« 次だ、次 2! | トップページ | もう「次」はないのだ »


August 16, 2004

残念だ

-----高松-----
大久保-------松井
-----小野-----
------------
---阿部--今野---
------------
駒野-闘莉王-茂庭-徳永
------------
-----曽ヶ端----

4バックか。駒野と徳永がいればやれるだろうけど、やったことあったんだっけ?おお、北京アジア大会以来の大久保と松井の2シャドー?気持ちはわかる。小野トップ下は難しかった。かといってボランチにしてしまうのも連携を作る時間がない。それじゃあ、というところかな。

実際、パラグアイ戦よりは悪くない立ち上がり。松井も大久保も中に入ってくる、ボール欲しくて下がってくる、小野も自由に動く、高松も左右に流れたり、下がってきたり。そうやって選手たちが動いているので、まあまあボールもまわせる。

1失点目は仕方ない。モレッティがポイントを作ったときにつぶせなかったか、とか、スクッリの走り込みをケアできなかったか、とかあるけれども、なんといってもあのオーバーヘッド。あれは止められないだろう。

2失点目は、ハンドをアピールしてる暇があったらクリア。あたりまえだろう。ジャッジに助けを求めるな。

徳永アウト、那須イン。徳永の怪我?駒野が右に回る。駒野は両方できます。

-----高松-----
大久保-------松井
-----小野-----
------------
---阿部--今野---
------------
那須-闘莉王-茂庭-駒野
------------
-----曽ヶ端----

この辺からの攻撃は悪くない。阿部のリズムを作るパス、松井のドリブルでポイントを作り、小野、駒野、大久保と絡んでいく攻めは、次第にイタリアからチャンスを作っていけるようになる。「あの」イタリアから。松井のミドルは惜しかった。

阿部のFKはすごかったですね。ファンホーイドンクかと思いましたよ。イタリアキーパー一歩も動けず。

3失点目はどうかなあ。今度はモレッティが走りこんでクロス。ジラルディーノの前に闘莉王、後ろに茂庭(だよね)、闘莉王がかぶったとみるか、茂庭が体を寄せるべきと見るか。うまく真ん中に入ったジラルディーノを褒めるべきか。

左サイド那須のクロスから、大久保のヘッド、キーパーダイビングしてはじく。大久保ワントラップで前を向いてシュート。小野がちょこんと出して阿部がまたミドルシュート。こういういい攻撃もできてるんだけどな。

後半、駒野アウト、田中達也イン。NHK地上波デジタルでは「田中は合宿中に軽い怪我をした」と報じられていたが。

-----高松-----
大久保--松井--田中達
------------
---小野--今野---
------------
那須-闘莉王-茂庭-阿部
------------
-----曽ヶ端----

前線はポジションチェンジしすぎでどうなってるのかわからない(笑)。阿部の右サイドバック!このチームでやったことあったのか?いや、クロスがいいから、ここにおく意味はあるけどね。大久保と松井と田中の共存というのも、なかなかなかったんじゃないか、これまで。

イタリアはスタミナ切れか、カテナチオ発動か、あまり上がってこなくなる。日本は後半序盤から攻勢に出、ペースを握る。いきなり田中達のスルーパスから松井がキーパーと一対一。これ決めてればなあ。

ここから、攻撃陣の顔ぶれを見れば予想のつくとおり、日本の攻撃が中央へ偏り始め、なかなかスムースに機能しない。パス回しの際の動き出しの整備もしていないうえに、初めてやる面子に近いわけで、無理もないのだけど。何度かチャンスを作るも、ボール保持の割りに攻められない、無意味にボールまわしてるだけの時間が長い。

松井アウト、森崎イン。うまくボールが回っていないことで、つなぎ役に森崎がなるのを期待したのだろう。しかし、そういう意思が伝わっていなかったか、森崎も運動量が少なく、相変わらずノッキングが多い。

