« オマーン戦の再現可能性 | トップページ | オマーン戦 現地観戦記 »


February 23, 2004

高熱選手の先発について

「その時点で高熱のある選手を出場させた」ということに関する責任は、ジーコだけではなくてドクター含め、日本代表チーム全体で対策を考えていって欲しい問題ですね。

しかし、代表監督の能力として問題なのは、「コンディションを重視して起用する選手を考えない」というところでしょう。

コンフェデ杯では、中1日という強行スケジュールだったため、多くの国がターンオーバーをさせて来ました。日本がそれをしないことに対して「生命の危険があるわけじゃないから問題ない」という議論がありますが、そういう問題ではなく、各国は「連戦させると勝てない」という点からも、連戦を避けているのだということに思いをいたるべきです。

「過酷な日程でのグループリーグ突破のための戦略」ということですね。いうまでもなく、怪我やカードで選手が欠けることはいくらもありますし、それに対応した選手層を作っておかなくてはならないわけです。それができていれば、連戦で疲労の溜まった選手よりも、フレッシュな選手のほうを起用できたはずで、そういう選手層がなかったから、3戦連続スタメンがほぼ同じ、という結果になりました。

試合を見ると分かりますが、コロンビア戦後半などは選手全員の足が止まり、1点を返さなくてはいけない状態でこぼれだまさえ拾えない始末でした。目標を達成するためにも連戦は避けるべきだったのです。

なぜジーコ監督はこのようなことをしたのでしょうか?

それは、「選手を固定し固定された選手間での話し合いに依存する」という強化方針だからです。最初は「連携を作るためには固定しなくては」となり、そのあとは「連携が出来ているのはこいつらだけだから固定しなくては」となる。監督が提示するピクチャーが先にあって、誰もがそれを実践できるように練習するわけでは「ない」のですから、しかたがないことなのです。

今回の予選ではどうでしょう。

ジーコ監督は、予選が始まる前に、「予選では海外組といえどもコンディションを見て起用する」と発言していました。私は、いくらなんでも(笑)「本番」であるW杯予選では、「連携をつくるための固定」は止めて、今までに出来上がっている連携のなかから、コンディションを重視して起用を決めていくのだと思っていました。

しかし、実際にピッチに立ったのは、直前に合流した中田、高原と、怪我からまだクラブでのフル出場もなかった中村、試合から長いこと離れていた稲本、そして39度の熱があった柳沢でした。山田と宮本も、それ以前には熱があったようです。

なぜこのような起用になってしまったのか?

それはジーコ監督が「戦術を理解した選手のプールを用意し、コンディションのいいほうから起用していく」ということを考えない監督だからです。実際に、選手が怪我やカードで欠けた時のバックアップは十分に育っているとはいえません。DFラインのチュニジアセットは、一人一人では現レギュラーと組み合わさって試合に出たことがありませんね。山田の代わりに加地を入れることに躊躇するのは理解できます。しかし、問題なのは、その程度の選手層しか、1年半かけて作れなかったジーコ監督の方針なのです。

熱がある選手が複数でたにもかかわらず、キックオフ時にピッチに立ったのはジーコ監督が前日に発表(?)したのと同じメンバーでした。風邪を引いている柳沢は、コンディション万全の久保に優るのでしょうか?そんなことはあるはずがありません。実際の試合でも柳沢は、効果的な働きが出来ませんでした(柳沢選手個人はいい選手です。この日はコンディションが最悪だったのです。その後入院しなくてはならないほどに)。

ジーコ監督は、コンディションを見極めて選手起用をするということをしない。それよりも、優先されるのは「ジーコ監督のなかの理想のメンバー」です。そしてその中で話し合いでできた連携に頼る。それが今回あらためて明らかになりました。そのやり方で、ぱっと集まって試合をしなくてはならない予選や、数試合戦い抜かなくてはならないW杯のグループリーグで、結果が出るのでしょうか?

39度の熱がある選手を先発させたのは、ドクターの判断の責任も大きいでしょう。しかし問題はそこだけでなく、そういう選手を先発させざるを得ない選手層の薄さ、それを招いた固定方針にあるのです。それは明らかに、ジーコ監督の問題です。

オマーン戦にいたるチーム・マネージメントは壊滅的でした。それがあの試合内容を招いてしまったのです。幸運がなければ、引き分けだったでしょう。そうなっていたら、1次予選突破が危機に陥ったことを意味したのです。

私はジーコ監督の解任を求めます。

それではまた。

06:28 PM [ジーコジャパン・1次予選] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21259/43729634

この記事へのトラックバック一覧です: 高熱選手の先発について: