« 今日は日記風に3 | トップページ | ヤナギのケース »


July 04, 2004

赤い鶏冠のその奥に

みなさまたいへん長いこと更新ができなくてどうもすみません。ちょっといろいろ環境が変化中で・・・。

いよいよEUROが決勝となってしまいましたね。寝不足と至福の時間も今日で終わりですか・・・。素晴らしいものをたくさん見させてくれてありがとう、と今は言いたいですね。

さて、皆さん注目の戸田選手インタビュー。

もうどうにもとても興味深いインタビューで、別の意味でいろいろと言いたくなる、なんとも情けないそれに比べるとばかばかしくなってしまいますが、とりあえずまずはその楽しいほうについて取り上げましょう。

一読してまず思うのは、やはり海外での経験によって、戸田のサッカー選手としての「人間力」とでもいうべき部分が、非常に「大きく」なっていると言うことですね。

特にオランダ、デンハーグでは、一時期戸田選手のサッカーが理解されなくて、試合に出られないことがあったわけですが、どうやってそれを切り開いていったか。その部分に素晴らしい人間性を感じました。「サッカーがわかる」すると「チームの状況もわかる」・・・それで「いいすぎないで我慢していれば、チャンスがまた来る」・・・こういったところが大人の選手だなあ、と思わせてくれる点でもあります。

そうやって、最終的には自分を認めてもらって、最後の試合で交代する時の、彼に与えられた賞賛・・・。これは彼自身の言葉で、そしてそれを引き出したインタビュアー・ケンジーニョさんのサイトで読んでいただくのがよいでしょう。読んでいて私も鳥肌が立ちました。

その他には、監督の仕事として「オーガナイズしてマネージメントして方向付けして」と言っているのが印象に残りましたね。オーガナイズとは「組織する」ことですが、「サッカーのチームとしての組織戦術」のことではなく(それは後から言っている「方向付け」のほうだと思います)、ドクターやコーチを含めたチーム全体を「組織として機能するようにしていく」ことではないでしょうか。それは私は「マネジメント」の部分にしていたのですが、彼のほうが言葉を厳密に使っています。脱帽(笑)。

この点以外でも、本当に彼はきちんと経験や考えを言語にしていく能力が高いと思います。広山選手と並んで、将来は解説や指導に当たって欲しい選手のナンバーワンですね。

彼自身、もともとはナイーブなほうだそうで、それは見ていても十分にわかりましたが(笑)、それをあえて鼓舞しようとして真っ赤な髪にしたりしていたのでしょうね。そうしていろいろと考えて、海外ではお互いにわーっと言い合うそうですが、その中でも自分を主張して、「人間力」を一回りもふた周りも大きくしてきた戸田選手。素晴らしいなあ、と思います。

本当はジーコ監督の考える、「選手同士がお互いで言いあって作るサッカー」には、こういう選手がいっぱい必要だと思うんですね。現在のジーコジャパンのサッカーが好転しているのも、藤田選手が(インタビューで言っているように)ずいぶんと話して回っているから、という部分があるようですし。

そういう意味では、「ジーコ監督は戸田選手を呼ぶべきだ」というのは正しいと思うのですが、ただ、選手のこういう部分というのは試合を見ていただけじゃあわからないですからね。プレーを見て、召集して、合宿で一緒にすごしてみて、それではじめてわかるという部分もあるでしょう。

そう考えると、海外でのプレー振りはそのまま「代表に絶対招集されるべきだ」というほどではなかったですから、戸田選手がこれまで招集されなかったのは仕方がないといえばないかもしれません。問題はこれからですよ。このインタビューでもう一つ私が驚いた、うれしかったのは戸田選手が代表への「欲」を表明したことです。さあ、海外でプレー的にもサッカー眼的にも、そして人間としても一回り大きくなった戸田選手、それをJリーグで見せ付けて、代表入りを目指してください。ガンバレガンバレ!

インタビューの最後に、清水に関する思いも聞かれ、戸田選手はしっかりと答えています。これを聞いたインタビュアー氏、しっかりと答えた戸田選手、双方に拍手をしたいです。

それではまた。

07:16 PM [サッカー] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21259/900187

この記事へのトラックバック一覧です: 赤い鶏冠のその奥に:

コメント

ケットさん、ここへ書かれていたのですね。
気づくのが遅くなってしまいました。
エスパサポにとって、戸田和幸は、「いろいろある」選手なのです。戸田君のことを語ろうと思うと、ムズカシイ...。

個人的にはとても好きな選手です。
ただ、チームが低迷していた時に、レンタルで出ているにも関わらず、「欧州でキャリアを積みたい」発言があり、
サポとしては、「????」な時もありました。

ただ、今回のインタビューでは思いを全て語ってくれているようなので、ありがとうという気持がいっぱいです。

ケットさんのおっしゃる人間力は、確実にあがっているでしょうね。やはり、外国での暮らし自体も彼を鍛えた部分もあるようですしね。
欧州にもう一度出てゆくにしても、エスパへ戻ってくれるとしても、きっと自分を追い込んだぶん、彼は、やってくれるでしょう。

代表に呼ばれたい為でなく、「必要だから戸田を呼べ!」と
言わしめる、プレーをして欲しいものです。

投稿者: ぐるる (Jul 11, 2004 11:57:52 PM)

ぐるるさん、ようこそいらっしゃいませ。

>エスパサポにとって、戸田和幸は、「いろいろある」選手なのです。戸田君のことを語ろうと思うと、ムズカシイ...。

そうだと思います。
私は、サポがそういう風に思うのも、正しいというか健全だと思うのですね。

>ただ、チームが低迷していた時に、レンタルで出ているにも関わらず、「欧州でキャリアを積みたい」発言があり、
サポとしては、「????」な時もありました。

そういうところでの発言は本当に微妙ですものね。

>ただ、今回のインタビューでは思いを全て語ってくれているようなので、ありがとうという気持がいっぱいです。

私も、実は一番気に入ったのは、このインタビューのラスト、清水サポへの部分なんです。
ケンジーニョさん、グッジョブ!(笑)

>欧州にもう一度出てゆくにしても、エスパへ戻ってくれるとしても、きっと自分を追い込んだぶん、彼は、やってくれるでしょう。
>代表に呼ばれたい為でなく、「必要だから戸田を呼べ!」と
言わしめる、プレーをして欲しいものです。

楽しみですね~。
どのようにプレースタイルが変わっているのか?
見に行きたいですね。

投稿者: ケット・シー (Jul 13, 2004 10:11:58 AM)

コメントはBBSの方へお願いします。