« 川淵発言と「王道」と | トップページ | ようこそジーコジャパンへ »


April 18, 2004

そしてだれもいなくなった

宮本、中沢が不参加 サッカー日本代表東欧遠征

うーむ、これはすごいことになってきましたね・・・。

もともと、24,25日に試合を抱える欧州組はいつ合流できるかわからない(きちんと試合をこなせばチェコ戦からになるはず)上に、横浜FMは、21日、磐田は22日にそれぞれ、ACL(アジアチャンピオンズリーグ)を戦ってから、前々日、前日の合流となってしまう予定でした。それによって、ただでさえ、ハンガリー戦に間に合う選手が少ないところへ、この辞退劇です。「いったい誰が参加できるのか?」参加できる選手を数えたほうが早いという状態ですね。

GK
楢崎正剛(名古屋)
土肥洋一(FC東京)
川口能活(ノアシェラン)

DF
永田充(柏)
坪井慶介
三都主アレサンドロ(以上、浦和)
宮本恒靖(G大阪)
三浦淳宏(東京V)
加地亮(FC東京)
中澤佑二(横浜M)

MF
遠藤保仁(G大阪)
西紀寛
福西崇史
藤田俊哉(以上、磐田)
稲本潤一(フラム)
中田英寿(ボローニャ)
中村俊輔(レッジーナ)
小野伸二(フェイエノールト)

FW
高原直泰(ハンブルガーSV)
久保竜彦(横浜M)
柳沢敦(サンプドリア)

本山雅志(鹿島)
玉田圭司(柏)

太字が合流が遅れそうな選手(赤字は辞退した選手)なのですが、こうしてみると国内合宿では、楢崎、土肥、永田、坪井、三都主、三浦、加地、遠藤、本山、玉田の10人しかいないことになります。サビシー!(笑・・・えない)

さびしいだけならまだしも、宮本という押しもオサレもせぬDFリーダーを欠き、以前宮本不在の欧州遠征時に茂庭や坪井を引っ張って結果を出した中澤もいないとなると、これはDF陣が相当に不安ということになります。

常識的に考えると、これまでに招集されてジーコ監督の指導も受けてきた永田の先発ということになるのでしょうが、本当にそうなるかどうかというと、非常に疑問ですね。

以前の欧州遠征の時は、先に招集されていた松田の辞退を受けて永田が、その後手島の辞退を受けて茂庭が招集されたわけですが、この時も「先に招集された(=優先順位が高いはず?)」の永田ではなく、茂庭がチュニジア戦に先発しています。

それはもちろん、実際に練習を見てジーコ監督が下した判断だから、それ自体はとやかく言う必要はないのですが、ね。どうも永田は、試合の実績を見ても田中誠や鈴木のジュビロ勢や、鹿島の大岩をはじめとする、Jでしっかりと実績を積んだDFの選手たちを差し置いて、フル代表のピッチに立つことはないんじゃないかと思えるのです。

これから誰が追加招集されるか、そして実際にピッチに立つのは誰か、ここでもジーコ監督が何を考えているのかが、浮き彫りになりそうですね(もはや楽しみ、とはいえませんが)。

しかし、こういうことを含め、やはり今回の招集は不可解です。仮に欧州組が基本的にはハンガリー戦に参加できないとすると、

----久保--玉田----
---藤田----本山---
----遠藤--福西----
三都主-永田--坪井--加地
------楢崎------

という先発メンバーとなり、バックアップは土肥、西、三浦の3人だけとなります(今回の辞退が発生する「まえ」でも、これに永田と中澤が加わるだけ)。紅白戦ができないどころか、欧州に出発後、例えばボランチがひとり怪我したらその「代え」が一人も、(一人も、ですよ!)いないという中で試合をしなくてはならないのです。試合中に誰か足をつらせたらどうするんですか?

貴重な代表の強化試合がそんなことでいいのでしょうか????

もちろん、今回の宮本と中澤の辞退を受けて招集される選手は、ほぼ初代表となるでしょうし、初キャップとなるでしょう。そして、選手間の話し合いでできる連携に頼るジーコジャパンで、初めての組み合わせが、1日2日の練習でピッチ上に現出するのです。それも組織で守ることが極めて大事な、CBのコンビで、です。

これも、ジーコ監督がこれまでバックアップの育成を怠ってきたつけです。1年間固定されて強化されてきた森岡、秋田という選手たちを全とっかえし、また無断外出事件で選手を落とし、自分で自分の首を絞めてきたつけです。これが親善試合でまだ良かった。同じことが予選で起こったら、目も当てられません。

この危機管理という概念の欠如した、経験のおっそろしく浅い代表監督。湘南蹴鞠屋さんもおっしゃっておられますが、もう完全に限界なのではないでしょうか。

PS:タイトルはJ-KETでの、Kashimashiiさんの投稿のタイトルから触発されました、というよりいただきました m(_ _)m

それではまた。

11:51 PM [ジーコジャパン・親善試合] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21259/460151

この記事へのトラックバック一覧です: そしてだれもいなくなった:

コメント

深夜に訪問して頂き、しかもコメント頂きありがとうございます。正直、私たちの”灯台”でもあるケット・シーさんに、コメント頂くと、興奮するのと同時に、朝から、天にも昇ってしまいます(爆)ケット・シーさんに、ついて行きます。どこまでも(笑)リンクの件、お任せいたします。

投稿者: そーた (Apr 19, 2004 8:08:14 AM)

そーたさん、リンク承諾していただきありがとうございます。
J-KETにいらしてくださっていた方々がBLOGを持たれるようになりましたね。
そこで、みんな読んでまわりたい(笑)、という気持ちでリンク集を作りたくなったわけです。
ご迷惑でなければいいのですが・・・。

>私たちの”灯台”

そんなことは全然ございません。
あんまり持ち上げないでくださいまし(笑)。

投稿者: ケット・シー (Apr 19, 2004 9:52:18 PM)

たけい です。

こちらでは、はじめまして。
誰も突っ込まないのは失礼だと思い、僭越ながら私めが。

「宮本という押しもオサレもせぬ」
つまり、宮本=オサレ ということですな( ̄ー ̄)

# もしかして、敢えて誰も触れてなかったとか...

それでは。

投稿者: たけい (Apr 20, 2004 12:41:50 AM)

ケットさんが最近壊れ気味でとっても素敵。
たけいさんの突っ込みが綺麗に流し込んだ一点。(笑)

昨日の小野ちんのオサレヒールは本物のオサレでしたね。
唸りました。いつもの不敵な笑みがまたよく似合うのよね〜。

投稿者: cocoa (Apr 20, 2004 2:08:36 AM)

私が柔らかそうなことを書くと失敗するという(泣笑)。
お二人さま、フォローありがとうございます。

投稿者: ケット・シー (Apr 20, 2004 12:25:24 PM)

コメントはBBSの方へお願いします。