しかしそれでも、後半は全体を通して日本の攻勢。田中達の左サイドからのシュート、高松のヘッド、大久保のドリブルから田中達のシュート、高松の振り向きざまシュート。日本は何とかしようと攻撃を続ける。しかし、ゴールは遠い。

ロスタイム。左サイドから阿部がFK、ファーサイドで高松が押し込んでゴール!3-2と詰め寄る。ボールを取りに行く高松、大久保。敵GKと小競り合い。その意気やよし。

そのままタイムアップ。日本は2連敗でグループリーグ敗退が決まった。

 

残念だ。残念でしかたがない。

結局、新しい選手が入るたびに、その選手頼みになるという、山本監督のチーム作りのつけが、ここに来て出たということだろう。

小野が加わって、最後になにか化学変化が起こるかと思われたが、いかにも時間がなさ過ぎ、指導も不十分過ぎだった。攻撃時に、誰が持ったら走り出すという共通意識もない、ちょっとした動きでフリーになってもボールホルダーがそれを見てもいない、そういう状態では、いかに小野でも攻撃のタクトを存分に振るうのは難しい。

DFラインで凡ミスが出るのもこのチームの特徴だ。しかも本番では2試合続けてだ。さすがにパラグアイ戦の後では「ペナルティエリア付近ではシンプルに」という指示くらいは徹底しただろうと思ったのだが、それさえもしていないのか。2失点目、ハンドのアピールなどしている暇があったらクリアだろう。

それでも、「あの」イタリア相手にこれだけ攻撃できていたのだから、戦い方によってはもっとやれたはずだ。田中、大久保のスピード、シュート力、松井のドリブル、ボールキープ、阿部のFK、もちろん小野のパス、使い場所さえ間違えなければ、どれもぜんぜん通用していた。あとは戦い方、個人能力の使い場所なのだ。「個を生かす組織」ができているかいないか、そういうことなのだ。

イタリアは攻撃時に、次々にオーバーラップしてくるスムースな攻撃を身につけていた。パラグアイもしかり。プレスから質の高い15秒攻撃をしていたのは、敵のほうだった。ああいうものが「個を生かす組織」だ。それを指導できなかった監督、それを指導できる監督を与えてやれなかった協会。そんな協会を容認している私たち。残念だ。残念で仕方がない。

こうなったら、ガーナ戦は、日本の持てる実力をすべて示してほしい。この選手たちの力はこんなものではない。最後になってしまうが、ここでこそ「自分たちのサッカー」を世界に見せつけて、そして驚かせて欲しい。アテネ戦士たちよ、君たちはもっとできるはずだ。そうだろう?

悔しいです。それではまた。

06:03 AM [アテネ五輪代表] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21259/1204048

この記事へのトラックバック一覧です: 残念だ:

» [五輪][サッカー] アテネ五輪サッカー男子 日本×イタリア from 昨日の風はどんなのだっけ?
山本監督には言いたいことがありすぎるけど、山本監督に言いたいことは、全てが終わってから自分の出処進退をどう選択するかまで待っておきたいと思います。 ただやっぱり... 続きを読む

受信: Aug 16, 2004 6:11:27 AM

» [Football] 完敗、五輪日本代表 from タイで想う日々の日記
The Blue対決。 漠然と日本シロがいいな、と想っていたが 青だった。 立ち上がりの得点はデ・ロッシ、あっぱれイタリア。 ディフェンスの寄せが少し甘かったか... 続きを読む

受信: Aug 16, 2004 6:20:06 AM

» 惨敗で敗退。 from C'est la vie blog
アテネオリンピック男子サッカーB組 日本2(1-3)3イタリア@デロス (JPN 続きを読む

受信: Aug 16, 2004 8:45:24 AM

» イタリア戦、惨敗す from 〜ふぐ屋、風と共に去らぬ〜
「アテネ経由ドイツ行き」。36年ぶりのメダル、06年ドイツW杯を目標に、山本監督 続きを読む

受信: Aug 16, 2004 10:16:00 AM

» u23vsイタリア戦 from きままに代表ブランク
それだけの結果が出たという事実だけが残った試合だった。DFは四人FWは高松と大久保。開始そうそうオーバーヘッドキックからのシュートでイタリア先制。そしてさらに二... 続きを読む

