« ネタ | トップページ | もういいか、でも続いちゃう(苦笑) »


April 17, 2004

もういいか(苦笑)

もう時機を逸した感もあるサカマガ「私がなぜここまで責められなければならないのか」ジーコ・インタビューですが、まだ最後までツッコミ入れきっていないので(笑)、続きをやりたいと思います。「もおええがな」と言う方は飛ばして読んでくださいまし。

---そこまで評価が高い海外組に対し、逆に低く見られている選手たちが、いま以上に意欲をかき立てるのは、簡単なことではないと思います。そうした状況であっても、もっと強い意欲を持って臨むことを、代表選手は求められるのですか?

これって普通の、まああんまりインタビューとしては上手くない質問じゃないかと思います。
「強い意欲を持って臨むことを、代表選手は求められるのですか?」
「そうだ、代表選手であるという誇りを持って働いてもらいたい」
これまでのジーコ監督の木で鼻をくくり方では、このように答えられて終わるところでしょう。しかし、今回のジーコ監督の反応は違っていました。「逆ギレ」です。以下に全文引用しつつ、ツッコミ(笑)ます。

ジーコ 私が初めて中盤の4人を並べて起用した時、人々は『黄金の4人』などと大騒ぎしたね。あれは名前で決めたのではない。彼らが日本でやってきたこと、いま海外でやっていることなどを統計的に見て、やはり特別な力を持っていると感じたからこそ、早い段階からずっと起用しているんだ。
それが今になって、マスコミの方々は「こんなのダメじゃないか」「国内組のほうがいいじゃないか」と言う。彼らの力が落ちたのか?私が評価を変えるべきなのか?そうではない。彼らはものすごい潜在能力を持っているし、一発のプレーで試合を変えられる。だかえらこそ私は、彼らを起用している。

チーム作りの段階と本番では違いますね。
ジーコさんも、「予選ではコンディションをみて起用していく」と言っていました。
○当初「4人を起用する」→「黄金の中盤!素晴らしい!」
○いま「4人を起用する」→「だめじゃん!」
という単純な図式ではないんですよ。
○当初「4人を起用してチーム作りを始める」→「これで進んだら良くなるかも」
○いま「本番で4人をコンディションを無視して起用する」→「いいパフォーマンスが見せれていない、だめじゃん」
なのです。
ここの論理がつながっていることをわかってください。

ジーコ みんなが「国内組のほうがいい」と言う。でも私に言わせれば、現在たまたま欧州でプレーしている選手たちに潜在能力があり、試合を決める力があると判断したから、彼らを送り出した。国内の選手でも私が満足できるプレーを見せてくれれば、それこそ明日にでもレギュラーになる可能性はある。

いや、国内だ海外だ、という名前で考えているんじゃないんですよ。
半年も試合に出ていない選手、コンディションの良くない選手、前日に合流した選手、高熱のある選手を無条件で起用することがおかしい、と言っているのです。

ジーコ 海外組の有無に関わらず、同じような問題は起こっている。ほとんど国内組で戦った東アジア選手権でも、香港戦ではあれだけ攻めながらPKの1点だけに終わり、韓国戦では得点できなかった。どちらにしても同じような問題が起こるのであれば、潜在能力の高い、あるいは代表で実績を残してきた選手を起用する、という判断になる。

うわースゴイ結果論ですね。
まず国内海外と言うわけ方をしていることがおかしいです。
香港戦でも久保も小笠原も怪我を抱えていました。
コンディションの悪い国内組を起用して起こる問題点と同じことが、コンディションの悪い海外組を起用しても起こる。
あたりまえですね。
また、彼らはこれまで試合で十分起用されてきたわけではありません(これ自身ジーコ監督のチームマネジメントですが)。
経験もコンビネーションも浅い中での戦いです。
そういう状態と現状を比べて、「どちらにしても同じような問題が起こるのであれば」と言ってしまうのは、「同じような結果」にならないように最大限努力することを放棄することになりはしませんか?
「ギャンブルでは勝つも負けるも五分五分だ。だから何も考えず、運否天賦(運任せ天任せ)で行くのが正しい」
と言っているようなものです。

いったん切ります。

12:54 PM [ジーコジャパン・考察] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21259/452673

この記事へのトラックバック一覧です: もういいか(苦笑):

コメント

コメントはBBSの方へお願いします。