« コルカタでの勝利 | トップページ | ワールドユース出場決定! »


September 15, 2004

3バックか、4バックか

西部謙司さんが、「知的な4バック--最終ラインの並び方について」と題したコラムを書かれています。これがまたポンとひざを叩きたくなるようなものでしたので、引用しつつ考察してみたいと思います。

3バックか4バックか。システム論で俎上に上がることの多い話題である。個人的な好みでいえば4バックだ。ヨーロッパや南米でも4バックが多数を占める。ただ、もちろん3バックより4バックのほうが戦術的に優れているということではない。こういう人の置きかたは、手持ちの選手の質と対戦相手の兼ね合いで決まってくるもので、いちがいにどちらがいいというほどのものでもない。

「個人的好み」と「選手の質による」という点をまず抑えてくださっているのがうれしいですね。戦術に「どっちかが絶対に正しい」ということはないです。どれにも一長一短があるし、うまく機能させることができれば、どれでもいい。選手の質との相談(どっちが機能させやすいか)と、最後は個人的好みでしょうね。

ジャケが「より知的」と言った4バックは、いわゆるフラット4のラインディフェンスを指している。4人のフラットラインが「知的」なのは、この守り方が一定の法則性に基づいているからだ。~中略~言ってみれば、頭のいい守り方である。

というわけで、そろそろ日本でもこれにチャレンジしてもいいような気がするんですけどね。

相手の2トップに対抗するために考案されたという3バックは、現在では2ストッパー+リベロという形はほとんど見られずフラット3に近い形になっている。

トルシェ方式かどうかはともかく(笑)、エコパで生で見たアルゼンチンもフラットにしている時間が長いゾーンで守る3バックでした。生で見てきた友人に言わせると、オランダが3バックの時もそうらしいですね。

が、もともと数合わせ的な発想のシステムなので、3バックといっても実体は5バックに近い。よく3バックか4バックかの論議でいわれる、ピッチの横幅を守るには3人では広すぎるという見解には実はあまり説得力がない。横幅60メートルを均等に守ろうと思ったら、4人でも足りないからだ。

横幅60メートルを均等に守ろうと思ったら、4人でも足りないからだ。

ああ、先に言われてしまった(笑)。これはいずれ考察しないといけないと狙っていたのですけど、西部さんのおっしゃるとおりだと思います。世界で見ても、たいていのチームで、4人の間隔は狭いです。横幅68メートルを均等に守ってはいない。4人はだいたいペナルティエリアの幅ぐらいを守ろうとする間隔を取りますね。

閑話:先日のエコパでのアルゼンチン戦、私は現地で観戦したのですが、日本が後半から4バックにしたのを受けて、アルゼンチンは3トップの左右がピッチいっぱいに広がったポジションを取りました。日本の4バックも広がらざるを得ず、中央が薄くなって苦労していましたね。4バック破りとしての一つの策なのでしょう。なかなか興味深いと思いました。:閑話休題

むしろ、実質5バックである3バックのほうが横幅をカバーするには有利である。4バックが手頃なのはピッチの横幅をカバーできるからではなく、ペナルティーエリアの幅を守るのにちょうどいいからだ。サイドから攻められれば、4バックは横へスライドして守るので、いつでもペナルティーエリア全般をまかなえるわけではないが、そのへんの事情は3(5)バックでも差はない。

4バックはペナルティエリアぐらいの幅で左右にスライド、全体もボールサイドによってプレスをかける、ということですね。いわゆる「左右にもコンパクト」という状態です。当然逆サイドにはスペースができますが、サイドチェンジをされれば再びスライドして守ります。

ちなみに(これも余談ですが)、トルシェのフラット3では「最後は3人でゴールエリアの幅を守る」という考えがあったのだと思います。特にサイドからのクロスに対して、3人が均等に並んで跳ね返す守り方を繰り返し練習していましたね。

フラット4は状況に応じて動き方が決まっている。マニュアル化されているといってもいい。慣れてないと覚えるのは大変だが、慣れてしまえば、いちいちマークする相手を探したり受け渡しに神経を使ったりしないですむのでかえって楽。イングランド、ポルトガル、フランス、スペインなど、このやり方に慣れているところでは長所も欠点もわかっていて守り方が様式化されており、もう疑問すら持っていないという感じだ。日本の場合は3バックのほうが多い。

