« 時間が取れるか取れないか | トップページ | 今日は日記風に3 »


June 10, 2004

1次予選ですね

やりましたね!7-0の快勝、久しぶりに見ていて安心できる1次予選らしいゲームでした。

と思ったら、裏ではオマーンがシンガポールにやはり7-0で勝ってるんですね。申し合わせたかのような点差・・・。TV中継中にアナウンサーが「この後の試合でオマーンが10点差をつけて勝つことも、オマーンの実力を考えるとありえるから、日本ももっと大量得点を」と言っていた時には、「それは視聴者を煽るためとはいえ、言いすぎだろう(笑)」と思っていたのですが、近いところまで行ってしまいましたね。

これで、得失点差は日本が9、オマーンが10と、また上回られてしまいました。グループ3は、日本とオマーンの2強と言う図がはっきりとしてきましたね。ますます加茂さんのときの1次予選と似てきました。ちなみに当時のスコアは、

オマーンラウンド
  日本  1―0  オマーン
  日本  10―0  マカオ
  日本  6―0  ネパール
日本ラウンド
  日本  10―0   マカオ
  日本  3―0  ネパール
  日本  1―1  オマーン

やはりオマーンにだけ苦戦しています。当時から見ると日本ももちろん成長していますが、オマーンもずいぶんと強くなっているようで、この一騎打ちに勝たないと上にあがれないわけです。

今回の予選のレギュレーションは、

2チーム以上が勝ち点で並んだ場合は
1)当該チーム間の勝ち点数
2)同得失点差
3)同総得点
4)全試合の得失点差
5)総得点
6)中立地でのプレーオフにより上位チームを決める。

ということになっているようですので、万が一日本がアウェーでオマーンに1点差で敗れた場合、1)2)3)がすべて同じとなるために、4)の得失点差勝負になるのですね。その時のためには、やはり得失点で上回っておきたいところでしたが・・・(引き分け以上の場合は日本が勝ちあがり、2点差で負けた場合はオマーンが勝ちあがりです)。

とは言え、試合自体は7-0ですから、今回の試合にこれ以上を望むのは酷というものでしょう。

試合自体は、チームの実力差どおりの結果が出たというところでしょうか。しかし、1点目の三都主のアーリークロス気味のパスをシュートした久保のアクロバティックさはどうでしょう!ジャンプしながら、妙な体勢でクロスに足を合わせるだけ。それが見事にコントロールされたシュートとなって、キーパーの横をまっすぐに抜いていく。ちょっとすごいですね。少林サッカーかと思いましたよ(笑)。

2点目のアシストも久保ですが、このカタチは引いた相手とか、組織されたディフェンスから点をとる時に有効なものの一つであると思います。中村選手の精度の高い、サイドチェンジ気味のアーリークロスを、ファーの選手が折り返して、飛び込んできた2列目の選手が(今回は福西でしたが)シュートする。先日のイングランド戦で、開始早々ベッカムのクロスをオーウェンが折り返したものも狙いは同じでしょう。前代表でも、例えばアジアカップサウジ戦の1点目などがそうですね。

これだと、1回目の前をボールが横切ることになるため、DFやキーパーがボールを見てしまい反応が遅れやすいのですね。せっかく中村選手がいるのだから、これは得意な一つの形として磨いていって欲しいものだと思います。

中村選手のフリーキックで3点目。後半は敵がかなり押し上げてきたために、ラインの裏が空き、そこを玉田がドリブルで突き4点目。セットプレーから中澤が2得点。早いサイドへの展開から、加地の絶妙のパスがペナルティエリアに入り込んでいた小笠原に渡って得点。

私は後半から4バックにして欲しいと思っておりまして、その通りになったのですが、どうも選手の動きが重いような・・・。アイスランド戦後半や、シンガポール戦前半の方が、人もボールも良く動いていたような印象があります。インド戦では、一人一人がボールを持って考える時間が妙に長かった。まあ攻め急ぐような状態ではなかったのだというのも正しいのですが、シドニー五輪1次予選での小野の怪我を考えると、気をつけて欲しいと思わずにいられません。

もちろん7点取っているのだから不満を言っている場合ではありません。ただ、その多くの点が個人能力のごり押しである点が気になるといえばなりますね。思い起こせばオマーン戦、高原がマーカーを背中で吹っ飛ばしてペナルティエリア内でフリーになった(シュートはキーパーの正面をついてしまいましたが)シーンがあったように、個人能力に差がある場合には、そこを生かした戦い方をするのは、その試合に勝つことを考えれば理にかなっています。オマーン戦、シンガポール戦も、もう少しそうすればよかったのに、と私は思っていました。

