに行って見て来ました。で、オランダとかチェコとかが途中から3バックにした試合を見たんですけど、見ていて自分は「これはフラット3だ」と感じた。ラインをすごく高い位置にキープしてるし、敵ボールになってもぜんぜん下げない。敵がバックパスをすると押し上げて行く。ラインもフラットで。へー、これはフラット3だね、と友人と面白がって話したので覚えています。ところがTVにDFラインが映るときには最後の瞬間で、たいていブレイクしちゃってるんでそうはみえない。あと、亜杯後のアルゼンチン戦も見に行きましたけど、あの試合、誰も語らないけどアルゼンチンもフラット3っぽかったですよ。少なくとも、ジーコ3バックとはぜんぜん違いましたね。日本がボールを持ってせめてもアルゼンチンのラインがセンターサークルの幅くらいから下がらないで。友人とこれまた「たっけー」と笑いました。一応参考までにどうぞ。

投稿者: レバンテ (Nov 26, 2004 5:48:27 AM)

>レバンテさんへ

競技場に行かないと分からないことはやはり多いんですね。勉強になります。僕もフラット3っぽいチームはけっこうあるなぁと思っています。そしてジーコももう少し高いライン設定してくれるといいなと思っています。どうもありがとうございました。

投稿者: solvaloufoot (Nov 27, 2004 5:46:57 PM)

コメントはBBSの方へお願いします。