« 3バックか、4バックか | トップページ | 2002トラウマから脱却しよう »


October 04, 2004

ワールドユース出場決定!

U-19代表、ワールドユース進出決定おめでとう!それと、イチロー選手、年間最多安打記録更新おめでとう!

イチロー選手の記録は本当にすごいですね!その後のスタジアムの祝福振りに、打った本人も驚いているようでしたが、それぐらいすごいことなのですよね。見ていて胸が熱くなりました。

さて、U-19代表はカタールを破り、ワールドユース出場権を獲得しましたね。スターティングメンバーはこんな感じでしょうか。

---平山--カレン--
-----兵藤-----
苔口-高柳--高萩-中村
--水本-増嶋-小林--
-----西川-----

やはり先日まで怪我で別メニューだった兵藤君の動きは、本調子ではなかったようですね。また、増嶋君が試合前に語っていたように、こういう大きなものがかかった試合だから、序盤は無理をせず、ディフェンスもセーフティーに、攻撃も最初はロングボールで平山の頭、ということを徹底していました。ただ、「それだけ」になってしまうとやはり不満ですね。前半は「それだけ」になりそうだったのがどうにもこうにもでしたが・・・。

やはりカタールはグループリーグ3試合で戦った相手とは格が違い、技術もフィジカルもそうとう高いチームでした。そして、ラインをやけに(笑)高く押し上げてこぼれだまを拾いまくる。日本は、暑さもあるのでしょうが、ラインはあまり押し上げず、プレスがなかなかかけられない状態。

奪っても、展開ができなく、ロングボールになってしまう。バランスが悪いため、こぼれだまは敵に収まる。平山の頭経由で裏にカレンが抜けるなど、いいシーンもいくつかありましたが、苦しい展開が続きましたね。もともとのゲームプランとは言え、冷や冷やさせられました。

後半になって、敵も動きが落ち、日本もやや繋げるようになります。そこへ中山(京都)を投入。実況は盛んに「松井2世」と煽り立てます(笑)。兵藤を一列下げて、ボールを奪ったあと彼が一回触ることで、更に繋げるようにして行こう、という意図でしょう。これはある程度奏功し、だんだんと日本のチャンスも増えてきました。しかし、なかなか得点にはつながらない。もっとつないだあと、速いサイドへの展開が欲しいところでした。

延長になって、ようやく森本君登場。彼は正確な技術と、しっかりと周りを見ていることで、いくつかのボールタッチで流れを引き寄せることができました。ただ、監督から言われているようにプレーの「量」が、(今日は見ているこっちにあせりがあるので特に)足りないように見えました。もうちょっと時間をあげたかったかな。延長でも、双方にチャンスがありながら、どちらも決めることができずに、結局PK戦へ。

カタールの4人目を西川が止め、日本は、最後、途中投入の船谷がきっちりと決めました。これでワールドユース出場決定です。いやあ、苦しみましたね。ふう。

日本は今大会、ボランチのボール奪取力、ボランチからの展開が不足気味で、そこが人材で改善されることを(ワールドユースまでには)期待したいところです。しかし、組織的にプレスして、コンパクトに戦う、ボールをきちんと動かして行く、ということがどうにもできていないわけで、この辺は監督の問題でもあるでしょう。特に中盤でボールを奪ったあと、視野が狭い選手が多く、狭い方へ狭い方へボールを運んでしまうことが多いのが気になりました。大熊さんは「大熊ボイス」が特徴的で好きなのですが(笑)、もっと改善して欲しいですね。

次戦からはプレッシャーもないわけで、思い切りよく、のびのびと、「自分たちのサッカー」を見せて欲しいですね。

それではまた。

12:25 AM [ユース代表] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21259/1587276

この記事へのトラックバック一覧です: ワールドユース出場決定!:

» [Football] アジアユースQ-final、タイでは放送無かったですが…… from タイで想う日々の日記
0-0でPK戦勝利ですか!  いやー(TV)観戦された皆様、お世話様です。 どうやら内容的にはカタールが上のようでしたが、 何より五輪、U-17と続いてきた 若... 続きを読む

受信: Oct 4, 2004 2:51:23 PM

コメント

BBSの方で書いていた「たった一試合で決定的なことを言い過ぎる」という意見にとても同感です。チームは継続していくもので、もちろん集大成の試合が一番大事なのは当然だけど、一試合見ただけでそのチーム全体(ならまだしも、世代全体まで)語るのは、一試合から見えてくる限界をわきまえない行為だと思いますね。lmdtの頃にあった、「解説者を解説する」なんかでは、そういうのは厳しく批判されていたんじゃなかったですかね。

投稿者: レベルツー (Oct 5, 2004 11:00:22 PM)

コメントはBBSの方へお願いします。