« もう「次」はないのだ | トップページ | 「大きな大会の初戦」 »


August 21, 2004

なでしこ敗退

なでしこジャパンは、アメリカ相手に1-2で負けてしまいましたね。

やはりアメリカはひとり一人の能力が高かったですね。しかし、以前はかなわなかった日本ですが、それに臆さず向かっていき、五分に近いところまで戦えるようになっていたのですから、この2年の進歩はすばらしいです。

アメリカは、体が強いだけじゃなくて、倒れそうになった後のプレーする意志がすごかったですね。普通なら取れているボールが、何度も持ち直されて、アメリカボールになってしまう。1失点目もそれによるものですね。なでしこたちには、これを体に刻んで、Lリーグでも忘れないで欲しいですね。

2失点目は、ボックスはオフサイドじゃないけど、ワンバックはボールが蹴られた瞬間にはオフサイドポジションにいた。その後のプレーは「オフサイドポジションにいたことで利益を得たプレー」であると思うので、あれは本当はオフサイドなのではないでしょうかね。まあ判定は、大局的に見ればこちらにもあちらにも平等に「下手さの被害」を与えているはずだし、「オフサイドポジションにいたことで利益を得たプレー」かどうかは審判が判断することなので、文句は言わないけれど。

前半はちょっと守備的過ぎたけど、失点してからはなでしこらしいプレーも随所に見られました。攻撃では、時として押している瞬間もあるくらい?日本の選手のテクニックは、けして負けていない。それを生かして組織的に戦うサッカーは、十分に「世界ランク2位」に通用していました。だからこそ、惜しい、悔しい、残念ですね。

でも、メダルという目標は果たせなかったけど、五輪初勝利、初決勝トーナメント、という歴史は刻んできた。そしてなにより、なでしこジャパンがこれまでにないほど、世間の注目を集めた。これはすごいことですよ。選手たちは、自分たちの力で大きなことを成し遂げました。

Lリーグが、これまで以上に盛り上がりますように。そこでまた力を蓄えて、次のなでしこジャパンでは、もっと強くなった姿を見せてくれるでしょう。

現在のJFAのトップページは、涙ぐむなでしこジャパンですね。今は涙が止まらないかもしれないけど、胸を張って日本に帰ってきてください。

お疲れさま、そしてありがとう。

それではまた。

10:16 PM [なでしこジャパン] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21259/1244879

この記事へのトラックバック一覧です: なでしこ敗退:

» 【パワーが】 なでしこ敗戦、あと少し足りなかったもの 【運が】 from かながわ2信
<アテネ五輪 女子サッカー> 日本 1-2 アメリカ ・負けちゃってとにかくガックリ。いや、戦い方は素晴らしかった。自分たちのスタイルを貫いてた。消化不良感は... 続きを読む

受信: Aug 22, 2004 5:30:09 AM

» なでしこジャパン、アテネで米食えず from NO TITLE
本当にお疲れ様、あなた達は良くやったよ!! 女子サッカーの未来を背負い、絶対に負けられない戦いwで結果を出しつづけてきた。気持ちは十分伝わってきたよ。これから... 続きを読む

受信: Aug 28, 2004 5:27:36 AM

コメント

力の差はあったと思いましたが、それを埋めるべく
いい準備をして、いいサッカーをしていましたね。
前半30分くらいからは、「かなりいい感じ」と
感じていました。おそらくゲームプランとおり
だったのでは?
それだけに前半の失点が痛かったですねー。
あれがなかったら。。。(あ、サッカーに「たら、れば」
はありません。最終的には結果が全てです。)

しかし、ベスト8進出という結果は「素晴らしい結果」で
あったということはいうまでもありません。
これは、アテネオリンピックを目指しての「強化の結果」
なのだと思います。だから、これを「一過性のもの」とせ
ず継続していって欲しいと強く思います。それには、「今
後のLリーグ」がすごく重要になってくるでしょうね。
私も微力ながら観戦に行くことで少し貢献したいと思って
います。

選手ならびに監督、スタッフの皆様、大変おつかれさまで
した。私は、「娘にサッカーをやらせようかな?」と思っ
ております。(なにぶん単純なもので。。。)

最後に「素晴らしい戦いぶりだったよ!!!」

投稿者: マース (Aug 28, 2004 8:47:33 PM)

マースさん、コメントありがとうございます。
レスが遅くなってすみません。

アメリカ戦は本当に惜しかったですね。
最終的には優勝した相手だったのですから、納得ではありますけれども。

その後のJFAなどを見ていると、全体にやはり女子への注目、注力が進んできているようで、この流れを維持して欲しいですね。

娘さんにサッカー、ですか?いいですねー。
知り合いがコーチをしている少年団にも、やはり女子が入ってきているようです。
みんなすっごくうまいらしいですよ(笑)。

それではまた。

投稿者: ケット・シー (Sep 2, 2004 7:05:52 AM)

コメントはBBSの方へお願いします。