この、「フラット4の状況に応じた守り方」を理解し、体にしみこませている選手が少ないのが、現在日本で3バックが多い理由でしょう。そういう「フラット4の状況に応じた守り方」を理解している選手をこれからは増やしたいですね。

ゾーンの4バックという流れがないわけでもないはずなのだが、現在4バックを採用しているチームには、フラット4らしい法則性があまりない。最近では、布啓一郎監督の率いるUー17日本代表が最も4バックらしいと思えたぐらいだ。

(4バックの時の)新潟と大分もそれに近いと思いますが、もっと完成度を上げたチームが、もっと増えて欲しいですよね。ただ、「だからJリーグのチームも4バックにするべきだ」とは私は思いません。Jリーグのチームはそれぞれ、今現在いる選手によって、結果を出すための最善のやり方を監督が選べばいいのであって、それが3バックならばそれで正しいのだと思っています。

A代表のほうは、ジーコ監督がフラットラインを嫌っている。「1対4の数的優位でも1本のパスで失点する」フラット4は、リオ育ちのジーコから見れば"馬鹿"に見えるのかもしれないが、今どきずるずる下がるディフェンスラインも少々"垢抜けない"。

先に書かれているような国では、「1対4の数的優位でも1本のパスで失点する」リスクをどう解決しているのか?日本でこれから研究しなくてはいけないのはその辺でしょうね。もちろん、トルシェの手法やキエーボのビデオなど、研究は次第に進んでいるのでしょうけど。

まあ、何しろ慣れていないのでは致し方ない。特に教わらなくてもフラットで守れるよ、という若い世代が出てくるまでは、"知的"より"頑張り"で守りきってもらうしかないのかも。

あるいは、誰かさん(笑)のようにその「知的」な守り方を徹底トレーニングするかですね。宮本をはじめとして、それに応えられる人材もだいぶ出てきていると思うのですけど。

以上のように、「特に教わらなくてもフラットで守れるよ、という若い世代」を生み出すために、若年層の代表はフラット4を採用するべきでは?と私は思います。もちろん、それをきちんと指導できる指導者に率いられる必要がありますけどね。現状では大人の年代でも、「4バックをできる人材がいないから3バック」ということになってしまい、選択肢が少ない。出来上がった選手で構成しなくてはならないJリーグやフル代表はともかく、育成段階では、今の日本選手に足りないところを伸ばしていく方策を探るべきではないでしょうか。

育成段階の代表に、フラット4を深く理解した欧州の指導者を招き、「組織として」だけじゃなく、「個人戦術」も徹底的に教え込んでもらう。バックミラー(首を振って、敵や味方の状況を一瞬で見て取る技術)や、ラインの中でのマークの仕方、カバーの仕方も含めて。中盤の選手も、DFがフラットであることを前提にした守り方を身につけていかなくてはならない。そういう指導がもっともっと必要でしょうね。指導者は、ベルガーさんに推薦してもらったらどうでしょうか(笑)。

最近考えていたことと符合したよいコラムを読んだので、思わず反応してしまいました(笑)。それではまた。

10:30 PM [サッカー] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21259/1444417

この記事へのトラックバック一覧です: 3バックか、4バックか:

» 「3」と「4」の間に。 from 虹の彼方に。
知的な4バック--最終ラインの並び方について 各所で話題になっている西部謙司氏 続きを読む

受信: Sep 16, 2004 10:53:23 PM

» オマーン戦代表選出 from nakaのまったりとしたBLOG
うーん、予想通りという感じ。暢久までこれで拉致されると いうことはなくって一安心。 ヒデの落選というよりかは監督の中では2つの中盤を使い分けるに違いない... 続きを読む

受信: Sep 29, 2004 11:38:26 AM

コメント

はじめまして。トラックバック二重に送ってしまいました。片方削除願います。ごめんなさい。

投稿者: Billiken (Sep 16, 2004 10:58:24 PM)

Billikenさんはじめまして。ようこそコメントありがとうございます。
トラックバックって難しいですよね。Doblogもよく2重送信してしまうようです。
貴ブログにもお伺いしました。楽しい考察ですね。これからもよろしくお願いします。

投稿者: ケット・シー (Sep 18, 2004 8:23:09 PM)

コメントはBBSの方へお願いします。