受信: Aug 16, 2004 10:32:29 AM

» 【日本VSイタリア】 from にぎりこぶし
livedoorがサーバーメンテナンスをタイミング悪くやっているらしく、更新できませんでした。 そんなことはともかく、男子は予選リーグ敗退が決まってしまい... 続きを読む

受信: Aug 16, 2004 10:36:26 AM

» オリンピックサッカーイタリア戦 from 三十路スマッシュ!
イタリアンサッカーに見事にやられてしましました・・ ピンポイントをバシッと合わせる攻撃がハマリ、 カテナチオを張ったイタリアに日本は崩しきれない。 完... 続きを読む

受信: Aug 16, 2004 11:56:25 AM

» イタリアを前に散る from 私的網記録
[B組] 日本 2−3 イタリア 得点:  デ・ロッシ(前半3分)  ジラルディーノ(前半8分)  阿部(前半20分)  ジラルディーノ(... 続きを読む

受信: Aug 16, 2004 12:04:12 PM

» dissipation from electronic doodad
イタリア3−2日本。あきれてモノも言えない。山本監督はこれまでさんざんテストにテストを重ねて落ち着かないチームを作り上げてきたが、本番でもテストを繰り返すとは思... 続きを読む

受信: Aug 16, 2004 3:09:32 PM

» 【4-3-3】 自己否定の90分 【阿部と那須でSB】 from かながわ2信
<アテネ五輪…男子サッカー> 日本 2−3 イタリア ・悔しい。ただ悔しい。自分たちのサッカーを「させなかった」ことが恨めしい。 ・日本の先発はこんな感じ ... 続きを読む

受信: Aug 16, 2004 3:25:02 PM

» オリンピックサッカー 日本vsイタリア from Football My Life.
続きを読む

受信: Aug 16, 2004 5:29:31 PM

» 迷走した2年間 from きままに代表ブランク
日本3-4パラグアイ 日本2-3イタリア 総得点5(内PK2、FK1)、総失点7 予選リーグ2試合を終えた日本代表の成績である。 大会前には「守れる... 続きを読む

受信: Aug 17, 2004 1:35:58 AM

» アテネ五輪日本対イタリア from 日本代表サポ@大阪
昨日深夜に行われたグループ予選2戦目の日本対イタリア、残念ながら日本は2−3で敗れてしまい、2連敗。ガーナとの最終戦を残して、早くも予選敗退が決定してしまいまし... 続きを読む

受信: Aug 17, 2004 2:26:33 AM

» 【 アテネ五輪 サッカー男子 日本代表 回顧 】 from 辺境のブログ
verso la luce -Mitsu Kamio blog-:アテネ五輪男子 続きを読む

受信: Aug 18, 2004 12:48:30 AM

» 茂庭の行為は仕方なかったかも!?【仮説】 from anotherday-blog
アテネ五輪 男子サッカー 予選リーグB組 日本 2 - 3 イタリア  …試合か 続きを読む

受信: Aug 29, 2004 11:11:45 PM

» 茂庭の行為は仕方なかったかも!?【仮説】 from anotherday-blog
アテネ五輪 男子サッカー 予選リーグB組 日本 2 - 3 イタリア  …試合か 続きを読む

受信: Jan 8, 2005 10:49:40 PM

コメント

最終戦、OAの二人を外せば、山本監督コメントの“スジ”が少しは通るかも、そう想っているんですが。

投稿者: タイで想う日々 (Aug 16, 2004 6:23:25 AM)