しかし、今後インドよりもマークがしっかりし、個人能力が高い敵が引いてきた場合、やはり個人の能力で押すだけでは勝ちきれない場合が出てくるでしょう。そういう時のためには、しっかりと崩す形も今後はもっと欲しいですね。その意味では中村選手に、よりいっそうの覚醒を求めたいところでしょうか。フリーキック以外でも、もっともっとできるはず。そして、彼を含めた日本の攻撃の連携を高めることが、アジアカップで勝ち上がっていくには絶対に必要でしょう。アジアカップはまた「時間の取れる」中での戦いとなります。よい結果を期待したいですね。

そうそう、皆さん見どころは中村キャプテン事件だったと思われますか?私は「鈴木ルーレット」が気になりました。ただそのすぐ後ファウルを受けているところが鈴木らしいのですが(笑)。

それではまた。

10:14 AM [ジーコジャパン・1次予選] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21259/743582

この記事へのトラックバック一覧です: 1次予選ですね:

» アジアカップへ向けて from 湘南蹴鞠屋
拙文 「ジーコジャパンの針路」で主張した「アジアカップのノルマベスト4」論ですが、ケット・シーさんにも取り上げていただきましたし、J-NETでも同様の主張をされ... 続きを読む

受信: Jun 10, 2004 10:01:05 PM

» [代表] 錯覚してはいけないのだが。 from 「青天白日」BLOG日記
相変わらず能天気にお帰り遊ばした厄病カミサマの祟りなのか、それともこっちのテレビ観戦おやぢをいぢめた呪いなのか(それにしてもこの観戦記は秀逸である)、昨日深夜と... 続きを読む

受信: Jun 10, 2004 11:53:13 PM

» アジアカップへ向けて from 湘南蹴鞠屋
拙文 「ジーコジャパンの針路」で主張した「アジアカップのノルマベスト4」論ですが、ケット・シーさんにも取り上げていただきましたし、J-NETでも同様の主張をされ... 続きを読む

受信: Jun 11, 2004 5:49:32 AM

» [サッカー] インド戦戦評集 from 昨日の風はどんなのだっけ?
出遅れというかそんな気なかったので、主要なところはサポティスタさんとっくに抑えてるし、まああの試合ですし(笑)。 >> サッカーコラムマガジン「蹴閑... 続きを読む

受信: Jun 11, 2004 8:25:17 AM

» W杯1次予選 日本vsインド from Woodman's blues
7−0大勝に終わったものの、その内容には賛否両論飛び交っているようです。 続きを読む

受信: Jun 11, 2004 4:59:28 PM

» 我侭ピルロ。 from コプーさんに聞いてみないとネ。
強引だが、漢字+カタカナで「椎名タイトリング」とでも言おうか。 --- 今日のインド戦。 インドのエースは大したこと無かった。 ボールの扱い見て... 続きを読む

受信: Jun 13, 2004 11:17:36 PM

コメント

鈴木ルーレットは芸風にないことだったので驚きました(笑)
あれは狙い?偶然の産物?

投稿者: cocoa (Jun 10, 2004 4:25:29 PM)

はじめまして。いつもBLUE SKY BLUEの方と併せて楽しく拝見させて頂いています。
話題の鈴木ルーレット(笑)ですが,私は翌日(今日ですね)六本木ヒルズでやった,NIKEのPanna K.O.というイベントの予行演習をしようとしていたのではないかと睨んでいます(笑)。フィーゴ,ロナウド,ロベカル,ロナウジーニョ,カントナなどなど豪華競演のCMでアピールしている,NIKE主宰の参加型イベントのプロモーションに小野伸二と共に来ていました。センターサークル大の丸いフィールドの両端に小さなゴールが設けられていて,1チーム3人ずつで,相手を股抜きするか,2ゴール先にいれれば勝ちという,ストリート系のゲームです。鈴木チームと小野チームに分かれて対戦してましたけど,2人ともゼーハーいいながら飛びまわっていました。実際見てきて,「昨日のルーレットはやはり実地練習だった疑惑」は深まるばかりです(笑)

投稿者: gill-blacky (Jun 10, 2004 9:48:20 PM)

ケット・シーさん、こんばんは。知らないうちにトラックバックがまたダブってしまいました。DoBlogからトラバしたBlogを編集すると、どういうわけか重複して登録されてしまいます。ごめんなさい。m(__)m

インド戦も終わって、海外組は束の間の休息の時、一方、国内組はJ再開で忙しいですね。ところで久保が膝の怪我で今週末は欠場のようです。岡ちゃんは「代表に送り出す前より悪化している」とコメントしたらしいです。心配ですね。

投稿者: 湘南蹴鞠屋 (Jun 11, 2004 8:29:48 PM)

cocoaさん、まあプレーの流れでそうなることもあるでしょうけれども・・・gill-blackyさんの推測が当たっているのかもしれませんね。鈴木も「オーレィ」って言ったのでしょうか?(笑)

湘南蹴鞠屋さん、最近では水もたまっているらしいですね、久保のひざ。悪化しないでくれることを祈るばかりです。

投稿者: ケット・シー (Jun 16, 2004 11:56:24 AM)

コメントはBBSの方へお願いします。