>>戦い方によってはもっとやれたはずだ
パラグアイ戦を見てても私はそう思いました
しかし、結果は負けです
結果論ですが勝負どころで
確固たる戦い方を見ることは出来ませんでした
理想の15秒というのはおっしゃるとおり相手に
見ることが出来ましたし、
では、先制点を奪われてからの戦い方に
落ち着き、統一感があったかといえば
私は判断に困りました
ガーナ戦の結果はもう関係なくなりましたが
強化という側面を強調するなら
その集大成の場である五輪最後の舞台で
いい試合を見たいものです
ではでは~

投稿者: サイ (Aug 16, 2004 8:02:57 AM)

残念でしたね。

あの組み合わせでは
予選敗退も十分予想できていただけに
心の準備はできてましたが。

いままでオリンピックのサッカーは
南米とかアフリカ勢が(あとアジアか)
気合入れていて

ヨーロッパは2軍といったかんじでしたが、
今回はみんな本気ですね。
OAちゃんと使って、それなりの選手もってきて。

ゲーム後の
経験になったうんぬんのコメントはちょっと?でした。
今回はメダルという結果を求めたのでは。

投稿者: CMYK (Aug 16, 2004 6:38:04 PM)

4バックを見たときには、ビックリ、あきれてしまいました。
A代表で4バックのときもかたくなに3バックでシステムを熟成してきたはずなのに、違っていた?
試合開始しばらく、選手がごちゃごちゃし、俯瞰の映像も無いのでどういう配置か分からなかったw
上の図のような感じだったのですね。
色々考えた挙句の決断なんでしょうが、その過程を後日でもいいけど聞いてみたい。(誰かインタビューして)
 結局、山本監督もある面ジーコと非常に似ているなと思いました。
 つまり、システムに選手をはめ込めば、後は選手任せだったと言うこと。戦術の詳細指導や訓練をしてこなかったので、最後あんなに簡単にシステムを変えちゃったんでしょう。
 また、使いたい選手を出すためにシステムを決めるところも
ジーコと良く似ている。
 ジーコは戦術指導方法のスキルが無く指導ができないが、
山本監督はサッカー技術や戦術の詳細な技術(具体策)が無く指導できなかったのだろうなと思ってしまう。
 やはり監督は、しばらくは外国監督で指導ができる育成型タイプの監督で無いと駄目だということがはっきりしました。
(前から、そう思ってて、山本監督はてっきり育成型だと思ってたけど、どうも違うようです)
 ここのところの山本監督批判を見ていると、ほとんどジーコにも当てはまりそうで、怖い怖い。
(ジーコA代表監督、山本5輪監督体制となった時点で、6年前に逆戻り(5輪予選リーグ敗退、WC0勝)の予想通りといえば予想通りなんですが)

投稿者: RYU (Aug 17, 2004 5:50:31 PM)

みなさまレスが遅れましてすみません。

タイで想う日々さん
OAは出すでしょう。このメンバーでの最高の試合を見せようとするのじゃないでしょうか。コメントとはやや矛盾しますが、私はそうすることに合理性もなくはないと思います。

サイさん
そうですね。このチームの戦術、チームの作り方、ゲームについて、一気通貫した論考が必要でしょうね。

CMYKさん
組み合わせが厳しく、どのチームもしっかりと戦おうとしてきた、というのは確かにそうですね。しかしそれでも、日本は最も恵まれている強化をしたチームでもありましたから、やはりこの舞台で「経験」という言葉は聞きたくなかったですね。

RYUさん
山本さんは、トルシェの悪いところを改善した(と自分で思っている)戦術と、しっかり指導しないで選手の「個」頼みの部分と、半々に持っていますね。
しっかり指導しないのか、できないのかで言えば、私も後者だと思っています。たとえテキストが同じでも、教える人が違えばまったく違う効果になる。そういうことでしょうね。

ガーナ戦は、選手も監督も思い切って、今の力を出し切る戦いをして欲しいですね。

投稿者: ケット・シー (Aug 19, 2004 1:01:44 AM)

コメントはBBSの方へお願いします。